ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要編集

マスクドライダーシステムを着用した者が、ハイパーゼクターを使ってハイパーフォームに変身した際に使用できる特殊能力。

本来クロックアップとはエイトマン加速装置のようにただ単に早くなるだけではなく、自らの体にかかる時間を操作する能力であり、ハイパークロックアップは「クロックアップを超える更なる高速活動」または「時間軸そのものの移動」の2つを行える。

別の時間からハイパーゼクターが届けられたり、未来の天道が過去の天道を助けに来たこともあった。


ハイパーゼクターのスイッチを押すことで発動する。

クロックアップと同様に制限時間があり、発動時には「Hyper Clock Up」、終了時には「Hyper Clock Over」と発声する。


前者は言うまでもないが、後者は次回作を先取りして過去(設定上は未来にも)に向かうことが可能であり、次回作の怪人のように過去を改変することもできる

劇場版では隕石ごとタイムスリップした挙句、作中の七年前に飛来した隕石とぶつけて双方をぶっ壊すという展開に持ち込んだ。

なお、劇場版の設定では、TVでいう「渋谷隕石」の正体が、この時に砕け散った隕石の破片という事になっている

その他にも、加賀美新/仮面ライダーガタックの死をなかったことにするなど、ライダー全体の歴史で見ても相当の万能性を誇る能力である

黒幕の目的が身近な人を蘇らせることであったり、とある強大な存在を前に過去に戻って覚醒前を叩き対応しようとしたりする作品があったりすることを踏まえると、過去改変ができて死を回避することも可能なこの能力の破格さが分かる。

しかし、デメリットがないわけではなく、大きく歴史を変えるとタイムパラドックスによって自分の存在も消えてしまう可能性がある。

劇場版では大きく歴史を変えたことで、天道は幼少期の自分にベルトを託し消滅することになった。


このように強力な能力であるが、実は天道総司以外が後者を使ったことはない(コーカサスが言及するあたり、恐らくハイパーゼクター所有者であれば使えなくはないと思われる)。大体の問題を一瞬で解決できてしまうので当然と言えるか。


また、時間そのものを止める能力にはさすがに対応できない。


PS2版仮面ライダーカブトでは未来から来たことを仄めかすセリフがあるが、システム上ではクロックアップの約2倍の速度として描写される。

クロックアップ中の相手を逆にスローモーションに追い込み、非クロックアップの相手をほぼ静止状態にまで陥らせるが、ゲージ効率は非常に悪く、キャストオフ使用中の無敵時間を利用して完全回避されてしまう危険もある。


仮面ライダーアウトサイダーズではカブトの力を使った仮面ライダーゼインが高速活動の形で使用。

クロックアップを予測することができた仮面ライダーゼロスリーですら予測が出来なかったか、ゼロスリーを吹き飛ばすことに成功した。


関連タグ編集

仮面ライダーコーカサス ハイパーカブト ハイパーガタック

関連記事

親記事

クロックアップ くろっくあっぷ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130395

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました