ピクシブ百科事典

魔人ベジータ

えむのじ

魔人ベジータとは、漫画『ドラゴンボール』の登場人物・ベジータが魔人化し、悪人に戻った状態に対する通称。
目次[非表示]

「さあ オレと戦えカカロット これ以上死体の山を増やしたくなかったらな・・・!」

概要

魔人ベジータとは、「魔人ブウ編」において、ベジータバビディに洗脳された状態に対する通称。

作中ではこの状態を表す名称がなかったため、アニメ関連書籍や一部ゲームでは「破壊王子」「破壊王子ベジータ」ドラゴンボールヒーローズなど)、ごく一部のゲームでは「魔人ベジータ」(Sparking!シリーズ、レイジングブラストシリーズ)、「凶戦士ベジータ」と名づけられている。
その一方で、一部の読者の間では、に魔人化の印「M」が刻まれてあるので「Mベジータ」と呼ばれている。
M字ハゲの額にM字マークというギャグと紙一重の姿は、読者にさんざんネタにされている。

当初は悪役として登場した、亡惑星の戦闘民族サイヤ人王子ベジータ
地球での暮らしに慣れ、家族を得て徐々に穏やかな気持ちになっていく自分を許せず、生まれついての戦士としてのプライドを取り戻すため、本来なら斃すべき相手バビディにわざと魂を売り渡し、魔人化した。
しかし、バビディの術に自らかかってなお、彼の誇り高き精神はバビディの支配に決して汚されることはなく、あくまで悟空との決着にこだわっていた。

自身の秘めたるパワーを限界を超えて引き出されたことで、かつて下級戦士とみくびっていた孫悟空(カカロット)の強さに追いついたと思い込んだベジータは、雌雄を決せんがため、悟空との対決で超サイヤ人2になって対決を申し込む。
しかし、この時の悟空は超サイヤ人3になれることを隠していた上、逆に憐憫の情をかけるなどがあり、結局決着はつかなかった。
アニメ版では戦闘シーンが長く描かれ、リング状にした気弾で悟空の手足を拘束するといったオリジナル技を見せている。

この闘いの間に魔人ブウが復活。その責任からブウを斃すため単身戦うも敵わないと悟り、家族をはじめとする自分以外の者を守るため、ブウを巻き込んで自爆。ブウの肉片が残っていたことから、ブウは復活してしまうもベジータの自爆は仲間たちが撤退するまでの時間稼ぎになった。
自爆前のベジータと息子トランクスらとのやりとりは、ベジータの心の変化が如実に現れた作中屈指の名シーンと言われている。
担当声優の堀川りょうもこのシーンを気に入っている。
超サイヤ人の段階は不明だが、超サイヤ人2と同じように気にスパークが加わっている。

二度目の死亡であり、罪の無い人々を殺し悪人と見なされたこともあり閻魔大王の計らいで一時的に現世に戻されるにあたって、同席していた占いババは心配をしていた。
この時にはバビディの洗脳が解け、元のベジータに戻っていた。しかし魔術による戦闘力の向上がどうなったのかは明記されていない。

バビディの破壊王達

ドラゴンボールヒーローズではベジータの様にバビディの洗脳を受けたキャラクターが多数登場する。また、同作品には破壊王子ベジータの超サイヤ人3も登場している。

  • 破壊王ガーリックJr.
  • 破壊王ターレス
  • 破壊王スラッグ
  • 破壊王合体13号
  • 破壊王ハッチヒャック
  • 破壊王ボージャック
  • 破壊王ジャネンバ
  • 破壊王ジャネンバベビー
  • 破壊王ブロリー

敵専用で破壊王ヒルデガーンもいる。
また、名前はそのまんまだが、部下も一応破壊王になっている。破壊王ジンジャー、破壊王ニッキー、破壊王サンショ、破壊王アンギラ、破壊王ドロダボ、破壊王メダマッチャ…と、上げていてはきりがないほど多い。
破壊王Dr.ライチーはデストロンガス装置、マインドブレイクに加え、破壊王ハッチヒャックに対して防御指示も行うのでとても厄介。


