ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:江川央生

概要

魔人ブウ編序盤に登場した敵キャラクター。
ヤムーと同じくバビディに操られていた地球人。筋骨隆々の大柄な体格に血走った目、血管の浮き上がったスキンヘッドと、かなり人外じみた容貌だが、れっきとした人間である。
バビディの洗脳により大幅に力を上げ、エネルギー弾や放ったり空を飛ぶことも可能になった。

天下一武道会の参加選手として初登場し、一回戦にてビーデルと対戦。
彼女の猛攻を耐え抜き、スタミナ切れを迎えたところで、ほぼ1話まるごと使ってビーデルを嬲り物にした。その残虐ぶりは、温厚篤実な優等生のハズの孫悟飯「許さんぞあのくそ野郎!!」と口汚い罵り文句とともに超サイヤ人化するほど。あくまでルールの範疇であったため、この衆人環視の暴力ショーはヤムーに咎められるまで続き、最終的にビーデルを場外に落とし勝利した。

その後、超サイヤ人に変身した悟飯のエネルギーを吸収して逃げ去るが、界王神らに尾行されたため、バビディに用済み扱いされて処刑される(その後、ヤムーともども終盤のドラゴンボールの願いで生き返ったか不明)。

天下一武道会に出場していたジュエールとキーラの回想によると、以前の大会(バビディに洗脳される前)では長髪に無精髭を生やしていたらしく、吹き出しに以前の姿が登場している。また、アニメ『ドラゴンボールZ(以下『Z』)』では過去にミスター・サタンと戦い敗北するアニメオリジナルシーンも描かれている。

同じく『Z』では、当時、原作が連載中だったこともあり、各話で引き伸ばしがされていたことは有名だが、このスポポビッチ戦も例外ではなくゴールデンタイム2話を使って動けないビーデルをひたすら殴る蹴るという、今考えればとても放送できない内容をやっていた。『Z』を再編集した『ドラゴンボール改』では半分以下の試合時間になったものの、日曜日の朝にリョナシーンがお茶の間に流れることになり、ちょっとした話題になった。

こうした影響もあってか、Pixivでも大概は彼が女性キャラクターを痛めつけているイラストが描かれる例が多く見られ、リョナの代名詞ともいえる。

余談

余談だが、ゲーム『ドラゴンボールSperking!METEOR』『ドラゴンボールZENKAIバトルロイヤル』では、スポポビッチが登場するため、ビーデルに対してのリョナが好き放題、存分にできてしまうのである。CERO Aのゲームにもかかわらず…。

ドラゴンボールヒーローズのPVでは、天下一武道会の会場でパンに打ちのめされている。親子三代に渡ってスポポビッチと対決したことになる。

海外では「リョナ」を意味するジャンル名に「Spopovich(スポポビッチ)」と定着してしまったという話がネット上では見られるが真偽は怪しい。
少なくとも現時点では海外でも「ryona」として定着しているため、例えばpixivでSpopovichと検索してもスポポビッチしか出ない。
具体的に海外に「ryona」が定着した時期は不明だが2000年代後半には使われていた様子なので、日本で誕生するまでの2000年代前半まで「Spopovich」使われていたという可能性はあるが筆者の調べる範囲では裏付けとなる話は出てきていない(情報ありましたら加筆お願いします)。

関連イラスト

特戦隊ポーズ練習中
スポポビッチ


サーバルちゃん
スポポビッチ選手



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール改
バビディ一味 ヤムー バビディ ビーデル
スキンヘッド リョナ

関連記事

親記事

バビディ一味 ばびでぃいちみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スポポビッチ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スポポビッチ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1697230

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました