ピクシブ百科事典

深海マコト

ふかみまこと

仮面ライダーゴーストの登場人物。仮面ライダースペクターに変身する。
目次[非表示]

「お前は甘い…考えも、戦う覚悟も…すべてが甘い!」
「俺の生き様、見せてやる!」
「例えお前が何も信じられなくても、俺はお前を信じている」
「俺は負けん!友の為に!!」

演:山本涼介/多賀蓮真(幼少期)

概要

仮面ライダースペクターに変身する青年。第5話より登場(ただし、第3話にて彼と思われる人影が一瞬だけ登場している)。
天空寺タケルとは正反対のクールな性格で合理的な考え方の持ち主。更に戦闘のエキスパートで、戦いでもタケルの一枚上手をいくライバル。

その正体はタケルやアカリの幼馴染で、妹のカノンと一緒に遊んでいた青年。「10年前に神隠しみたいに行方不明になった」が、実はとある事故によって『眼魔の世界』に飛ばされてしまっていた。

物語当初は、タケルと同様に眼魂(アイコン)を集めていた。しかし、ここでもタケルとは対照的に、眼魂集めのためにはどんな非情な手段を用いることも辞さない。暴力に訴えたり、無関係な人々が巻き添えになろうと、眼魂を全て揃えることに執着していた。
後にその目的は、何らかの事情で眼魂に封印させられた、妹=深海カノンを生き返らせることであることが判明する。

アランとは知り合いらしく、「親友」と呼ばれている。マコトの眼魂収集やアランの研究について互いに協力し合う様子が見られたものの、後にマコトが人間として生きる道を選んだことで、その関係はぎくしゃくしたものとなり始めていた。

アランはマコトが決別を宣言しても彼に執着心を抱き続け、マコトもまたアランと戦うことを拒んでいたことで両者の関係は平行線を辿っていた。
しかし第17話においてナイフ眼魔との戦闘中に、業を煮やしたネクロムに変身したアランに吹っ飛ばされ、身動きの取れない状態で無理矢理アランに、ネクロムゴースト眼魂をゴーストドライバーにセットされた。そして彼はネクロムスペクターへと強制変身させられ意志を失ってしまう。

第20話ではネクロムゴーストアイコンの力から解放され正気に戻る。再度スペクターに変身し、ゴーストと共にネクロムを撃退した後、自身の肉体は眼魔の世界にあるという衝撃の事実を打ち明かした。

本編での活躍

第7話にて彼の正体が判明する。深海兄妹は「10年前に神隠しみたいに行方不明になった」が、実はとある事故によって『眼魔の世界』に飛ばされてしまっており、「地獄の様な日々」を送った末に何とか脱出した模様だが、カノンの魂は妹眼魂の中に封印されてしまったことが明かされた。

それ以降、マコトはカノンを甦らせる事だけに全力を注ぎ、邪魔者には一切容赦しない非情な狩人と化した。昔のマコトを知っているアランからは「変わってしまった」と評され、当のカノンにも「こんなのお兄ちゃんじゃない」と嘆かれても、彼の暴走は止まらなかった。

だが西園寺がタケルやマコトから眼魂を強奪し、15個の眼魂が揃った事でグレートアイが出現。資格を持たない西園寺は拒絶されて消滅し、代わりにグレートアイの中に吸い込まれて願いを言うように問われたタケルは、カノンを生き返らせる事を選択する。元の姿になって戻ってきたカノンを抱きしめたマコトは、涙ながらにタケルに感謝を述べて和解し、共闘の道を歩むことになった。

だが、親友であったアランを裏切ってしまった事に対して罪悪感がある様子。また「けじめをつけなければいけないことがある」と言いタケル達とは距離を置いているものの、タケルがピンチに陥った際には救援に駆けつけている。

その後、決別してもなおマコトに執着し本当の友を求めるアランに、ネクロムスペクターへと変身させられ意思を奪われてしまう。しかしカノンやタケルにゴースト眼魂らによって、なんとか自我を取り戻す。

