ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

目潰しの意義

目潰しは主には戦闘や護身で用いられる。相手の視覚を奪い、戦闘を有利に進めるためのものである。


スポーツ・格闘技における目潰し

スポーツでは失明などの甚大な影響を相手に与えるため、多くの場合ルールで禁止される。

「なんでもあり」ルールの格闘技でも金的と並んで例外的に禁止されやすい技である。

例:ボクシングにおけるサミングの禁止


軍事警察における目潰し

ヒトは視覚に強く依存するため、短時間であっても視覚を失わせれば身動きがほとんど取れないことを利用して犯罪者確保作戦などでも用いられる手段である。

用いられるのは閃光や目が開けなくする催涙ガスを発生するもの(主に手榴弾やスプレー等)を放り込む、銃火器に固定されたものや手持ちの強力なフラッシュライトで照らす等である。

これにより身動きの取れなくなった犯人をすみやかに捕まえるのである。

また、ライトでは強い光に加えて高速して点滅するストロボ機構を搭載したり、素早く点滅させやすいデザインとすることで目潰しに加えて平衡感覚を狂わせて反撃を難しくするという事も行われている


創作における目潰し

上記のイラストのように、目潰しを行う側が手をじゃんけんのチョキの形にして相手の目を突く、というパターンが多い。

自分の体で確かめてみるとわかるが、チョキにすると人差し指と中指の先の間隔がぴったり目の間隔と一致するため、それを利用するものである。

本気で相手の目を潰すというより、ギャグ的な用途が多い。


当然、実際にやると失明の危険があるため絶対に真似してはいけない。


その他の状況

寅丸さん!みかんをあげるよ!

戦闘以外では、いたずらとしてミカンの皮をつぶしたときに出る汁で行われることもあるが、

前述のとおり、危険であるため軽い気持ちで行うのは望ましいことではない。


一方、その危険・深刻性を利用し、相手を拘束した上で『自分の目が潰されるのを嫌でも認識させる』

精神的・肉体的にもダメージを与える拷問の一環として、行われることもある。

しかし、人道的でないため、実際に行われる事は殆どないと言ってよく、あくまでもフィクションでの行為である。


あるいは『相手の目にめがけてなどの粉末液体ガス等の気体を飛ばして浴びせ、相手の視界を一定時間封じる事』を指す場合もある。


関連タグ

眼球 暴力 反則


表記のゆれ

pixivでは「目」と「眼」が変化するだけで、

別のタグになってしまうため、表記ゆれが多い。

一応ここにまとめておくので参考にしていただきたい。

目つぶし眼つぶし眼潰しめつぶし

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3034436

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました