ピクシブ百科事典

亀仙流修業編

かめせんりゅうしゅぎょうへん

ドラゴンボールのエピソードのひとつ。
目次[非表示]

概要

ピラフ一味を倒した後のエピソード。
名前の通り、亀仙人のところで修業する話である。
武道家孫悟空の原点を書いた話。9ヶ月弱の出来事。
この話なくして悟空のことを語れないであろう。

第21回天下一武道会編はなぜかこのエピソードの中に含まれないことが多い。
この記事では便宜上、第21回天下一武道会編についても触れる。

20キロの亀の甲羅を背負ったまま半年間牛乳配達をする(仕上げは40キロ)、畑を素手で耕す、亀というサイン入りの石コロ集め、高さ推定8メートル台(これは3階建てビルよりも高い)の大岩を動かすなどの修業を7か月間行った。
また、悟空に「よく動き、よく学び、よく遊び、よく食べて、よく休む」という修業の基礎を伝授した話でもある。
そして、この話で亀仙人が話した「武道は勝つためじゃなくおのれに負けないために励むもの」という教えは後に悟空に大きな影響を与えることになる。

悟空達はこの修業の最終試験として第21回天下一武道会に出場することとなる。
最終的に悟空もクリリンも天下一武道会で亀仙人と直接対決をするのだが、2人とも敗北してしまう。(余談だが、亀仙人が悟空達と戦ったのはこの試合が最初で最後である)
しかし、この試合を切っ掛けに2人とも更に実力を伸ばす決意をし、最終的に亀仙人の実力を超えることとなった。

登場人物

孫悟空
クリリン
亀仙人
ランチ

第21回天下一武道会編

ヤムチャ
ジャッキー・チュン(亀仙人)
バクテリアン
ナム
ギラン
ランファン

関連タグ

ドラゴンボール 孫悟空少年編

コメント