ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:大川透


概要編集

仮面ライダーゲンムズ』で初登場した謎の存在。

突如ネットワーク上に誕生した、「人類のあらゆる善意」をラーニングした超知能。


しかし、アークによると、その実態は「どんな些細な悪意も許さず、行きすぎた善意によって世界を滅ぼす」というものだった。

これは、奇しくも対局の存在であるはずのアークや滅亡迅雷.netの標榜していた「悪意に満ちた人間は絶滅すべき」とさほど変わらない思想であり、結局はゼインの“正義”も独善的なものであり、悪意も善意も偏りすぎれば害悪でしかないことが証明された(そもそも悪意を排除するという行動は、言い方を変えれば「悪意に対する悪意」であり、根本的には同じものである)。


『ゲンムズ』の続編である『仮面ライダーアウトサイダーズ』では、ゼインに対抗するために財団Xのメンバーであるジョゼフ乱堂エコルが「古の悪の仮面ライダーたちが共に力を合わせる大いなる計画」とされている「プロジェクト・アウトサイダーズ」を進行していることが判明した。

そのため、世界を超えた様々な悪の力を利用していることからも、かなりの脅威であることが予想される。


実態編集

ゼインの目的は、あくまでアークと財団Xによる推測であり、によるとその目的は「全ての悪を根絶するためにライダーの世界を一つにする」こと。

この目的に賛同した滅と西馬ニコはゼイン側として行動している模様。


デザストの復活を即座に察知し、緋道蓮への接触を予測するなど、能力は並大抵の人工知能をはるかに超えているが、あまり自発的には動かないようで、ニコによると、「ゼインを動かせるのは飛電インテリジェンスだけ」とのこと。

このことから、ゼインの所在として最も可能性が高いのは通信衛星ウィアであり、ゼイン側の実質的なトップは飛電或人になるが、果たして・・・。


そして、ゼインは仮面ライダーゼインとして実体を現した。

他のライダーから同意の元で生成されたゼインカードを消費し、そのライダーの力を自在に行使できる破格の力を利用している。

これらは本人たちの『同意の元』であるため、歴代の主役ライダー達が協力していることが示唆されており、下手をすれば世界の破壊者始まりの男時の王者創世の神も容認している可能性がある。


本性編集

「ここまでご苦労様です。後は私が裁きを下しましょう」

「ゼイン。この次元の救世主です。」


長らく存在のみが語られていたが、ep.4『狂った時の運行とゼインの正体』で、桜井侑斗の体を乗っ取る形でついに実態を現した。


上記の通り、ゼインの目的は、アウトサイダーズとゼイン側でそのあり方に対する見解が異なっていたが、真の目的は全ての物質をコントロールし、人間の中にある全ての悪意を駆逐することだった。

実際にゼインが出した結論は『悪意の駆逐=人類の滅亡』であり、そのために仮面ライダーの力を結集させ、利用していた。このことから、アークによって導き出された予測は的中したことになる。


そしてその危険性や結論、横暴さから、「もはや善の仮面を被った別の何か」であると断じられ、既に「善意」「正義」という概念からも逸脱し始めているとされている。


ニコや滅といった面々はこの点を秘匿された状態で協力させられており(実際、滅が語った内容はゼインの真の目的と異なっている)、力を貸すことに同意した主人公ライダーたちも同様だった可能性が高い。

橘朔也と桜井は真意を知っていたが、ゼインが顕現せず人類が暴走した未来から来たと語る桜井はともかく、なぜ橘が人類の滅亡を容認・加担しているのかは不明。桜井から聞いた未来の顛末を聞いたことが影響していると思われるが、その未来は「悪意の駆逐がなされなかった結果人類の滅亡した未来」であるため、ゼインが出ようが出まいが人類の滅亡は避けられないため、「悪意の駆逐」が「人類の滅亡」とイコールになることを橘は知らなかった可能性が高い。


自らを「救世主」と呼んではばからない高慢な性格で、ブレンの説得を受けて自らの目的に疑問を感じ迷いを抱いた桜井を一方的に乗っ取るなど、その冷徹さはアークとの大差はない。

さらに、あくまで憑依する対象はヒューマギアのみだったアークに対して、人間に憑依できる能力は、アークすら超えている。


ゼインをただ「悪を討つ正義の存在」であると信じて力を貸したライダーたちはともかく、人類を守ることに熱心だったはずの橘や桜井、そして飛電インテリジェンスがこのような危険な存在に対して協力的だったことは、皮肉以外の何物でもない。


ブレンの説得で心に迷いが生じた侑斗を前述の通り肉体を支配して顕現。声を西馬ニコのものに変え、幻夢コーポレーション仮面ライダークロニクルの一般開放の再開を命令した


ep.4以降の動向編集

仮面ライダーガッチャード第33話では、仮面ライダーゼインに変身した状態で登場。

ハンドレッドによる悪意を察知して『ガッチャード』の世界に来訪し、仮面ライダーヴァルバラドラケシスが変身したヴァルバラドに敗北したミメイ仮面ライダーグレア(ハンドレッド)の前に現れた。


急遽グレアに変身したミメイを軽くあしらうと仮面ライダースーパー1ゼインカードを使用し、赤心少林拳で圧倒。瀕死状態だったミメイをほぼ一方的に叩きのめして「スーパーライダー月面キック」で撃破。

最後には恐らくライダーゼインの力で分析したのか「アウトサイダーにしては弱すぎる。偽者でしたか。」と告げ、その場を立ち去った。


ep.5『創世の女神と第三のシンギュラリティ』では、侑斗を乗っ取った状態で活動を開始。


ep.4で、『悪意を持つ人間を炙り出す』目的で仮面ライダークロニクルを一般開放したことが判明。

早速ライドプレイヤーに変身して暴れていた犯罪者を見つけ出すと、容赦なくファイズブラスターを使用して撃破。そのままカードに変換してゼインドライバーで裁断してしまう

既に数百人の命が奪われているが、表向きには「行方不明者」として扱われ、世間からは「仮面ライダークロニクルの悪夢の再来」とされている


悪を粛清しているさなかに、その場に現れた仮面ライダーゲンム ハイパー不滅ゲーマーと対峙する。仮面ライダーアルティメットリバイ仮面ライダーアルティメットバイスのゼインカードを使用して巻き返しを図るも、ゲンムがゾンビの如くダメージを受けることなく苦戦する。ゲンムを倒すべく仮面ライダーゼロツーのゼインカードを使用してゲンムの動きを予測しようとした隙に、ゲンムにガシャコンバグヴァイザーでゼロツーのデータを回収されてしまう。ゼインは報復として、すかさず檀黎斗をゼロツーの力の衝撃波で粉砕する。

しかし、黎斗の遺志を受け取ったアークゼアが互いの力を合わせて誕生した仮面ライダーゼロスリーによって、檀黎斗が復活されてしまう


その後、ゼロスリーと交戦。仮面ライダーカブト ハイパーフォームの力を消費してクロックアップハイパークロックアップで翻弄。

一時は優位に立つも、ハイパークロックアップが解除された一瞬の隙を突かれ、「ジャスティスパニッシュメント」を発動しようとした瞬間にゼロスリーがサウザンドジャッカーで力をコピー。マキシマムハイパーサイクロンを模したと思わしき「ジャッキングブレイク」を受け、変身を解除させられた。


絶体絶命の危機に陥るものの、突如現れた仮面ライダーエボルXに助けられ、撤退した。


余談編集

  • その性質からアークにとっては天敵に見えるが、アークを超える人工知能であるゼア、および後継機のウィアがどのような結論を出しているのかは明らかにされていなかったが、ep.5でアークと同じく「人類の脅威」として認識していたことが判明した。
    • 超知能ということは判明しているものの、上記の衛星達のように誰かに人工的に作られた知能か、自然発生したものなのかはたまた何か基となった知能から変異した存在なのかは現状明かされていない。

  • 当初より仮面ライダーに似た姿を見せており、仮面ライダーアークゼロのように仮面ライダーないしは変身態を獲得し、実体化する可能性を示唆されていた。
    • 事実仮面ライダーゼインとして降臨したが、シルエットの段階では仮面ライダー滅亡迅雷に近い姿をしていた。

  • 名前の由来は、「アーク」と同じ善の捩りと思われる。「ゼーン」でないのは、語呂がなく、文字的にもおさまりが悪い点と本編中のギャグシーン(或人「そっちがアーク=悪意の意思なら、こっちにはゼーン=善意の意思(ゼア/医師)があるからな!」とお得意のギャグに啖呵を切った)ですでに名前が出ていたためであると思われる。
    • あるいは「善意」のローマ字の捩りの可能性がある(ZENI→ZEIN)。


  • 『ガッチャード』では変身者については明かされなかったが、公式サイトによると、ゼインが登場した時系列は『アウトサイダーズ』ep.4以降ep.5以前にあたるとされている。メタ的な立ち位置としては、公式サイトで「番宣」「夏映画で新ライダーが先行登場するようなもの」と言及している。

関連タグ編集

仮面ライダーゲンムズ 仮面ライダーアウトサイダーズ

仮面ライダーゼロワン


バッタヤミー:行動原理が似ている怪人。ただし、性格はゼインの方がより苛烈。

エスかつて「悪意に対する悪意」を抱いた悲しきライダー

関連記事

親記事

仮面ライダーゲンムズ かめんらいだーげんむず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15957

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました