ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
『仮面ライダーディケイド』の「響鬼の世界」に登場するキャラクター。

「僕は、鬼になります!」


演:小清水一揮

概要

響鬼に変身するヒビキ(演:デビット伊東)の弟子。

ヒビキを深く尊敬しているが、この頃修行をサボって怠けている彼に不満を持っていた。


ヒビキから巻物を奪おうとしていた海東大樹に最初は不信感を持っていたが、交流を重ねるうちに信頼関係が生まれ、「師匠」と呼ぶようになる。

実はヒビキは既に鬼の力を制御できなくなっており、サボる姿勢は魔化魍牛鬼」に成り果てるのを避けようとするがための行動だった。

ヒビキは最終的に牛鬼に成り果て、アスムは涙をこらえてかつての師である強敵を新たなる響鬼として迎え打ち撃破。更に対立していた天鬼轟鬼らと協力して「ファイナルアタックライド・ディケイドウェイブ」を発動。封印されていたバケガニを倒して音撃道の争いを沈めた。


その後、大ショッカーの陰謀により消滅するが、ディケイドが死んだことで世界諸共復活。スーパーショッカーを叩き潰すために同じ少年ライダーのリマジ仮面ライダーキバと共に立ち上がり、ディケイドに力を貸した。

「歴代最年長主役のおっさんライダー」である響鬼を少年が演じるという奇妙なキャラでもあり、ディケイドのリ・デザインの極致に当たるとも言えよう。


アスム変身体

初登場時点では鬼としての力を完全には習得していなかったが、首から下だけ変身していた。

音撃を習得していないため格闘攻撃で戦う。


スーツは京介変身体の流用だが、体型が合わないため強引にスーツを折り畳んでいる。


『響鬼』との比較

元になった安達明日夢よりだいぶ幼くなっている。

「響鬼の弟子」「鬼になれる」という点は桐矢京介と共通している。

安達明日夢+桐矢京介というべき存在。


関連タグ

仮面ライダーディケイド 響鬼の世界 仮面ライダー響鬼

響鬼 音撃道 海東大樹

リ・イマジネーションライダー

「僕は、鬼になります!」


演:小清水一揮

概要

響鬼に変身するヒビキ(演:デビット伊東)の弟子。

ヒビキを深く尊敬しているが、この頃修行をサボって怠けている彼に不満を持っていた。


ヒビキから巻物を奪おうとしていた海東大樹に最初は不信感を持っていたが、交流を重ねるうちに信頼関係が生まれ、「師匠」と呼ぶようになる。

実はヒビキは既に鬼の力を制御できなくなっており、サボる姿勢は魔化魍牛鬼」に成り果てるのを避けようとするがための行動だった。

ヒビキは最終的に牛鬼に成り果て、アスムは涙をこらえてかつての師である強敵を新たなる響鬼として迎え打ち撃破。更に対立していた天鬼轟鬼らと協力して「ファイナルアタックライド・ディケイドウェイブ」を発動。封印されていたバケガニを倒して音撃道の争いを沈めた。


その後、大ショッカーの陰謀により消滅するが、ディケイドが死んだことで世界諸共復活。スーパーショッカーを叩き潰すために同じ少年ライダーのリマジ仮面ライダーキバと共に立ち上がり、ディケイドに力を貸した。

「歴代最年長主役のおっさんライダー」である響鬼を少年が演じるという奇妙なキャラでもあり、ディケイドのリ・デザインの極致に当たるとも言えよう。


アスム変身体

初登場時点では鬼としての力を完全には習得していなかったが、首から下だけ変身していた。

音撃を習得していないため格闘攻撃で戦う。


スーツは京介変身体の流用だが、体型が合わないため強引にスーツを折り畳んでいる。


『響鬼』との比較

元になった安達明日夢よりだいぶ幼くなっている。

「響鬼の弟子」「鬼になれる」という点は桐矢京介と共通している。

安達明日夢+桐矢京介というべき存在。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    餅田むぅ

    読む
  3. 3

    著者:湯瀬ライム,原作:杓子ねこ,キャラクター原案:NiKrome

    読む

pixivision

カテゴリー