ピクシブ百科事典

桜井侑斗

さくらいゆうと

桜井侑斗とは、『仮面ライダー電王』の登場人物。
目次[非表示]

「最初に言っておく 俺はかーなーり強い!」

演:中村優一

概要

野上愛理の婚約者と同姓同名を名乗る青年仮面ライダーゼロノスに変身する。年齢19歳。
野上良太郎が外套の男と接触した直後、劇中に姿を見せる。
ある人物からゼロライナーを預かり、契約したイマジンデネブと共に時の運行を守る使命を担う。劇中では愛理以外は彼を「侑斗」、愛理の婚約者である方を「桜井(さん)」と分けて呼称しており、本記事でもそれに従う。

普段の言動はクールで皮肉屋。
登場当初は、電王として頻繁に時の運行に介入し、かつ身体的に脆く不運な良太郎を快く思わず「時の運行を守ることは人助けと違う」と真正面から対立した。良太郎を始めとするデンライナーの関係者とも距離を取り、必要以上に関わろうとしない。しかしデンライナー関係者に限らず、他人と過度に付き合うこと自体を避けている節がある。

一方、デネブに対しては基本的に感情むき出しで、子供っぽく我が儘な振る舞いが目立つ。デネブがズレた振る舞いをする度、プロレス技をかけて制裁するのがお約束。
項目トップの口上や劇中での言動に違わず、ライダーとしては強く侑斗自身の戦闘能力も高い。しかし持っているゼロノスカードは有限であるため、戦闘は基本的に電王に任せるスタンスをとる。

過去から来たのかという問いには当初答えをはぐらかしており、「過去の桜井とかかわると時の運行が乱れる」とだけ答えていた。しかし桜井と同一存在であること自体は必要以上に否定せず、劇中でも早々と「侑斗=過去の桜井」が一応の前提として扱われている(桜井には謎が多いため、少しでも多くの情報を事実と見る他ないという状況もあったりするが)。
ただし、上記の性格が(桜井と懇ろな仲であった良太郎からすれば)似ても似つかぬものであったため、当初良太郎には疑念の目を向けられていた(少なくとも侑斗に桜井本人として接することはなかった)。ただ、流星群の観測時期と難易度を把握していたりと、天文学者であった桜井に通じる星への関心の高さ・知識の豊富さも持っており、良太郎が意識を改める切っ掛けとなっている。
また、デネブが硬いことを忘れて殴りつけた自分が痛がったり、洋服代の8500円を躊躇いなく支払う、釣り銭を貰わない、など(本人は無自覚だが)財布の紐が緩かったりと実は結構抜けている(そのため彼の財布は足し算のできないデネブに握られている)。デネブに対しても、自分の意思に反する行動をとる度にきつく当たっているが、実際は傍にいる彼のことをとても大切に思っている(いわゆるツンデレ)。
第30話では、前の第29話で無駄にカードを消費させてしまったことで家出したデネブの為に、残り1枚のゼロノスカードを川に放り込むという行動にも出た。が、その後必死になって夜中に川でカードを探すという、デネブへの思い遣りや強がり、達観しきれない精神面が如実に現れた行動を見せている(翌第31話を見る限り、一応回収はできた模様)。
苦手なものはシイタケとコーヒー。愛理のコーヒーも砂糖を多量に加えて凌ぐ(稀に砂糖を入れすぎる)。デネブは彼のシイタケ嫌いを克服させようとしており、しょっちゅう食事に混ぜてくるのでその度に侑斗は怒っている。

良太郎とは上記の通り良好な関係とは言い難かったが(干渉を防ぐため憎まれ役を引き受けていた節もある)、ゼロノスへの変身制限ゆえやむを得ず協力していったこと、また「人助けではなく自分にできることがあればやるだけ」という良太郎の信念とその頑固さに触れるにつれ、次第に彼に戦友、あるいは仲間としての信頼を置くようになっていく。
段々と面倒見の良さも表れ始め、(良太郎が意図的に)置いてきたデンカメンソードわざわざ拾ってきてあげたりと当初の彼からは想定も付かないほど良心的な行動を見せる様にもなる。
また、デネブと同様良太郎を「野上」と名字呼びする数少ない主要人物である。

特異点ではないが、ゼロノスカードの力で時間改変には耐性を持つ。また、イマジンに憑依されても肉体を完全に支配されることは基本的になく、イマジンやその契約者の気配を察知する力などもある。
また、愛理に対しても使命の対象としか見なしていなかったが、イマジンと戦い彼女と効率する中で次第に大切に想うようになり、使命とは関係なく本心で彼女を守りたいと考えるようになっていく。

実は変身解除してゼロノスカードが消滅する度に、彼に関わる記憶は周囲の人々から欠落していく。詳細はゼロノスカードの項目を参照してほしいが、変身の度に彼は忘れ去られていき、効力は特異点にまで及ぶ。
侑斗が人付き合いを避けているのも、最終的には自分が忘れられるためであり、かつ「記憶を失うことは、相手が生きた時間を価値ごと奪ってしまうことである」という彼なりの礼儀ゆえである。


その正体は19歳当時の桜井侑斗。現代の桜井がデネブと「過去の自分と共にイマジンと戦う」という契約を交わして侑斗にゼロライナーとゼロノスカードを授け、分岐点の鍵である愛理をイマジンから守る使命を与えていた。

クライマックス刑事』や『さらば電王』では、基本的に良太郎達とは別行動(後者は負傷による離脱)をとるがいずれも終盤で合流する。『超・電王』では時間の歪みの影響で消滅してしまっていたが事件の解決後には復活しており、更に物語の中で彼の過去も明らかになった。
以後、演者の中村氏が腰痛の悪化により一時芸能界を引退したため、桜井侑斗もまた一時期仮面ライダーシリーズの表舞台から姿を消すことになった。

D侑斗

侑斗!!!!


デネブが憑依した状態で、牛若丸のイメージ。緑色のメッシュが入った長髪と緑色の瞳を持つ。D侑斗になるとデネブが侑斗の態度について謝罪したり、「桜井侑斗」として勝手に親切な事や人助けをするなど、侑斗本人の思いとは全く別の行動をとるため、大抵すぐに締め出される。それ故基本的には食材の買い出し等、生活能力を要求される場面のみで憑依される。

U侑斗

ちょっと借りるよ(はぁとマーク)


ウラタロスが憑依した状態。『クライマックス刑事』でセーラに近づき、彼女が持っている拳銃を奪い取ろうとした。

桜井

【ライダー版】6:The Lovers【タロット】


※イラストの右側の人物。
演:岡野友信 伊藤慎 中村優一
推定30代前半の天文学者。物語上一番のキーパーソン。ミルクディッパーの常連客で愛理とは婚約関係にあったが、2007年1月10日に突如失踪した。
彼を知る人物の証言や過去の姿から、純粋で聡明な人物であることが推測される。侑斗と区別するため、良太郎達での会話の中では「桜井(さん)」と呼ばれる。
「弱かったり、運が悪かったり、何も知らないとしても、それは何もやらない事の言い訳にならない」という言葉を良太郎にかけたらしい。

物語開始前に愛理と共にゼロライナーに遭遇、未来を護るため、自分を分岐点の鍵と誤解したカイやイマジンを囮となって引きつけながらゼロノスとして人知れず戦っていたが、カイの操るレオソルジャーに敗北し、一時的に時間が改変される。
その後、デネブと契約して19歳の頃の自分にゼロノスカードを託させ、愛理からイマジンを遠ざけるためあらゆる過去の時間を逃亡。その際、薄茶色のフェルト帽を目深にかぶり、同色の外套を羽織っていた。自らも緑色のゼロノスカードを所持し、劇中でもアルタイルフォームに変身したことがある。
使命のための覚悟は並ではなく、ゼロノスカードが使いきられた後、自身の記憶=存在を限界まで犠牲にしたカードを第35話で補填。
侑斗とは使命や情報をある程度共有していたが、本来の『分岐点の鍵』の存在は最後まで秘密として伏せていた。

