ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

プーアル

ぷーある

プーアルとは、鳥山明の漫画、『ドラゴンボール』シリーズ、それを原作とする作品に登場するキャラクター。
目次 [非表示]

概要

声:渡辺菜生子


同シリーズの登場人物であるヤムチャを「ヤムチャ様」と呼び、付き添い慕っている。変身が得意。

ヤムチャとは連載開始時点の二年前に出会った。名前の由来はプーアル茶


青いのような生き物で、常にふよふよと浮いている。コルド大王フリーザが地球を襲来した際には他の戦士たちの舞空術と同等の動きを見せたが、プーアルの飛行能力が舞空術と同じ原理なのかどうかは不明。ウーロンとは南部変身幼稚園に通っていた同級生。

退園したため、変身技術が不十分なウーロンと比べてプーアルはちゃんと卒園しており、ヤムチャが天下一武道会骨折した時は魔法の絨毯変身し、彼を病院まで運んでいる。このほか変身に制限なし、変身したものの能力まで発揮するなど、その腕前は非常に高い。孫悟空に変身した際には、うろ覚えだったのかあまり似ていなかったが…。

青とグレーの二色のもふもふした毛に覆われている。原作版では足がグレーだが、アニメ版は足も青である(映画『ドラゴンボール 最強への道』のみ原作準拠)。

宙に浮く以外に、よつんばいで移動する描写(単行本の背表紙)、二足歩行で飛び跳ねる描写(アニメ無印のOP)もある。

天下一武道会の観客席にいる時は、いつも小さな手をに引っ掛けている。


好物はかりんとうで、劇中でカリン塔と勘違いする場面がある。


悟空に変身していたこと、ウパとタッグを組んでいたことからオスと解釈されやすいが、声がかわいらしいこと、ウーロンと違ってコウモリに変身していた時に性器がなかったことから、性別論争も起こりやすい(ウパは幼少期はプーアルにそっくりであり、クリリンに女の子だと思われていた)。なお、おしっこはできる模様。

お便りコーナーで、読者にネズミだと思われていたこともある。作者曰く、猫でもネズミでもないっぽい生き物らしい。


昔は泣き虫で、ウーロンとは再会当初仲が悪かったが、ヤムチャとブルマが交際中だった時は共にブルマの家に同居しその間に打ち解けており、ヤムチャが死んだと聞かされて失神した際はウーロンがプーアルを介抱していた。

アニメではよくブルマにぞんざいな扱いを受けている(がしっと掴んで放り投げられる、顔に張り付いた時に「前が見えない」と文句を言われるなど)。チチピッコロに掴んで放り投げられたこともあった。


まさかのぴちぴちギャル化

センシティブな作品

ドラゴンボール超』91話にてまさかのぴちぴちギャルに変身するという事態が起こった。

力の大会を控え亀仙人の唯一の弱点であるスケベ心を克服する目的で頼まれて変身することとなったが、亀仙人の煩悩が抑えられるはずもなく、悲鳴を上げて逃げ回っていた。

これははたして擬人化にあたるのか女体化にあたるのか…。

絵柄が鳥山先生の絵柄とは異なるギャルゲー風にされていた為、「アニメキャラ化だ」と指摘する声もある。


余談

プーアルがウーロンと出会ったきっかけは、ふざけて女の子に変身していた時に「かわいいお嬢さん、俺とつきあわないか!?フフン」とナンパされたことが原因らしい(ジャンプの増刊号より)。


銀魂』では土方十四郎がウーロンとプーアルを逆に覚えており、酔っ払った志村妙に突っ込みを入れられるというエピソードがある。


関連イラスト

それほど難しい技じゃないんだ


関連タグ

ドラゴンボール ヤムチャ もふもふ ケモノ ウーロン(ドラゴンボール)

カリン様 タマ ネコマジン

チビケモ 二色 お腹フワフワ もふりたい尻尾

アプール

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1460194

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました