ピクシブ百科事典

マスクドライダーシステム

ますくどらいだーしすてむ

『仮面ライダーカブト』に登場する変身システム。
目次[非表示]

平成ライダー第7作目『仮面ライダーカブト』における変身システムの総称。
1971年にZECTによって立ち上げられたマスクドライダー計画の一環として製作された。
開発にはかなりの歳月を要し、残虐な人体実験と35年の試行錯誤を経てようやくロールアウトに至った。
計画上ZECT内の優先順位はガタック≧カブト>>>>>ザビー=ドレイク=サソードであり、ガタックとカブトにはさらなる強化形態ハイパーフォームに変身できるハイパーゼクターが別途に存在する。

概要

本作の変身ツールは小型の虫型メカ「ゼクター」が主軸となっており、ゼクターに認められた有資格者しか変身はできない。
変身した姿は便宜上「マスクドライダー」であり、一部の例外を除いて基本的に「仮面ライダー」とは呼ばれない。
(本編では「仮面ライダードレイク」と呼ぶシーンが一度だけ、PS2のゲーム版では「仮面ライダーザビー」と呼ぶシーンがあり、どちらも発言者は矢車想
ちなみに、ゼクターの殆どは空から飛行してやって来るが、飛行機能を持たないサソードゼクターは地中を掘り進んで、ホッパーゼクターは地面を跳ね回って資格者の招集に応じる。

変身

ゼクターをそれぞれの変身ツール(ベルトや剣など形状は様々)にセットすることで変身。
マスクドフォームからライダーフォームへの二段変身を有しているものは先にマスクドフォームに変身する。
変身後はゼクターを操作することでキャストオフによるフォームチェンジや必殺技の発動等が可能となる。
「キャストオフ」でライダーフォームに切り替え、「プットオン」でマスクドフォームに戻す。
ただし、ホッパー系やカブティックゼクターで変身するライダー達は最初からライダーフォームの姿となっている。

また成虫ワームだけが持つスローになった時間の中を標準で行動できる特殊能力クロックアップも備えており、高速戦闘にも対応できるようになっている。
ホッパー系はカブト劇中では使わなかったため導入されていないと思われていたが、仮面ライダージオウでホッパー系もクロックアップが使用可能なことが判明した。

セーフティ装置

本変身システムはシステムをワームに奪われた時のためにセーフティ装置が備えられている。

計画の最優先対象であるガタックとカブトには赤い靴システムなる暴走スイッチがあり、周囲のワームを敵意・種別関係なく見境なく殲滅するまで攻撃し続けるといういわばバーサーカーともいうべきシステムである。これは、開発に携わっていた加賀美陸と日下部総一がネイティブを信頼していなかったことから極秘で導入されたシステムだった。
ただしその機構がいつどこでどちらが発動するのかは本当に不定期で、導入した本人たちですらわからない。物語の根幹にも関わる重要システムなのだが本編では36話でカブトに作動したのみで、ガタックには一度も作動しなかった。

ザビー・ドレイク・サソードには暴走スイッチは導入されていない。
代わりにガタックとカブトのみがなれるハイパーフォームだけが使用可能なパーフェクトゼクター「オールゼクターコンバイン」を指示すると例え戦闘中であっても対象のライダーの変身が強制解除されてしまう仕様となっている。
資格者不在のザビー、資格者にあまり戦意がないドレイクは然程弊害にはならなかったシステムだったが、唯一資格者が好戦的だったサソードのみ変身強制解除という事案が発生してしまった。

上述の暴走スイッチがじゃじゃ馬仕様だったのもあり、後に陸がそのストッパー役としてゼクターの合体の向きを変えることで異なる姿に変身できるリバーシブル仕様のホッパーゼクターを人間側のみで独自開発した。
あくまで暴走スイッチを止めるための応急処置目的で開発したためシステムは簡略化されており、こちらにはマスクドフォームの概念がない。

マスクドライダー一覧

()内はモチーフ

TV版


劇場版


ヒーローショー限定


関連項目

ワーム(仮面ライダーカブト) ネイティブ
仮面ライダーカブト ZECT

仮面ライダーディケイド 仮面ライダーエグゼイド(各ライダーレベル1↔レベル2)
イナズマン:恐らく元ネタの一つ。ただし、マスクドライダーシステムに蝶のライダーは確認されていない。
重甲ビーファイター

関連記事

親記事

マスクドライダー計画 ますくどらいだーけいかく

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マスクドライダーシステム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1602

コメント