しかしその後タケルに対し「自分の身体は眼魔の世界にある」と衝撃の事実を明かし、単身でけじめをつけに眼魔の世界へと向かう。
そのけじめとは、「自分の身体を取り戻すこと」「自身を育ててくれたアリアに礼を言うこと」「アデルとの決別」であり、後者二つは実現した。
だが大帝であるアドニスが暗殺され、その罪がアランに着せられていることを知り、生身の肉体となり傷だらけになったアランを庇う形で、自身の身体を取り戻すことは叶わないままアランの力で人間世界へと戻ることとなる。

第23話では、生身の身体を持つようになったアランに食事を与えるなど世話を焼き、ウルティマとなったジャベルに命を狙われる彼を身を呈して守る。
そして絶体絶命の危機に陥ったアランをウルティマの攻撃から命懸けで庇ったことで、瀕死の状態に陥ってしまう。涙を流すアランには「俺がお前の命を繋ぐ」と満足げに微笑みかけ「想いは繋がるんだ」と言い残し、眼魂となって消滅する。

その身体は眼魔の世界に残されており、第27話で目覚め、結果的に残っていた「自分の身体を取り戻すこと」のけじめをつけたこととなった。イーディスから意味深な言葉を受けつつも、自らの決意と共にディープスペクターゴーストアイコンを手に取る。そして28話でとうとうその力を開放してディープスペクターとなり、ガンマイザー・ファイヤーに挑みこれを撃破した(ただし、倒したファイヤーは後にプレートが復活している)。
第29話以降はタケル、アラン、大天空寺の面々らと共に眼魔の野望を阻止すべく戦い続ける。

しかし第36話では、眼魔幹部の衣装を纏ったマコトのコピーが出現。
続く第37話ではコピーである彼も本物のマコト同様スペクターに変身し、本物のマコトが変身したディープスペクターと激突する。一度は敗れて消滅するコピーのマコトだったが、その直後に何事も無かったかのようにすぐに復活、再び本物のマコトと激突。「お前が本物だとどうして言い切れる?」と、本物のマコトを惑わせるような発言を残す。
本物のマコトも、何度も彼と戦っている間に謎の痛みを身体に感じ取り、戦闘が終わった後に一度気を失ってしまっている。そしてアデルの傘下には、マコトのコピーが無数に並んでいる光景が…。
上記の原因についてはイーディスも何となく心当たりはあるようだが、詳しい事は彼にもわからないらしい。
そして第43話で今まで倒されたガンマイザー逹が一斉に復活し、第45話では遂にコピーマコトも本物のマコトと同じようにディープスペクターに変身するようになり、更に第46話では本物のマコトと全く同じ服装になった。このように、コピーマコトの存在はどんどん本物そっくりな状態にまで進化してきており…。

また、第39話と第40話で夏目親子のやり取りを見るなり、本来の父親への深い憎悪の心を仄めかしているようにも見えるが…真相や如何に?

最終話(特別編)では眼魔の世界を再興すべくアラン、カノンと共に眼魔の世界へと旅立った。

主な人間関係

天空寺タケル / 仮面ライダーゴースト
当初は眼魂集めの邪魔者として、その性質を「甘い」と称し、眼魂のためなら命を奪うことも辞さないほど横暴な態度をとっていた。しかしタケルにかつての「マコト兄ちゃん」であることが発覚し、妹を救ってもらえたことをきっかけに彼のことを認め始め、強い信頼を寄せている。
タケルからは「マコト兄ちゃん」と呼ばれ、昔と変わらず兄貴分として慕われている。
なお、彼の父親である天空寺龍の事は本当の父親として尊敬しており、「龍さん」と呼んで墓参りも欠かさない。

アラン / 仮面ライダーネクロム
「親友」と称される間柄であり、当初はアランもマコトに対しては非常に砕けた口調で接し、協力し合うなどの関係が見られた。しかしマコトが人間として生きる道を選んだことで、アランは友としてのマコトを失いたくないあまり強制的に洗脳するなど、価値観の相違から強硬手段にでることになってしまう。
かつて「友はいない」と言い、自身の身体が奪われたことで眼魔を快く思っていないマコトも、アランに対しては「戦っても無駄」と争う意思がない様子を見せるなど、複雑な感情を覗かせる。
そして画材眼魔と心を通わせたタケルを見て、今度こそアランとも真の友となれると考え、弟を消そうとするアデルに対しては、アランには心があるかもしれないと訴える。
アランから眼魔の世界から助けてもらったことを機に、生身の身体になった彼に笑顔でパンと牛乳を差し出すなど、甲斐甲斐しく世話を焼くようになる。一度自分を裏切ったと考え、そっけなく接してくるアランには「お前が何も信じられなくても、俺がお前を信じている」と口にした。
そしてジャベルに抹殺されそうになったアランを庇ったことで、マコトは致命傷を負ってしまう。涙を流すアランに対し「俺がお前の命を繋ぐ」と満足げに微笑み、「想いは繋がるんだ」と言い残して、眼魂となって消滅した。また、肉体を取り戻した後も父を失い戦意喪失したアランに一喝し、タケルの助言もあって眼魔の世界が完璧ではない事に気付かせた。そして今度こそ手を取り合い本当の友となった。

深海カノン
実妹。何らかの原因で眼魂になってしまった彼女を救うために、マコトはどんな手段も厭わなかった。タケルによってカノンが生き返ったのちも、やや過保護すぎるほどに彼女の面倒を見ている。普段は仏頂面のマコトも、カノンに対しては心からの笑顔を見せることが多い。
そのせいか前々からシスコンキャラとしてネタにされていたが、第34話で夢の中に行った際、様々なコスプレに身を包むカノンたちの夢を見て満面の笑みを浮かべながら大喜びすると言うかなりのシスコンっぷりを見せつけた。
もうやばい人にしか見えない…
特にこの症状が極端に悪化しているのが、公式キャラ崩壊で有名なファイナルステージで、『天下一英雄武道会』にツタンカーメン魂で参加するも本編以上にカノンに甘かった為に、あっさりとカノンが変身したビリー・ザ・キッド魂に敗れる。極め付けがドリンクを買った帰りにグレートデミアに34話よろしく…いや、34話以上の数のカノンの幻影を見せられて、あっさりとディープスペクターアイコンを盗まれてしまう。グレートデミアの検索によればマコトの弱点は『深海カノン』であるとの事。もうヤバイどころの騒ぎではない…。色々と手遅れである。
ただ、後述にある彼と彼女の出生を考えると笑えないこともまた事実。

???(※リンク先ネタバレ注意!!)
マコトとカノンの父親。何らかの理由で二人の前から姿を消し、亡くなった母の葬式にも来なかった彼の事をマコトは嫌っている(その為、母の葬式に来てくれた龍の事を父親として認識している)。
しかし…。

所持眼魂リスト

注意:一つの欄に書きすぎるとはみ出し読めなくなります。「確認」の段階で読める状態かどうかチェックをお願いします。

第28話終了時点で所有眼魂は3個。
※ここでの眼魂とは目的達成の為の『英雄の眼魂』。スペクターゴーストアイコン、ディープスペクターゴーストアイコンは除外。

第4話-ノブナガ
※スペクターのみでの登場。
第5話-エジソン
※タケルを戦闘で圧倒してエジソンを強奪。
第6話-なし
※ムサシゴーストアイコンを奪おうとするが撤退。エジソンはアランに貸し与えた。
第7話-エジソン群青色のアイコン
※実験が終わったとして、アランから返却された。
(ツタンカーメンゴーストアイコン、群青のアイコン)※既に入手済。
第9話-なし
※ゴーストに変身解除に追い込まれたがアイコンは奪われていない模様。
第10話-なし
※西園寺が差し向けた青龍刀眼魔により奪われてしまった
第11話-ノブナガツタンカーメン群青色のアイコン
15個の眼魂全てが離散したがそれぞれ回収され、当初所持していた3つは彼の元に戻った。
第15話-フーディーニゴーストアイコン
※「群青のアイコン」が使用可能に。総数に変動無し。
第23話-なし
アイコンドライバーGから分離した後、タケルの元へ。
第27話-ディープスペクターゴーストアイコン
※イーディス長官からマコトの下に託される。
第28話-ノブナガツタンカーメンフーディーニ
※マコトが不在時にタケルの元にあったマコト所持の眼魂が彼の元へ戻った。

関連タグ

仮面ライダーゴースト 仮面ライダースペクター 深海兄妹

秋山蓮 橘朔也 呉島貴虎…同じく主人公より先に仮面ライダーとなった人物達。貴虎はマコトと同様一度主人公ライダーを打ち負かし、恐怖心を植え付けた事がある。彼らも主人公と和解している。
天道総司…同じく普段はクールだが、妹に関してはシスコンっぷりを発揮するライダー。
駆紋戒斗…同じく主人公のライバル的位置に存在するキャラクター。支配して自分の物にする強者主義な考え方も共通している。彼も主人公と和解している(最終的に敵になってしまったが)。
氷川誠…過去に仮面ライダーに変身してた同名の前任者。彼は前者達とは違い最初から味方だった。」
鏡飛彩…次作の青い2号ライダーの変身者。平成ジェネレーションズではタッグを組んでギリルバグスターに挑む。なお、ガンバライジングでチームを組むと…。ちなみに飛彩が(ゲームに登場する)英雄の姿に変身するヒーロー、マコトは英雄の力を借りるヒーローという点で差別化されていたりもする。

陣マサト・・・こちらも肉体が異世界にあった特撮ヒーローの変身者繋がり

Vシネマ(ネタバレ注意)


























最終話の後日談を描く、マコトが主役のVシネマである『仮面ライダースペクター』にて、アラン、カノンと共に眼魔の世界に旅立った後の話や、アランとの出会いから友情に結び付いたエピソード、そしてもう一人のマコトについて描かれた。そしてこの『スペクター』で彼の正体が判明した。彼は眼魔世界の創設者の一人ダントンが作り出した究極の人間の完成品として生まれた(ダントン曰く、本名はリヨン)。しかし、その手伝いをしていた深海大悟(当時はゴーダイという名前)に連れ去られた。妹のカノンも彼と同じダントンの実験で生み出された人形であった。

余りに衝撃的な事実を前にマコトは激しく動揺し、自分たちはいったい何者なのかと苦悩する余り嘔吐、気絶し、更には絶叫して地面をのたうち回る始末。彼の精神は大きく疲弊してしまうのであった。

マコト「どうして俺たちを作ったんだ!? 俺たちは偽物だ!! 心のない人形だ!! 俺たちはいったい何なんだよ!?」

ダントン「お前たちは人間だ!! 私の子供たちだ!!」

しかしカノンを落石から身を徹して庇い、自分を人間として扱ってくれる上に、賛同者たちに救いの手を差し伸べるダントンを信じるようになったが、それによってアランと対立することとなってしまう。
人々を救いたい思いは同じながら、再び戦うこととなってしまう二人。結果はマコトが辛くも勝利するものの、アランは重傷を負い倒れてしまう。
アランを手にかけてしまったマコトは逃げるようにダントンの下へ戻ったが、そこでダントンの狂気を垣間見てしまい、自分の過ちを痛感する。
マコトはカノンを逃がすと、細々と自分の罪を数えた。

・ダントンの理想を信じてしまった罪
・眼魔世界の人々を危険にさらした罪
・アランを手にかけた罪
・仲間を信じなかった罪
・兄妹(失敗作)の未来を絶った罪。 (この時自分の手で兄妹たちをガンガンハンドで射殺した。)
・ダントンの罪
・ダントンを信じたマコトの弱さと言う罪

7つの過ちを認めそれを背負い生きるという覚悟により出現した『シンスペクターアイコン』によりマコトはシンスペクターに変身し、ダントンを止めるべく戦いを挑む。

心を鍛えてくれた父・天空寺龍
厳しかったけれど、自分を育ててくれた父・深海大悟
そして、自分をこの世に生み出してくれた父・ダントン

そんな父親たちの思いを繋いで生きていく決意と共に、マコトは激闘の末ダントンを倒した。
そしてラストでアランが演説を行う中、アリアとともに間近で見届けるカノンとは対照的にマコトは彼の下へは戻らずにどこかへ歩き出した。

彼がこの先どのような道を往くのかは分からないが、3人の父親の思いと自分の罪を背負って、これからも前に進み続けることだろう。

その後発売された小説によれば、ダントンの言っていた力が完全に覚醒した彼は、自分に組み込まれていた様々な知識や能力(相手の傷を癒すなど)自身の力を使って眼魔世界の住人たちを救うべく世界を放浪しているらしい。

pixivに投稿された作品 pixivで「深海マコト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1207575

コメント