ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

僕は、王になりたい…!


演:深澤嵐


概要

仮面ライダーディケイド』に登場する、「キバの世界」の仮面ライダーキバリ・イマジネーション)の変身者。


主人公門矢士を旅へと誘った紅渡とは別人である。


「キバの世界」における先代のファンガイアビートルファンガイア人間の間に生まれたハーフ(原作とは全く逆)であり、キバの鎧の継承者。


活躍

キバの世界(第4・5話)

まだ子供だがビートルファンガイアの失踪により王位を託され、いつ自分がファンガイアの殺人衝動にさいなまれるか戸惑っていた。

そのため、親しくなった人間を食い殺してしまうことを恐れ、人間と関わるのを意図的に避けていた。

しかし、心を開ける友人を欲する、年相応の幼い少年の一面もある。

別世界から現れた門矢士や、親衛隊に転属した小野寺ユウスケらとの間に絆を作り、王位簒奪のために舞い戻った父親との戦いを経て「人間とファンガイアの共存」を目指すことを誓うのだった。


士に対しては、(恐らく鳴滝から)「ライダーを倒して回る悪魔」だと聞き及んでおり、当初は敵対姿勢を見せていた。

しかし、先にキバの世界に来て、ワタルと信頼関係を結んでいたユウスケが「士は悪い奴じゃない」と説明したことで、攻撃の手を引いた。


ライダー大戦の世界(第30・31話)

士が様々な世界を巡ったことでライダーたちの世界は接触崩壊を繰り返すようになり、複数の世界が融合した「ライダー大戦の世界」が生まれつつあった。

しかし、本来別々の世界であるはずのライダーたちの世界が完全に融合してしまえば、最終的に世界は住人もろとも消滅してしまう。

それを避けるためには、自身とは異なる世界のライダーを倒さなければならない…


それを知ったワタルは「ブレイドの世界」を「キバの世界」から切り離すべく、ファンガイアのクイーン(本来はビートルファンガイアのになるはずだったのか?)であるソーンファンガイアと結託して剣立カズマらと戦う。

それをやめさせようと士とユウスケは二人の間をとりなそうとするが、ソーンファンガイアは裏でスーパーアポロガイストと組んで世界征服を目論んでいたということが発覚し、ワタルは一時ブレイドギャレンと組んで大ショッカー怪人と戦った。

ソーンファンガイアがディケイドに倒されると、スーパーアポロガイストは夏海を攫って吸収しようとする。当然ワタルもこれに突っかかるが、そこに謎の男性が現れる。剣崎一真と名乗ったその男は、世界崩壊に巻き込まれてカズマが消えたのを皮肉るかのようにいきなり仮面ライダーブレイドキングフォームに変身し、ディケイドを圧倒的なパワーで倒してしまう。一真はワタルとアスム仮面ライダー響鬼)に対し、ディケイドを倒さなければ何も解決しないと告げ、ワタルは自らの世界を護るために士へと刃を向ける。

その後、スーパーアポロガイストの元へとたどり着いたディケイドに対し、アスムとワタルは剣崎の言葉に異を唱え、再び彼に協力する。かくして再生怪人を倒したワタルだったが、直後に世界崩壊に巻き込まれ、になって消え去ってしまった。


MOVIE大戦2010

世界が融合した真の原因であるディケイドが仮面ライダーキバーラによって倒されたことにより、消滅した「キバの世界」ごと復活。

同時に、かつて自分を悩みから救ってくれた士やユウスケの力となるため、復活した士と仲間たちがスーパーショッカーと戦う場に、アスムとともに参戦。

士の助力でエンペラーフォームにも強化変身し、ともにスーパーショッカーを打倒した。


余談

『ディケイド』劇中ではレギュラーであるクウガや限りなく原点に近い電王以外のライダーでは唯一強化形態以外の全フォームで戦っている。またキバフォーム以外での状態でフエッスルを使うという本家でもやっていない事もやっている。


演じる深澤氏はこれ以前にも『獣拳戦隊ゲキレンジャー』にて子供時代の漢堂ジャン/ゲキレッドを演じており、若いながらも仮面ライダーとスーパー戦隊の2作品で変身をしている。子供の時に複数のヒーローに変身したのは極めて稀である。


関連タグ

仮面ライダーディケイド

キバの世界 キバ(仮面ライダー) ファンガイア

門矢士 ビートルファンガイア アームズモンスター


リ・イマジネーションライダー

小野寺ユウスケワタル辰巳シンジ


関連・類似キャラクター

関連記事

親記事

キバの世界 きばのせかい

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16231

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました