ピクシブ百科事典

詩島剛

しじまごう

『仮面ライダードライブ』に登場する人物。仮面ライダーマッハに変身する。
目次[非表示]

「俺達二人とも、敵の力を使って悪を滅ぼす……怪物同士じゃないか」

「確かに俺はトラブルメーカーかもしれないけど、姉ちゃんの事は心から愛してる。
 世界でたった2人だけの姉弟だからな」

「俺は……強くならなきゃなんて焦る必要はない……
 なぜなら……なぜなら俺は……既に強いからだ!!」

「今一番許せねぇのは……俺の……
 俺のダチの命を奪ったことだ!!!」

演:稲葉友
幼少期:橋爪龍

概要

第12話より登場した、仮面ライダーマッハ変身するフリーカメラマンの青年
詩島霧子実弟である。MOVIE大戦フルスロットルにて先行登場した。
※劇中では変身後の姿だけだったが、パンフレットには変身前の姿と霧子の弟である事が記されている。

当初はアメリカに住んでおり、そこでハーレー・ヘンドリクソン博士の指導の下、仮面ライダーの訓練を受けていたらしいのだが、017と018が渡日したことと蛮野が父親であることを知ったことで突然帰国した(MOVIE大戦の時系列を考慮すると、本編第9話と第10話の間に帰国した事になる)。
仮面ライダーになった経緯は親友のイーサンを017と018に殺害されたため。訓練を完了せずに飛び出した為に、マッハには装着者への負担が大きい・活動限界時間があるといった弱点が残ったままになっている(仮面ライダーとしては完成している為、ロイミュードと戦う事は可能)。

人物像

性格は良くも悪くも自信家かつお調子者。登場した当初はエンジンの掛かりが遅い進ノ介をやや見下している節があった。しかも本気なのか冗談なのかは不明だが、第13話冒頭にて彼と姉のやりとりを見て2人の仲を男女の仲と考えており、同話以降は進ノ介のことを「進兄さん」と呼んでいる。

また敵の前で口上を決めたがり、横槍を入れられるとわざわざ仕切り直す。第14話の前半では進ノ介のフォローに入ってロイミュードを追ったが、仕切り直したせいでポーズを決めたときには逃げられていた(後半ではさすがに反省したのか、冒頭を言い終えると「以下省略!」と縮めている)。この件については関連イラストも参照されたし。

また、かなりの目立ちたがりの様で、である霧子に自分の日本でのデビュー戦を観てもらいたいがためにわざわざガンマン・ロイミュードとの決戦の場所に電話で呼び出していた(余談だが、初登場時に本来はドライブの仲間であろうシフトカーアメイジングサーカス」も舞台演出に加担させていた)。

一応自身の性格がトラブルメーカーである自覚はあるようで、姉に迷惑をかけないため霧子との同居は断っている。
だが、どうも単なるお調子者と言う訳では無いようで…?

実の姉の霧子の事は「たった一人の家族」として非常に大切に思っており、前述の件の様に姉の事を思いやる描写も多い。
お調子者のように振舞っている理由も、過去にロイミュードに襲われた姉に自身のロイミュードへの復讐心、そして父である蛮野が元凶であることを悟られない為に無理矢理に笑顔を作り道化を演じているため。
また霧子の方も剛の事を気に掛けており、第17・18話の様に彼が調子に乗った際には厳しい言葉をかける言葉もあるが、彼が悩みを抱えている時には後述の様に姉として彼が立ち直る切っ掛けを作る等、姉弟の絆は強い。
また、もう1人の仮面ライダーである進ノ介の事は、前述の様にやや見下していたり姉との事でからかったりしていたが、彼が「自分のブレーキになる」と決意を自身に伝えてからは、事件の情報を提供する形で事件解決に貢献したり戦闘で共闘し見事なコンビネーションを見せる様子も増えてきている。その他にも、第27話終盤にて自分がずっと1人で心に抱えてきた事を彼にのみ伝える等なんだかんだ言って信頼関係は強い。

姉同様に身体能力はとても高く、劇中でもバク転や側転を連発している。
その他にも捜査能力もかなりの物で、進ノ介に先んじて事件に関する情報や証拠写真を仕入れてくることも多く、自身の立ち位置を利用して大活躍している(進ノ介達は警察組織に所属しているが故の利点を持っている一方で、自由に動けない等の制約も抱えている為に、彼が自身の身体能力やフットワークの軽さを活かした単独行動で援護している)。