最終回にて、自分が消えないための保険、かつ最終的に使われる可能性も見越してデネブに一枚カードを託していたことが発覚。
カードは最終決戦に消費され、カイの消滅後、カードを使いきったことで桜井自身も消滅した。
正体が明らかになった後も顔がはっきり映ることは無く、セリフも1度「変身」と言ったのみである。

ユウ

迷子カラスとユー君.1


演:沢木ルカ(女性)
鬼ヶ島の戦艦』の主人公。彼とオニ一族との遭遇、そして良太郎との出会いが物語の始まりである。

父は仕事の都合で外国暮らしのため、母と二人で東京に住んでいたが、その母が亡くなり、祖母に引き取られ田舎に引っ越してきた。田舎に馴染めずにいたが、見かねた祖母に海外行きを勧められた際は「東京がいい」と断っており、問題の本質は母が生きていた過去への固執であることがわかる。
学力は高かったが身体能力は劣り(但し同級生からの発見のみで、劇中特に難儀した様子もなかったため「田舎基準では下」の部類だったと思われる)、かつ臆病な面がある。
泥沼の上を渡り歩けなかったり、動物、特に虫や爬虫類が苦手で、触ることもできないため、同級生からは「東京坊主」と馬鹿にされいじめを受けていた。

ある日、森の中でオニ一族が活動している現場に遭遇し襲撃を受けるが、そこをNEW電王とデネブに助けられた。更にオニ一族が探す切り札の石の伝承者であったため、現実逃避も兼ねてデンライナーの一行と行動を共にしオニ一族に立ち向かう。
更に時空の歪みで未契約状態となったデネブを実体化させる為に「デネブの契約者を見つけるため、一緒にオニ一族を倒す」という契約を結ぶ(ややこしい…。なお、漫画版では亡き母の面影を持つ女性トキを助けるために契約した)
戦闘中、爬虫類に驚いたこと原因でトキが自身を庇って負傷。その夜、トキに謝罪した後、「いつか自分も戦で死ぬ」と語る彼女にデンライナーに乗るよう誘うも、「どの時代に行っても、結局自分の今や過去は変わらない」「他の何が変わっても、自分の今がどこかは自分が知っているのだから」と、己の時代から逃げぬトキの姿に自分を見つめ直すに至る。
以降、苦手だった虫にも臆せずトキに弓矢を渡す等、精神的な逞しさを身につけた。
全てが終わった後、オーナーは協力の礼にユウの行きたい時間に寄る(=亡き母に会わせてあげようと)提案するが、旅を経て成長したユウは、今を生きる決意でこれを拒否。そして、デネブとまた会ったら必ず助けに来るという約束をした。

祖母に「ユウちゃん」と呼ばれていたことから、全員「ユウ」と呼んでおり、騒動の最中は誰もそれを気にかけなかった。ただし騒動終結後にオーナーのみ、誰も彼の本名を知らないことに気づく。

そしてデンライナーの皆と別れた後、いつものようにからかうイジメっ子たちに啖呵を切る。

「俺は東京坊主じゃない!桜井侑斗だ!ちゃんと呼べ!!」

ユウの正体は、1980年代の田舎に住んでいた少年時代の桜井侑斗。
時間の歪みが修復し、復活した現在の侑斗は、デネブと交わした約束も今も覚えていた。デネブもこの時に、ユウが侑斗であることをわかり歓喜したのだった。

Dユウ

ちびっこ組


デネブが憑依した姿。強力な腕力ゲルニュートを投げ飛ばした。

スーパーヒーロー大戦GP仮面ライダー4号

仮面ライダーサイドの1人として久々に物語の中心人物として登場。

ゼロノスカードの影響か時間改変には巻き込まれずに済んでおり、作中では数少ない正義のライダーとして戦う(80年代に小学生ということは、ゲルショッカー壊滅時には生まれていない可能性すらある)。

ショッカーによって支配された歴史を元通りにすべく、ショッカーを裏切った仮面ライダードライブ/泊進ノ介に協力。また、歴史改変により生まれた仮面ライダー3号/黒井響一郎が本当にショッカーを裏切ったのかどうか訝しみ、影から追跡していた。

続編である『仮面ライダー4号』では仮面ライダー555/乾巧と共にショッカーと戦っているようだが…。

仮面ライダージオウ

【ジオウ電王回】


EP39・40における電王編のレジェンドとして登場。
演者の中村優一は『響鬼』編では桐矢京介を演じており、それに引き続いての出演となる。平成ライダーで同じ役者が別キャラクターを演じることは多いが、ジオウ内でその両方を演じたのは中村氏のみ(同時に、同じ作品中で変身体響鬼・ゼロノスの3種のライダーに変身することにもなった)。

他人の空似


作中でもソウゴが侑斗と初めて対面した際、京介と勘違いして困惑するというシーンがあった(電王が出演した『平成ジェネレーションズFOREVER』では別の人物がよりメタな方向で演者共通ネタを披露していたため、視聴者からは期待する声も多かった)。
また、このことから、京介と侑斗は(演者が同じというメタ的な事情を抜きにしても)瓜二つの容姿をしているらしいことが判明したことになる。

活躍

  • EP39『2007:デンライナー・クラッシュ!』

当初はどういうわけかグランドジオウを「世界を滅ぼす魔王」として警戒しており、ソウゴがグランドジオウの力を手にしたことで生じる最低最悪の未来を止めるため、デネブと共にジオウトリニティへと戦いを挑む。
一度目はアナザー電王によるデンライナーの強奪を防ぐためにジオウと共闘し、二度目はベガフォームにも変身してジオウトリニティと対峙した。

  • EP40『2017:グランド・クライマックス!』
序盤にて、モモタロスが安易に電王ライドウォッチをソウゴに渡した際は彼に警告し、電王ライドウォッチを没収させる。

しかし、2017年に跳んでアナザー電王を止めようと試み、その中で過去のタクヤに事情を伝えて事態の完全な解決を目指すソウゴの真摯に向き合う姿に、警戒は解かないながらも「認めてはやる」として、モモタロスに電王ウォッチを渡すよう指示。
自身はベガフォームに変身し、電王・クライマックスフォームと共にモールイマジン軍団を殲滅した。

そして事態が解決した後、去り際にソウゴに向けてこんな意味深な問いを投げかけた。



「お前は本当に常磐ソウゴなのか?」



果たして、侑斗の知る“世界を滅ぼす魔王”「常磐ソウゴ」とは……?

注意

上述の「変身する度に誰かに忘れ去られていく」という劇中描写および設定から、ネット上では彼を知らない、もしくは忘れたふりをするジョークが存在する。
しかし「本気でゼロノスを知らない」と誤解した者がマジレスをしたり(あるいはわざとネタで発言したり)、揚げ足を取って相手を貶める者、さらにその揚げ足を取った者を疎んじる者…と好ましくない流れが起こることも多く、最近ではそのネタを毛嫌いするユーザーを晒したり集団で叩いたりする悪質なユーザーも増えてきている。

一応、中村優一氏公認ではあるが物事には限度というものがあるし、中には本気でゼロノス=桜井侑斗の話をしたいのにジョークを言われて話が進まなかったり、あまりにも長年続いているのでこのジョーク自体に嫌悪感を示している者もいるため、ネタとして扱うには注意が必要である。

関連タグ

仮面ライダー電王 仮面ライダーゼロノス 仮面ライダーNEW電王
デネブ 野上良太郎 野上愛理 ハナ コハナ
スーパーヒーロー大戦GP

関連・類似記事


加賀美新桜井侑斗名護啓介(紅音也)

関連記事

親記事

仮面ライダーゼロノス かめんらいだーぜろのす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桜井侑斗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 876607

コメント