2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ZECT

ぜくと

特撮番組『仮面ライダーカブト』に登場する仮面ライダーの所属する武装組織。
目次[非表示]

概要

特撮番組『仮面ライダーカブト』に登場する武装組織。地球に来訪したネイティブによって人間擬態する宇宙人ワームがいずれ地球を侵略しに来ると知らされたことで、ワームから人類を護るために結成された。ワームに関する情報や用いられている技術には、ネイティブからもたらされたものが多い。

ワームのクロックアップに対抗できるマスクドライダーシステムを開発運用している他、歩兵部隊「ゼクトルーパー」を有する。

人類を護るための組織だが、ワームの「擬態した相手の記憶も全てコピーする」という特性上、構成員に擬態されて一網打尽に壊滅するのを防ぐために、徹底した秘密主義が内外問わず敷かれている。マスクドライダーシステムの装着変身者すら上層部のことは知らされていない。

総帥加賀美新加賀美陸だが最高権力者ではなく、その上にはネイティブで構成された評議会が存在する。

階級は徹底した実力主義であり、入団したのがたとえ敵対しているゼクターの資格者であろうがお構いなしに隊長の役割を与えられる。このため、同じゼクターの資格者が隊長を降ろされるという事態が起きた。


主な武装はゼクトガンと呼ばれる小型銃。ちなみに、ワームの擬態を破る「アンチミミック弾」という弾丸が終盤で登場しているが、実は序盤の時点でゼクトカムというカメラにカムフラージュしたサーモグラフィー装置が登場しており、これでワームと一般人を見分けていた。しかし、物語の途中から何故か何の説明もなく登場しなくなってしまい、その後作中では一切触れられないまま終わってしまった。これに関してはあえてフォローするならZECTの構成員に成り代わったワームが確認されている為、ワームの間にこの装置の情報が共有されて導入されなくなったという線も一応考えられなくもないが、メタ的にはあまりに便利すぎてワームの擬態能力から生まれる推理性などがなくなる為に、物語から排除せざるを得なくなったのであろう(カブトはこれに限らず脚本の都合で作中の設定が変えられたり、無かった事にされた事例がかなり多い)。
ちなみに超全集では、このサーモグラフィーについては完全にスルーされており、どうやら公式的には存在自体を無かった事にしたいようである。


劇場版のZECT

「我が魂はZECTと共にありぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ~~~っ!!!」
劇場版GOD_SPEED_LOVE』では「もし1999年に全世界のが干上がるほどの巨大な隕石の衝突が起こったら」というIF展開で物語が進んでいるが、ZECT自体は登場する。それも、ワームと戦えるただ一つの組織ということで事実上の世界の支配者として。

ZECTは地球に海を取り戻し、慢性的な不足に悩む(というかよく人類死滅しなかったな)各国政府に恩を売ることで更に支配権を強めようとする。そのためZECTは地球に接近した彗星破壊し、その破片のを地球に落下させようとするが、ZECTに反旗を翻した組織NEO ZECTが現れ…。

ディケイドのZECT

仮面ライダーディケイド』のカブトの世界でリ・イマジネーションされたZECTは民間にもフツーに名が知れ渡っている。総帥は仮面ライダーザビーに変身する弟切ソウ

関連項目

マスクドライダーシステム
仮面ライダーザビー 仮面ライダードレイク 仮面ライダーサソード
仮面ライダーガタック 仮面ライダーキックホッパー 仮面ライダーパンチホッパー
仮面ライダーコーカサス 仮面ライダーヘラクス 仮面ライダーケタロス
クロックアップ キャストオフ ネイティブ(仮面ライダーカブト)

SPIRITS BOARD 猛士 素晴らしき青空の会
仮面ライダー部 警視庁特状課 ソードオブロゴス

TLTGUYSXio・・・・異星人から提供された技術を利用するという点で共通しており、TLTとは黒幕が組織の構成員であったという点が共通する。

関連記事

親記事

仮面ライダーカブトの登場人物一覧 かめんらいだーかぶとのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ZECT」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ZECT」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46547

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました