ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「金と云っても金玉は、金と云ふのに金でなく、金と云ふのに光りなく、金と云ふのに色黒し
玉と云ふのに丸くなく、偉くもないのに髭生やす。」

解説

金玉(きんたま)は俗称であって、本来は睾丸精巣のことを言う。
性的な特徴である意味合いが多いためR-18タグと併用されて使われることが多く、いわゆるふたなりショタもこのタグが併用されることがある。
ポケットモンスターでは売ると5000円になる…が、これはきんのたまであって、決して金玉ではないぞ!

一応、それらしい解説

陰茎の下に存在する、に包まれた球形の肉の。正確には内臓。
大体の動物が左右一対で保有している。

主な機能は精子の生産”であり、動物のオスにとっての存在意義とも言える。また男性ホルモンを作る。精子が熱に弱いことから、体内から陰嚢(いわゆる「玉袋」)をまとってはみ出している動物が多い。

なお単孔目、「アフリカ獣類(ゾウ等)」「貧歯目(アリクイ他)」と呼ばれる哺乳類は、体の中に入っている。一応「玉が出ている哺乳類」は「北方獣類」の特徴と言い切れるものの、その中のローラシア獣類の内のイルカクジラセンザンコウ鰭脚類の大半(アシカオットセイは立派なタマタマがある)は、精巣が筋肉の中に留まっている。同様の形質は、アフリカ獣類の内のツチブタなどにもみられる。

有袋類は、竿が肛門の後ろから生え、玉は腹部に形成される。コウモリモグラの仲間は、普段は精巣が体内に収まっているが、繁殖期になると出てくる。
 
神経血流も集中しており、男性にとっては重大な急所である。
同時に性感帯でもあり、一説には睾丸が受ける振動による刺激が、射精のプロセスに関わっているとも言われている。

衝撃を受けると体内に引っ込むようになっている。スポーツ股間打撃を受けた選手に、周囲の人物がを叩いているのは、急激に引っ込んだ睾丸を下ろして痛みを和らげるためでもある。また琉球空手など一部の伝統的格闘技には、睾丸を意図的に引っ込めるための技能も継承されている。なおラットモルモットなども危険な時には玉が体内へ入る。

胎内で成長中には、性別が決定すると左右が競い合うように体外へと降りて行き、最終的には左が右に先を譲る。精巣になる前は未分化性腺と呼ばれ、これはメスの場合は卵巣となり、一方で玉袋にあたる部分は大陰唇となる。

先天的に片方しかない、またその逆で3つ以上の睾丸を持つ人物もいたという。

ちなみに

中国由来の熟語(成語)において「(貴金属)」と「(宝石)」はセットで使われるので、それはもういやというほど数多くの日本人であれば睾丸を意識してしまう熟語が存在している。「金科玉条」などその一端に過ぎない。

北朝鮮将軍様愛人にその名もズバリ「金玉」(キム・オク)がいる。れっきとした人物名で重要人物だが、テレビ新聞などで本来の表記通りに紹介するわけにもいかないので、代わりに「金オク」と表記されることがある。

間違ってもこの単語を子供向け番組の収録中に大声で叫ぶなどしてはいけない。「きれいな」と頭に付けてもダメである。

表記揺れ・別称・類義

きんたま キンタマ 睾丸 精巣 たまきん タマキン タマタマ 金の玉 きんのたま 白子
陰嚢 ふぐり 稲荷寿司 おいなりさん ω
※用語・用法によっては、玉袋部分を含む場合や含まない場合、玉袋のみを指す場合もある。

関連タグ

   男性 オス ふたなり タヌキ 玉有り R-18 エロ
器官 男性器 ちんこ 珍宝 陰部 局部 股間 縫い目 陰毛 卵巣 大陰唇
金的 金蹴り 玉潰し 玉責め 去勢 揉みしだきたい玉 蹴りたい玉 タマヒュン
巨玉 垂れ玉 ハミ玉/はみ玉 玉揺れ 玉ブラ/タマジャー
キンタマリオ キンタマクラ 超人キンタマン きんたまどか きんたマミゾウ
金太の大冒険 それは私のおいなりさんだ
同音異義語:金魂 金たま

関連外部リンク

金玉 - Wikipedia
金玉とは - ニコニコ大百科
金玉 - アンサイクロペディア

pixivに投稿された作品 pixivで「金玉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6969036

コメント