ピクシブ百科事典

悟空とブルマ編

ごくうとぶるまへん

悟空とブルマ編とは、ドラゴンボール最初のエピソードである。
目次[非表示]

概要

一般的に「ドラゴンボール集め編」などと言われるところの公式名称。
全てはここから始まった。9日間の出来事である。

純粋にドラゴンボールを集めるだけの話と思われがちだが、実際はそこそこシリアスでハラハラできる内容。
例を挙げると

  • 物語中盤からドラゴンボールを狙う盗賊に追われる
  • ヒロインが人参になる
  • ライバルとの共闘要素あり
  • 世界征服目的でドラゴンボールを集めているキャラクターと終盤に遭遇する
  • 終盤は世界征服阻止がメイン

などなど。

尤も人が死ぬことはなくギャグ色が強いものの、何気にこのエピソードの時点で悟空達が世界を救う話となっている(その世界を救った方法は、単行本のあらすじに書き続けられ、GTのエピソードの伏線にもなった)。
他にもレッドリボン軍編などとは違い、出会ったキャラクターの殆どがモブキャラクターでは終わらず、後に正式にメインキャラクターに昇格しているという差異もある。(登場人物を見れば大体察しがつくと思うが)

なお、ストーリー内容は西遊記をモチーフにしたと思われ、
野生児都会令嬢(読者から見て異質な存在?)の出会いという、ロマンティックなコンセプトで始まっている。
ナメック星編も展開が一部似ている為、もしかするとナメック星編はこの話をベースに作ったものかもしれない。

登場人物

孫悟空
ブルマ
ウーロン
亀仙人
ヤムチャ
プーアル
牛魔王
チチ
兎人参化
ピラフ一味

関連タグ

ドラゴンボール 孫悟空少年編

関連記事

親記事

孫悟空少年編 そんごくうしょうねん

兄弟記事

コメント