ピクシブ百科事典

玉責め

たませめ

男性の股間部にある睾丸(金玉)を責める事を指す性行為の一つ。
目次[非表示]


この項目はR-18に該当する内容が含まれます。

概要

玉責め(たませめ、たまぜめ)とは、男性の睾丸(金玉)を対象とした性行為を意味するタグ。
陰茎ではなく金玉を責めることに意味があり、そこに快感を求める行為。
一口に玉責めといってもシチュエーションや責め方は多岐にわたる。が、対象が対象であるためか、SM要素に偏りがある。
玉潰し金的よりも、より性行為として行われているものを指して付けられる場合もある。

玉責め

上記の通り、シチュエーションによってはペッティングにとどまったり、SM行為にまで広がったりする。
本来、睾丸(金玉)という部位は、男性ホルモンを分泌すると共に、性欲を促す生殖器である。
タイなどには金玉マッサージと呼ばれ、正統なマッサージとして行われているように、丁寧にマッサージすることで肉体的な疲労などを回復する効果もある。

陰茎男根)は刺激を与えると性的興奮を促す効果があるが、精巣睾丸)にも同様の効果がある。
しかし、しばしば誤解されるが、陰茎に衝撃を与えた場合と、精巣に衝撃を与えた場合とでは、肉体反応が異なる。
前者は、概ね他の部分(例えば腕や脚など)と同じ程度の痛みしか感じないが、後者は例えほとんど力を加えていない衝撃であっても、かなりのダメージを受ける。
この際の、いわゆる『金的の痛み』というのはよく議論される題材だが、精巣とは内臓の一部であり、筋肉や骨格に護られていない分、非常に脆い。
例えるなら、”みぞおち”を手のひらで軽く叩いてみて、衝撃を感じるようであれば、同じ力で、精巣は(個人差はあるが)それ以上の衝撃とダメージを受けていると考えてもらえればわかりやすいかもしれない。

SM行為としての玉責め

手、脚、口または器具や道具を用いて行われる。
あくまで性的行為として行うため、全てが暴力的というわけではない。
(SM要素の強いの玉責めについては玉潰しのページを参照)

pixivにおける玉責め

金的では、シチュエーションとして事故や暴力行為として描かれることが多く、金蹴りとすれば「蹴り」に限定された行為になってしまう。
玉潰し去勢のように、睾丸(金玉)を破壊することを目的とする行為ではないため、併用はされても、同義語として扱われることは少ない。
(ただし玉潰しのように字の通りの破壊行為ではなく、性行為として機能破壊せずにとどめる事もあるため、一概に違うとは言い切れない)
このため上記した通り、他のタグと併用される場合が多く、シチュエーションの違いで玉潰しなどのSMタグを用い、差別化する例も見られる。

関連タグ

ドMホイホイ 金的 玉潰し

pixivに投稿された作品 pixivで「玉責め」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22712821

コメント