因みに破壊王とは呼ばれてないが、ダーブラプイプイスポポビッチヤムーヤコンも、バビディに洗脳されているので、この中に入ると思われる。(ヤコンのみ、額ではなく、胸部にM字のマークがある。)

ゲーム

対戦ゲーム

おそらく初出はスーパーファミコン用ソフト『ドラゴンボールZ超武闘伝3』。
ハイパーディメンションアルティメットバトル22など魔人ブウ編を扱うゲームでは大体魔人化したベジータが採用されており、逆に孫悟空がベジータにあわせて超サイヤ人ではあなく超サイヤ人2で採用される場合もある。
PS2版ドラゴンボールZシリーズやSparking!シリーズなど、データ容量が増加し登場キャラクターも大幅に増え、変身までもプレイ中に再現できるようになったゲームでは、大体超サイヤ人2と同等かそれよりも少し上の性能。

ソーシャルゲーム

ドラゴンボールZドッカンバトル
技属性、速属性、力属性の3体がSSRとして実装されている。

そのうち速・技はドッカン覚醒(いわゆる進化)が実装されている。
技属性版はドッカン覚醒で、数百存在するカードの中でも数少ない「敵全体を攻撃する必殺技」を持つ。
全体攻撃は威力こそ低めだが、イベント「天下一武道会」のような7対7の大人数で戦うバトルでは7体全員に攻撃できるためかなり有利に働く。

速属性版は2回のドッカン覚醒によって最強のステータスを持つレジェンドレア(LR)まで進化可能で、実装一年近くが経っているが、インフレの頂点の一枚として存在している。
固有スキル(パッシブスキル)は必殺技発動時にATK150%UPという超高倍率のスキル。
LRは必殺技を撃つのに必要な気力メーターの最大値が通常キャラの倍あり、通常必殺技と超必殺技の二種類に変化する。
LR魔人ベジータの場合は超必殺技が技属性版と同じ全体攻撃で、威力も文字通り桁違いの一撃必殺クラスの威力になっている。

力属性版は3周年で実装されたSSRで最も新しいが、インフレが続くゲーム内で立ち位置をなくさないためか、パッシブスキルが「速気玉を力気玉※に変化、力気玉取得ごとにATKとDEF12%UP」と強力で、ドッカン覚醒した戦士並の強さを誇っている。
同時実装された超サイヤ人2孫悟空も同種のスキルを持っているが、あちらは「力気玉を速気玉に変化」させるのでスキルが食い合って相性がすこぶる悪い。


気玉とは、攻撃前に取得する気力メーター上昇に必要なもの。
同色か虹色の気玉がつながっていると連鎖して気力上昇する。
また自属性と同じ色を取得するとメーター上昇量が倍になるため、自属性色を生成できるキャラはサポートにもなる。
この場合魔人ベジータは力気玉で能力上昇するスキルをもっているため、自己完結で自身を強化できる強みがある。

アーケードゲーム

スーパードラゴンボールヒーローズ
ユニバースミッション10弾でメモリアルシークレットとして登場。アビリティは誇り高き精神。
必殺技のダメージが3倍になる効果だが、Hエナジーが9個以上だとなんと20倍ダメージになる。敵がダメージ倍増無効を持っていなければこれ1枚で無双できる。ただし、1回しか必殺技を発動できず、発動すると自分の気力が超ダウンし、受けるダメージが永続で3倍になるが、敵をKOできれば気にならない。キーソードロックで相手の倍増無効アビリティを消したり、ゴッドバードリンクで必殺技を撃ちやすくする方法もある。そもそもダメージ倍増無効アビリティがこのカードが出る1弾前に必殺技倍増にも適用されるように修正されており、恐らくこのカードとゴールデンメタルクウラのせいだと思われる。

関連イラスト

破壊王子最期の時
気高き誇り




別表記など

ベジータ 破壊王子 破壊王子ベジータ Mベジータ
ベジータベビー

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ
ブルマ(ドラゴンボール) トランクス(ドラゴンボール)
孫悟空(カカロット) バビディ 魔人ブウ ダーブラ
魔人 M 闇堕ち クロウ・ホーガン

関連記事

親記事

ベジータ べじーた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔人ベジータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168140

コメント