ピクシブ百科事典

天下一武道会

てんかいちぶどうかい

ドラゴンボールおよびそれを原作とするアニメに登場する架空の大会。
目次[非表示]

概要

5年に一度、南国パパイヤ島にある、武道寺の中で世界最大の規模を誇る武道寺で行われる。
会場は武道寺の境内にある。

予選の参加人数には制限がないが、本大会に出場できるのはその中から勝ち残った8名のみ。本戦出場者を決める予選の試合は出場者を8ブロックに分け、競武館という場所の中で関係者と出場選手のみだけで行い、各ブロックで勝ち残った1名が本戦出場者として出場できる。(しかし第24・25回で予選の形が変更された。第28回は予選自体はあったようだが連載終了間際と言う事もあってか描写は完全にカットされた。)

参加資格はかなり緩いらしく、武術家どころか人外の猛獣さえ出場できる(人間のように意思疎通ができる程度の条件は必要?)。
また、偽名(ジャッキー・チュンマジュニアなど)や匿名での出場も可能。
…流石に武装内蔵サイボーグ(しかもプロの殺し屋)が平然と参加できてしまうのはどうかと思うが…。

優勝賞金は当初は50万ゼニーだったが、後に(第24回か第25回以降)1000万ゼニーに変更され、大幅に上がった。

25回以降のスポンサーはミスター・サタン。
ピッコロの破壊からの復興でかサタンの資金の影響か、それ以前では地方のプロレス興行の如く立ち見が基本で角度の無い観客席が、この頃には全席座席で角度が付き観戦環境が大きく改善、武舞台も広くなり様変わりしていた会場に悟空は驚いていた。賞金が多くなったのも、恐らくこの影響と思われる。

作品内で描写されている範囲内では、第28回を除いて確実に単行本で2巻以上を費やし、大会自体が次の大きな戦いの幕開けとなっている傾向が強い。

ルール

  • 予選でのルールは競技台から落ちたり気絶した場合、降参したり泣いた場合に負けとなる。
  • 本戦ルールでは勝負はどちらかが舞台から落ちた場合、ダウン後10カウント以内に立ち上がれなかった場合、降参した場合に決定する。
  • 相手を殺したり、武器の使用は一切禁止であり、行った時点で即失格となる。防具の着用も認められてない。
    • 武器以外の小道具については、認められるか反則負けになるかは審判の裁量や審議によって決まる様子。
    • 他にも対戦相手が了承した場合は除外されるケースもある。
    • カツラや覆面など正体を隠すレベルの物なら問題は無い様子。余談だが超重量のブーツやインナーに対しては特に何も言われていない。
  • 目潰し急所攻撃金的)は反則で、その部分に偶然当たってダウンした場合にはカウントは取られない。
  • ダブルノックアウトの場合は、先に立ち上がり「優勝したもんねー」とにこやかに宣言した方を勝ちとする。
    • これは厳密に判定され、ほんの1文字でも言いきれなかった場合は無効となる。


余談

第25回では試合放棄者が相次いだため、ミスターサタンの提案により緊急でバトルロイヤル形式に変更された。
アニメ版の第28回大会では、1回戦の時点から総計4名もの試合放棄に見舞われたため大会そのものが中止となった。
 
第22回の直後、参加選手の名簿が、ピッコロ大魔王の手下タンバリンによって奪われ、住所を突き止められた選手たちが次々に殺されてしまった
その時の悲劇を繰り返さないためなのか(単に作者が名簿と住所の設定を忘れていたのか)第25回の時点では選手の住所を控えていないらしく、武道会の直後、係員が魔導士バビディにマジュニアたちの事をチクった際には名前だけしか教えられず「住所まではちょっと…」と言っていた
 

試合の形式と詳細

第21回天下一武道会

孫悟空、クリリン、ヤムチャ、亀仙人が初めて出た武道会。
予選に1分の制限時間がついている。
悟空達が平和に試合でき、かつ試合放棄がなかった唯一の大会でもある。
また、何気にこの大会から試合で会場が破壊されている
亀仙人はジャッキー・チュンという偽名で出場している。
優勝者はジャッキー・チュン。準優勝者は孫悟空。

第22回天下一武道会

天津飯と餃子が初めて出た武道会。エントリーした選手は182名。
この大会から、参加人数の増加により3年に一度と開催間隔が短くなった他、予選の制限時間が廃止されている。また、対戦相手を殺すのと武器の使用が反則であると明らかになったのもこの大会から。
この大会で武舞台が破壊された。
優勝者は天津飯、準優勝者は孫悟空。
武舞台を全壊した後の空中戦の末、孫悟空が走っていた車に当たってしまい優勝を逃す。
天津飯は「勝ったのは運だ、実力では負けていた」と孫悟空の強さを認めていた。

第23回天下一武道会

前回同様、3年後に開催。
前回の大会が極めてレベルの高い大会だった影響か、エントリーした選手が72名と大幅に減少した。
マジュニアが初めて出た武道会。
この試合の決勝戦で武舞台のみならず、会場および島全体が荒野と化してしまった
(観客達は荒野と化す前にマジュニアがピッコロ大魔王の生まれ変わりだと判明した途端に全員恐れて逃げたものの、
時間的にそこまで経っておらずピッコロが放った攻撃で全員犠牲になった可能性もある、
爆風で破壊される様子では人が描かれていないため不明。)
優勝者は孫悟空、準優勝者はマジュニア。

第24回天下一武道会

約10年後の開催(大全集によると11年後の模様)。開催がこれだけ大幅に遅れたのは、前回の大会でマジュニア(ピッコロ)が会場を島ごと壊滅させてしまった為と思われる。
この試合は作中では描写されなかったが、開催時期は少なくともセルゲームより前である。大全集によると、人造人間19号戦の5日前とのこと。
悟空たちは人造人間戦への備えもあったためか、知ってはいたかもしれないが誰も出ていない。
この大会で少年の部が新設された。優勝賞金は不明。
優勝者はミスター・サタン(大人の部)とビーデル(少年の部)。

第25回天下一武道会

作中4度目の武道会。ベジータ、孫悟飯、18号、孫悟天、トランクスが初めて出た武道会。
この大会から大会の扱いがぞんざいになる
ヘルメットなどの防具が反則と判明したのは、この大会(もしくは前回)から。
大全集によると、7年後に開催された模様。

賞金はこの大会(もしくはその前回)から1000万ゼニーに変更、5位まで100万ゼニー以上の賞金が出るようになった。
本戦出場者も、ミスターサタン(無条件に出場)をふくめた16名に倍増している。
予選の形式が変更され、戦わない代わりにパンチングマシンの数値で決勝進出者が決まるようになった。
しかし、この時点では既に悟空たちが強くなり過ぎていたため、軽く小突いたりデコピンするなど、思い切り手抜きをしながらも200前後の数値がポンポン出ていた。
(ちなみに、ミスターサタンは全力のパンチで137、一般人で61~112ほど、
ベジータはほとんど加減無く殴った結果、マシンをバラバラに破壊してしまった。)

また、この大会(or前回)から決勝トーナメントに30分の制限時間が出来た。

優勝者はミスター・サタン(大人の部)と、トランクス(少年の部)
しかし、この大会の優勝直後に観客席が破壊され、観客が大量に死亡する描写が確認される。

第26回天下一武道会

詳細不明。優勝者はサタン、準優勝者はミスター・ブウなこと以外一切不明。
優勝賞金不明。大全集によると、4年後に開催された模様。
つまり、破壊神ビルスが地球に襲来した年(映画神と神)に開催されたことになる。

第27回天下一武道会

詳細不明。優勝者はサタン、準優勝者はミスター・ブウなこと以外一切不明。
優勝賞金不明。大全集によると、この大会から3年後に戻った模様。
つまり、ブラ誕生の翌年に開催されたことになる。

第28回天下一武道会

原作中最後の武道会。ウーブが初めて出た武道会。
この大会時、すでに少年の部が廃止されている。本戦出場者は12名&ミスターサタンが決勝でシードされている。
優勝賞金不明。優勝者・準優勝者も不明。(アニメでは棄権者が多すぎて試合にならない、と、大会そのものが中止になった模様)

関連タグ

ドラゴンボール
亀仙流修業編 ピッコロ大魔王編 魔人ブウ編 平穏な世界編

バクテリアン ナム ランファン ギラン ジャッキー・チュン
パンプット オトコスキー チャパ王 プンター マイティマスク
キーラ スポポビッチ ヤムー

暗黒武術会

関連記事

親記事

ドラゴンボール どらごんぼーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「天下一武道会」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「天下一武道会」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 373082

コメント