ロイミュードへの憎悪

前述の様にチャラい印象が強いが、不意に真剣な表情を見せることもあり、進ノ介には「何か深いものを抱えている」と推測されていた。親友を殺害された影響でロイミュード達を一切信用しておらず(チェイスも例外ではない)、一刻も早く全滅させるべきというある意味過激な思想を持っている。この為、劇中でも「ドライブは人を守るライダー、マッハは敵をぶっ潰すライダー」と発言した(それでも第22話でチェイスの処遇を進ノ介に任せる等、状況に合わせた柔軟な行動を取る事もあり進ノ介と決定的に対立した事は無い)。
また、姉の霧子がチェイスのことを気にかけていた時には、彼との関係を「機械人形とのラブロマンス」と呼び皮肉ったりもした。

第23話ではドライブばかりがパワーアップし、自身は敵に対して苦戦しつつある現状に危機感を抱き、その焦りからシュート・ロイミュードの攻撃でドライバーを破壊された。
続く第24話では、りんなにマッハドライバーを無事修理してもらうも自身の実力不足を憂い、マッハのパワーアップを嘆願する。しかしベルトさんには「焦りすぎている」ことを指摘され、自分をもっと信じるよう助言を受ける。
その後、霧子と幼少期を振り返り、彼女の「信じている」という言葉で立ち直り自信を取り戻すことによってデッドヒートを完全に制御することに成功、シュートロイミュードを撃破する。

しかしその後も味方となったチェイスを敵視し、人間の味方であるはずの仮面ライダーチェイサーに対して敵意も剥き出しに攻撃を加えるなどロイミュードへの憎悪は消えておらず、その件で第27話冒頭では意見が対立した霧子から平手打ちを受ける等、ある程度チェイスやロイミュードに対して寛容な考えを持つ周囲の人間から孤立を深めていく。

そして、第27話での戦いの後に彼から語られたのは、ロイミュードを生み出した蛮野博士は彼の父親であり、その罪悪感が彼のロイミュードへの憎悪を増幅させているという、信じ難き真実であった……なお、霧子はこのことを知らないようで、剛も進ノ介に対して固く口止めをしている。つまり、剛の目的は最愛の姉が罪悪感で苦しまない様に、彼女が父親の犯した罪を知る前に一刻も早くロイミュードを全滅させることである(訓練を途中で抜け出したのはこの目的の為。また、彼がこの事実を知ったのはアメリカにいた時だと第37話にて判明)。
そして、その強い憎悪の念を第27・28話にてシーカー・ロイミュードに利用されてしまい、遂にロイミュードと融合していた人間を分離させることなく撃破する=殺害する寸前まで暴走してしまい、心身ともに疲弊しきってしまう事に……

そして第29話終盤ではなんとブレンと共に姿を現し、マッハに変身してドライブとチェイサーに襲い掛かった。上記の様に激しくロイミュードを憎んでいる彼がどうしてロイミュードの手先になってしまったのか、詳細は不明であった。
これに関して、ロイミュード001剛を仮面ライダーを倒す最強の戦士にする為に何らかの謀略を張り巡らせている事を示唆している。

続く第30話において彼もまた、001によってロイミュードへの憎しみをライダーに向けるよう記憶を改ざんされていた事が発覚したが、その事実は進ノ介から家族というものが人間にとっていかに大切なものであるかを聴いていたチェイスの意向により姉の霧子はその事実を知らされていなかった。

その真意と活躍

ところが第33話で剛を救出に来たチェイスが001に追い込まれた瞬間に、何とブレンを人質にとってロイミュード側から離反し、ブレンのタブレットPCを強奪してみせた

実は裏切ったふりをしてロイミュード側に潜入しており、目的もブレンのタブレットPCだった。ちなみに彼も特異体質だったようで、これが原因で001の能力が効かなかった(もしかすると仮面ライダーの資格者に選定された理由の1つにこの体質があるかもしれないが、詳細は不明)。
このタブレットには「ロイミュードのすべて」を記録したデータベース(=蛮野博士を模した人工知能)が存在し、それをネタにブレンが裏切りの交渉を持ちかけてきたという。剛はこれを狙って裏切ったふりをし、ブレンが隙をさらしてタブレットを奪えるチャンスを虎視眈々と狙っていた。それさえあれば、ロイミュードを一網打尽に出来ると確信して……
これ以外にも、特状課に「ミスターX」を名乗って真影壮一の行った全国一斉検診のデータを密告しており、特状課を陰から支援していたのだった。

だが、さすがに進ノ介が目の前で倒された事や彼の死によって悲しむ霧子の表情を見た事によるショックは大きく、奪ったタブレットをヤケになって捨て去ろうとしてしまった。だが寸前でチェイスに組み臥され、タブレットの情報を霧子のために活かせと諭される。
その後、霧子の自宅に向かい、彼女の前で土下座しながらことのいきさつを説明して懺悔。その誠意が伝わり、何一つ叱らずに自分を許して信じ続けてくれた姉に「これで姉ちゃんはまた笑顔になれる」とタブレットから得た情報を書いたメモ帳を見せて情報を提供した。そして、そこにあった計算式はある奇跡への足がかりとなったのだった。

以後の行動

上記の出来事以降しばらくの間は、自責の念から「今更仲間面出来ない」として特状課やドライブピットに姿を見せずに単独行動を取り、前述のタブレット内の人工知能の研究及び活用法を見つけようとしていた(ちなみに、人工知能の事を第33話では「蛮野博士」、第34話以降は「父さん」と呼んている)。

第35話ではシーフ・ロイミュードとの戦闘に加勢する形で進ノ介やチェイスと再会したものの合流はしなかった。ちなみに第33話の事があった後もチェイスに対してはどこか突き放した態度を取っており、「俺はお前のダチじゃない」と告げた。また、同話終盤ではタブレットを取り戻しに来たハートと対峙した。

続く第36話にてハートとタブレットを巡って戦闘になるも敗北、奪われかけるが蛮野博士自身の力によりその場を切り抜ける。
その後、ブレンの毒に侵された唐沢ゆかりを救うために、彼女の治療を蛮野に依頼したチェイスと共にその治療を見守り、治療が成功した後は元気なゆかりとチェイスと一緒にゆかりを救出!イッテイーヨというコメント付きの動画を撮影して特状課に送信、ゆかりの安否を心配していた進ノ介を安心させた。
そして同話終盤にて追い詰められた仁良とブレンが正体を表した際に、遂に進ノ介・チェイスと同時に変身。
ライダーが3人になってから実に10話かかって、ようやく3人が揃い踏みした瞬間であった。

それ以降もしばらくは蛮野と共に単独行動をしていたが、第38話にて蛮野の静止を振り切って他の仮面ライダーとクック・ロイミュードとの戦闘に加勢した事が切っ掛けで、第39話以降は再び特状課に出入りするようになった。

しかし第39話にて、蛮野が特状課の面々に自ら正体を明かしたことで姉に自らが隠していた真実を知られてしまう。それでも霧子を安心させるべく、蛮野が悪人で無いと証明する為に彼の言葉を信用してトルネード・ロイミュードの事件に取り組むが、同話終盤にて蛮野がライドブースターを操り自分達を襲撃するという信じがたい光景を目の当たりにしてしまう。

そして遂に第40話にて、ハートから父親である蛮野天十郎の邪悪な本性と自分たちは彼の復活の為だけに利用されていたと言う最悪の現実を知らされて絶望してしまう。しかし進ノ介からの激励を受け、彼が自分の父親の事件と向き合い続けた様に、父親から決して逃げずに向き合い蛮野を含めた人類を脅かす『全ての悪』と戦う覚悟を決めて立ち直り、終盤でトルネード・ロイミュードに苦戦するドライブの援護に駆け付け、撃破に大きく貢献した。

また、チェイスとの関係も前述の仁良との決戦や第37・39話でのロイミュード006の襲撃等で共闘を重ねるにつれて徐々に良好な方向に向かって行っている様で、なんやかんやで彼の相談に乗ったり彼に笑顔を向けたりと、これまでの彼なら考えられない行動も増えてきている。

しかし、第41話での事件を「メディックによる卑劣な人体実験か何か」と決め付けたり(彼女の場合前科があるのでやむを得ない部分もあるが)、第43話にてチェイスに「お前はロイミュードなんだ!ダチになれる訳があるか!」と言う発言をしたりと、話数が進むにつれてロイミュードに対して共感の様な感情を抱き始めた進ノ介とは違い、ロイミュードへの不信感は拭えていない模様。

ただ、第43話にてブレンの最期を目の当たりにした際には怒りを爆発させており、同話ラストでの蛮野の卑劣な策略から進ノ介やチェイスのみならず敵幹部であるハートやメディックをも庇っている。

チェイスとの友情、蛮野との決着

そして遂に第44話にて蛮野との最終決戦を迎える。しかし前述の蛮野の策略から皆を庇った際に剛の肉体は大ダメージを受けてしまっていた。その事に気付いたチェイスに戦線離脱を勧められるもそれを拒否して作戦に参加、蛮野ことゴルドドライブと対峙する事に。

