ピクシブ百科事典

警視庁特状課

けいしちょうとくじょうか

警視庁特状課とは、『仮面ライダードライブ』作中に登場する架空の警察内組織である。
目次[非表示]

概要

正式名称は「特殊状況下事件捜査課」。怪奇事件対策のために設立された部局。
主人公泊進ノ介らが所属し、一癖も二癖もある人物達が揃う。

警視庁の9つの内部部局の内、直接事件を扱う刑事部・公安部・生活安全部・組織犯罪対策部のいずれに属するかは不明。ただ、刑事部捜査一課に所属する追田現八郎が刑事部と彼らの連絡要員も兼ねているほか、第16話では捜査二課の岬順子と合同捜査を行っている。また第5・6話で桐原英治が派遣されていたことから、公安部にも特状課との連絡要員がいる模様。また、課の存廃の権限は警視総監を飛び越し東京都公安委員会が握っている。

場所は何故か千代田区霞ヶ関(桜田門)の本庁舎ではなく台東区の「久瑠間運転免許試験場」の一室にある。地下にはトライドロンのメンテナンス施設ドライブピットがあるが、その存在は、第25話終盤までは進ノ介以外では詩島霧子沢神りんなしか知らなかった。また進ノ介が同課に異動した背景にはベルトさんことドライブドライバーの意向が働いており、第25話にて、進ノ介をドライブとして活動させる隠れ蓑にする為に、本願寺純に組織させたものであったことが判明する。

第37話にて、遂にこれまでの功績が認められて刑事部の課の1つとして正式に活動できるようになったことが本願寺課長の口から明かされ、これまで苦労を共にしてきたメンバーの皆を沸かせた。また、それに伴って正式名称も「警視庁『刑事部』特状課」になった。ただ、ドライブピットを現在の特状課の地下に作ってしまっている為、本庁へのお引越しは認められなかった。

第47話にて、ロイミュードとの戦いが終結したため活動休止となり、解散を迎えた。
解散後はロイミュードとの戦いを経て得た経験から、各々が躍進を遂げている。

メンバー

発進!特状課



協力者


  • 照井竜 / 仮面ライダーアクセル Vシネマ仮面ライダードライブサーガ 仮面ライダーチェイサー」にて邂逅。警視庁と捜査管轄を接する風都警察署の、ガイアメモリ犯罪を追う超常犯罪捜査課の課長であり、ちょうど管轄の境界線上で倒れていた男を巡って、特状課と捜査権で揉めていたが…。なお、捜査権で揉めてはいたものの、仮面ライダードライブであることを公表していた進ノ介個人には同じ警察官ライダーとして理解ある対応をしている。本編では一切その手の描写がなかったが、警視庁に『「現状の捜査セクションでは対応が不可能な超常犯罪」の専用対応部署』という概念をぶち上げ認めさせ、自身が責任者として風都市に出向した挙句ちゃんと成果を挙げた彼の存在が特状課の設立に当たって大きく助けとなる前例であった可能性は高い。

関連タグ

警視庁 仮面ライダードライブ

特状課 久瑠間運転免許試験場

仮面ライダー部:こちらも解散後に部員それぞれが躍進を遂げている。

国際特別警察機構:同じく警察にある怪奇事件専門の組織。

平成二期ライダー活動拠点
ドルーパーズ→警視庁特状課→大天空寺

関連記事

親記事

仮面ライダードライブ かめんらいだーどらいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「警視庁特状課」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「警視庁特状課」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60183

コメント