ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「君ってつまらない人間だよな。よくそう言われない?」

人物

演:中村優一


安達明日夢のクラスに転校してきた少年。第30話以降に登場。

性格は自信過剰かつ尊大。またプライドが高く、嫌味な発言をすることが多い。

頭脳明晰で、音楽やイラストなどの文系ジャンルに優れた才能をしめし、帰国子女のためフランス語も話せる。
しかし致命的に体力がなく、運動関係全般が苦手。本人はそれを必死に隠そうとし、体育は仮病で休んでいた。(本当は実力があるかのように振る舞い、逃げていることを認めようとはしない)

また、自身が優秀だと示したいのか、何かにつけて他人に勝負を仕掛けたがる(いきなり勝負を仕掛け、相手が戸惑っているうちに自分だけ条件を達成して勝利宣言する)。
母親は外国で仕事をしており、現在は一人暮らし。父親は消防士だったが、彼が幼い頃に火災で取り残された子供を助けるために炎の中に飛び込み亡くなっている。
母親のことは「ママ」と呼んでおり、怖い時に母親に助けを求めるなど、マザコンの節がある。

明日夢と一緒にいるときに鬼の戦いを目撃し、響鬼の炎を纏った姿に父親の姿を重ねる。亡き父親を超えたいという思いから、ヒビキに弟子入りして鬼になる決意をする。
当初はヒビキに弟子入りを断られ続けたが、天美あきらの頼みもあって明日夢と共にヒビキの弟子になる。

しかし性格が性格のため、修行の意図を理解できず反発したり、持久走でタクシーを使用するという卑怯な手を使ったりもした(当然バレた)。
また、復讐に囚われたことを悔いてイブキの弟子を止めたあきらを見下したり、鬼の修行と学校生活の両立を「保険」と見下し、無断で学校を退学しようとした事もあった(後にヒビキに諭され事なきを得た)。
一度は修行を放棄して逃げ出し、自分を馬鹿にした元同級生に復讐するために陰陽環を盗み出す。だがその元同級生達がカシャに狙われている事を知ると逆にその元同級生を助け、それをきっかけに弟子に復帰した。

復帰後は苦手な運動にも向き合うようになる(後述する『ジオウ』放送と共に設立された平成ライダー20周年記念サイトでは、「相当な努力をしたものと思われる」と書かれている)。
また、邪険にしていた明日夢をライバルとして意識するようになったが、それだけに明日夢が別の道を志して弟子をやめたときには激怒し、対する明日夢も自分の夢を侮辱されたことに反発したために互いに激しく突っかかり、取っ組み合いになった(たまたま傍にいたあきらと持田ひとみが間に入ったことで何とか事なきを得た)。

その後明日夢とは喧嘩別れした状態だったが、1年後を描いた最終回にて、ひとみが魔化魍にさらわれた際に明日夢から連絡を受け、これに協力。明日夢をなお「自分勝手に鬼の修行を辞めた」と軽蔑していたが、明日夢が鬼以外の道でも努力を続けていることを知ると、これを認めて和解した。
また、この1年で(鬼)変身体への変身能力を身に付けている。

仮面ライダージオウ

EP33・34の「響鬼編」にトドロキと共に登場。

活躍

  • EP33『2005:いわえ!ひびけ!とどろけ!』

アナザー響鬼を取り逃がしたジオウゲイツの前に「響鬼」を名乗って現れる。
響鬼ライドウォッチを手に入れたいソウゴたちの事情を聞くとライドウォッチを入手した際には譲ることを了承するも、「鬼の力は代々鍛えた人間だけが引き継ぐもの」としてソウゴ達が鬼の力を使うに相応しい者か試すための修行をその条件とし、手始めに太鼓の修行を行わせた。
その際、王様になりたいというソウゴに対し「できもしない夢なんて見ない方がいい。叶えられなくて絶望するだけだ」と、半ば自虐的な内容の言葉を発していた。

ところがその後、ソウゴとゲイツがアナザー響鬼に攻撃を加えてようとした所を妨害し、その際には変身体となってまでこれを止めようとした(太鼓の練習も単にアナザー響鬼に接触させないための口実だった可能性がある)。このことが切っ掛けで、ソウゴに「前に見た響鬼と違う」と気付かれた。

そしてその姿を見たトドロキから冷たく言い捨てられた。「ヤツは“響鬼”を襲名できなかった“ただの鬼”」と………。

  • EP34『2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ』
トドロキによると鬼になることはできたが“響鬼”を襲名することはできず(『響鬼』の鬼は原則的に師匠の名を襲名する)、にもかかわらず響鬼を名乗って鼓屋ツトムを弟子としてしまったことが明らかとなった。このことを快く思っていなかったため、トドロキは京介とはややぎくしゃくした関係になってしまっている。

当然ながら、ツトムがアナザー響鬼に変貌した事情も把握していた(太鼓の練習も単にアナザー響鬼に接触させないための口実だった可能性がある)。
“響鬼”を襲名できなかったこと、弟子が自分の元を去り異形の怪物へと姿を変えてしまったことは京介の心に深い影を落としており、前話でソウゴの夢に冷たく当たったのはこのためであった。

その後、ソウゴたちから事情を聞かれるものの「プライベートなことにはノーコメント」と突っぱねて頑なに真実を話そうとしなかったが、滞在していたクジゴジ堂でソウゴの通っていた小学校の卒業文集を手に取ってツトムの書いた作文を読んだ(ソウゴはツトムの小学校時代の同級生だった)こと、ソウゴからツトムの自分への思いを聞かされたことで、かつて自分がヒビキに対して抱いていたのと同じ強い憧れを自分に対して抱いていたこと彼にとっては京介こそが「響鬼」であったことに間違いはないということを知る。

そして彼はソウゴらと共にアナザー響鬼の潜伏する工場へと趣き、アナザー響鬼=ツトムへ「ツトムがいたからこそ、自分は一人前の鬼になることができた」と、自分のありったけの思いをぶつけ、「必ずお前を助け出す」と力強く宣言する。

そして、そんな彼の必死の思いに呼応するかのように……

ヒビキさん…俺を響鬼として認めてくれるってことですか……

「あんたが響鬼だったんだ」



彼のポケットに響鬼ライドウォッチが出現。京介はそれを起動させると響鬼へと変身を遂げる
ジオウトリニティとの共闘でアナザー響鬼を打ち倒し、見事に弟子であるツトムを助け出すことに成功したのだった。

戦いが終わった後、京介は再びツトムを弟子へと迎え入れ、2人でもう一度修行をやり直すことを決意し、和解する。
そして約束通り響鬼ライドウォッチをソウゴへと譲渡しようとするが、ソウゴはせっかく京介が念願の響鬼になれたのにウォッチを手放してしまうことに対し、本当にそれでいいのか尋ねる。
しかし、京介はそれに対して構わないと答え、「俺は俺の道を往く。ヒビキさんみたいな鬼になる。だからお前も魔王とやらになってみせろ」とソウゴの夢を後押しするのだった。

ジオウにおける余談

演者の中村氏はその後のEP39・40で桜井侑斗/仮面ライダーゼロノスとして再び登場。別役ながらレジェンドとしては門矢士役の井上正大海東大樹役の戸谷公人氏に次ぐ出演回数となった。
なお、京介と侑斗は容姿が瓜二つであったことから、ソウゴは侑斗と初めて対面した際に京介と勘違いして困惑していた
また、演者の中村氏はいずれ師匠肩を並べて戦いたいと話しており、再登場にも好意的な姿勢を見せている(その時一緒に戦っている響鬼があっちだったらどうしようという話も(笑いながら)している)。

備考

本作の路線変更にあたって登場したキャラクターであり、その癖の強い性格、良くも悪くも『響鬼』後半を象徴するような存在ゆえ、視聴者からの評価は賛否両論である。
演じた中村優一氏は、放送当時は勿論のこと、放送終了後も否定派の視聴者から嫌われていたが、中村氏が後に『仮面ライダー電王』で桜井侑斗/仮面ライダーゼロノスを演じた事で、それらの悪評は一気に激減したという。
(中村氏曰く、侑斗役には『響鬼』後半および『電王』のチーフプロデューサーを務めた白倉伸一郎氏からのオファーで決まったとのこと)

ユートとキョウスケ



『ジオウ』客演時に響鬼に変身した際、戦闘時のBGMとして『響鬼』前半のOPである「輝」が使用されたが、京介が登場した『響鬼』後半ではOPが「始まりの君へ」へと変更されていたため、何気に珍しい組み合わせであると言える。

関連タグ

仮面ライダー響鬼 響鬼 井上キャラ

桜井侑斗/仮面ライダーゼロノス:中の人繋がり。素直じゃない性格という点も似ている。
九条貴利矢/仮面ライダーレーザー:名前が同じ「きりや」

関連記事

親記事

仮面ライダー響鬼 かめんらいだーひびき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桐矢京介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79488

コメント