しかし、案の定ダメージのせいで実力を発揮出来ずに変身解除にまで追い詰められ、危うく蛮野の手によって始末されかける。しかし、身代わりとなって彼を救ったのはチェイスであった。

自らを庇い倒れたチェイスから、「人間が俺にくれた宝物」である運転免許証とシグナルチェイサーを託される事に。そして彼は蛮野を倒すべく自爆してしまい、剛は彼の最期に立ち会った唯一の人物となった。

だが、それでも生きていた蛮野がチェイスの事を「無駄死に」「愚か者」と侮辱するとこれに激昂。

「人間じゃねえ奴が…こんなに優しいのによ!腐りきったお前の心こそ一番愚かだ!」

激しい怒りのまま変身してゴルドドライブに立ち向かうも、これまでの肉体へのダメージやマッハとゴルドドライブとのスペック差から返り討ちにされてしまい、遂に戦闘不能状態に。

薄れゆく意識の中で、剛はチェイスとのこれまでの出来事を思い出し、意地を張り続けて今まで気づかなかった自分の本当の思いを自覚する。

それは紛れもなく、チェイスとの間に芽生えていた「友情」だった。

ボロボロの身体でありながら、自分や霧子、クリムを利用し、「ダチ」であるチェイスの命を奪った蛮野への更なる怒りの炎を燃え上がらせ、剛は再び立ち上がる。

「行くぜチェイス…一緒に戦ってくれ!」

チェイスとの友情を胸に、剛は仮面ライダーチェイサーマッハへと奇跡の変身を遂げた。

lap.46「彼らはなぜ戦わなければならなかったか」


一緒に戦ってくれ。



その後はこれまで敵わなかったゴルドドライブを圧倒。奪われたゼンリンシューターシンゴウアックスをも取り戻し、彼を追い詰める。
そして、仮面ライダーチェイサーの幻影と共に放ったライダーキックで、遂にゴルドドライブを撃破した。

戦闘終了後に、駆け付けて来た霧子に自らの思いを吐露。チェイスとの友情を認めようとしなかったことを、強く悔いていた。

しかしゴルドドライブは撃破したものの、シグマサーキュラーは「シグマ」として覚醒、全世界規模の重加速を発生させてしまった。そして蛮野はドライバーの状態でしぶとく生き残っており、その混乱に乗じてデータを再構築、復活しようとしていた。

だが、剛はそれを見過ごさなかった。シンゴウアックスを手に、彼は蛮野の元へ歩み寄る。
そしてシグナルチェイサーを装填し、剛はトドメの準備に入った。

――ヒッサツ! マッテローヨ!


「……ま、待て! 待つのだ剛!
 この私の偉大な頭脳を、この世から消してはならない!」

操るボディを失い己の本体であるバンノドライバーは損傷し、もはや先刻までの剛やチェイスを蹂躙していた力など残されていなかった蛮野は、剛に情けなく命乞いをするも、彼にはそれを聞く気など少しも無かった。


―――イッテイーヨ!


「行っていい…ってさ」


そして剛は、蛮野にシンゴウアックスを振り下ろした。


「さよなら…、父さん。俺の未練…」


こうして、すべての元凶であった蛮野との因縁は剛自身の手によって決着を迎えた

その後は元々のダメージに加え戦闘での疲労等が重なったことでさすがに心身共に限界を迎え、姉にシフトデッドヒートを託して彼女がシグマの重加速内で動ける様にした後、自身は重加速の影響下で完全に静止した。

そして未来へ

戦いはハートの消滅を以って、ついに終わりを迎えた。
特状課も活動休止し、それぞれが自分の未来へと進んでいく中で、剛はシグナルチェイサーを手に旅に出る。いつか、ダチの魂を取り戻せる時が来るように

そんな彼を追って、ハーレー博士がサイドカーでやってくる。
彼は自分もまた「剛の家族」と言い、剛も「本当に自分のことを思ってくれる奴が家族」と、戦いを経て父の呪縛を振り切った。
そして、ハーレー博士のサイドカーの運転を変わり、彼と共に走り出して行った。

その後はチェイスの魂を探して世界を放浪。行く先々で発表した自然や動物の写真が話題となり、幻のカメラマンとして世界的に有名になっている。

遂に主役

2016年4月20日にチェイスを主役にしたVシネマ作品『ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』と共に、講談社キャラクター文庫より剛を主役にした公式小説作品小説仮面ライダードライブ マッハサーガが発売された。

物語の舞台は本編最終回の2年後で、その後の剛の人生や初変身時のエピソード等を取り上げられている。








以下、小説版のネタバレにつき閲覧注意!!
































正しい仮面ライダーの在り方を模索しながら旅を続けていたが、テロ予告によって延期されていた進ノ介と霧子の結婚パーティーに参加するために二年ぶりに帰国。しかしまたしても発生した、西堀によるロイミュード事件の大規模模倣犯罪に仮面ライダーとして関わり、かつての特状課の面々と共に事件解決に奔走することとなる。

捜査の中でチェイスのコピー元である狩野や、西堀の娘でありかつて自身の怒りを爆発させた令子と関わりを深めていきながら自身の過去を振り返り、仮面ライダーとロイミュードの関係を見つめ直していく。令子とは怪物の様な父親の元に生まれたという似た境遇にあることから徐々に親密になっていき、彼女を蔑む西堀に彼女の真意を代弁し、それを踏み躙られた時には蛮野に感じたものと同じ怒りを覚えている。

西堀の死後、令子と共に真の黒幕を突き止めることを決めたものの、令子は服毒自殺を図り意識不明となってしまう。彼はそれが黒幕の手によるものと一人信じ、令子の残したヒントから黒幕の正体を突き止め、自身を呼び出した黒幕に一人立ち向かうことを決める。

正しい仮面ライダーの在り方はまだ見つけていないものの、りんなを説得し5分間しか変身できないプロトタイプマッハドライバーと、チェイスの「人間に近付こうとした魂」の宿ったライノスーパーバイラルコアの改造品であり、ロイミュードと人間の技術が合わさったシフトバイラルコアを手に黒幕の元に向かう。

リベンジャー・ロイミュードへと進化した005との戦いの中で、「人間とロイミュードが互いに補い合うことが仮面ライダーの完成系」だと自分なりの結論に辿り着き、チェイスの思いを宿した超デッドヒートマッハへ変身し、リベンジャーを撃破した。

戦いの後、コアが破壊された005が蘇ったことから、チェイスも復活できるとりんなに協力を頼み明るい未来を確信した。


同年4月15日にはドライブサーガ第二弾の一つとして同じくマッハが主役の『仮面ライダーマッハ』の制作が決定した。こちらもマッハサーガとリンクした内容となっているようである。


その他

第12話の終盤で進ノ介が事件の核心に辿り着いた際に「進ノ介の脳裏に浮かんでいた映像を現場に転がっていた柄杓で叩き落す」という、どこからどう突っ込めばいいのか分からない謎の技を披露した。まっとうに考えればただのメタ表現だが、その後進ノ介が叩き落された脳内映像のパネルを拾い集めていたため「逆に脳内映像を実体化させている進ノ介の方がすごいのではないか」とも言われる。

仮面ライダーの多くが洗脳されショッカーの手下となる、という衝撃の展開で始まる映画『スーパーヒーロー大戦GPで』は、進ノ介さえ洗脳されている状況でありながら洗脳を免れており、人類の自由と平和のために戦い続けていたが・・・結末部分において何と死亡してしまい、復活のチャンスさえ与えられなかった。この展開は視聴者に大きな衝撃を与えた。
だがそれは、結果として見れば映画の続編である『仮面ライダー4号』への前フリであったようで、同作である人物の犠牲と引き換えに死を免れて復活している。

幼少期を演じた橋爪龍は『特命戦隊ゴーバスターズ』の桜田ヒロムの幼少期も演じていた。

チェイスの宝物である免許証の「特例により下記の者が所有することを許可する」という項目に『詩島剛』と記載されていた

関連イラスト

【14話】どらいぶ感想らくがき
オツカーレ!!


ごーくんマッハ
マッハ



関連タグ

仮面ライダードライブ ドライブサーガ 小説仮面ライダードライブマッハサーガ マッハ夢想伝

ハーレー・ヘンドリクソン 詩島霧子 泊進ノ介 チェイス 蛮野天十郎 ヒュプノス

仮面ライダーマッハ 仮面ライダーチェイサーマッハ ネクストシステム シグナルバイク マッハドライバー炎 

アメイジングサーカス

もう進兄さん一人でいいんじゃない? 

火野映司:同じく死んだ仲間の怪人を蘇らせる方法を探す為に、決戦後にその仲間の形見を手に旅に出た先輩。

カメラマンライダーの先駆者たち

一文字隼人瀬川耕司相川始門矢士

pixivに投稿された作品 pixivで「詩島剛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2315961

コメント