ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

プロレスボクシングキャットファイトなどでVSで試合をすること。
タッグの場合は1人でも異性が混じっていればミックスファイトとなる。
海外では、総合格闘技MMA)をミックスファイトとして呼ぶ事もあり、男女混合試合をミックスレスリング(MixedWrestling)、ミックスボクシング(Mixed Boxing)と表記される事が多い。
男女が戦うだけではミックスファイトと言及されることは少なく、総合格闘技プロレスなどの試合形式で男女混合になった際に呼ばれる事が多い。
現実ではハンデありの変則マッチになることも多く一方的な試合になりがちだが、体重差が無い男女間ハンデ無しのガチの試合で女性が勝利することも普通にある。

創作物において

バトル物の漫画やゲームなどの創作物において、男女混合で戦うのはよくあるシチュエーションだろう。
ドラゴンボールに出てくる天下一武道会は男女混合の試合も多く、試合の中で悟空チチ結婚したり、ビーデルスポポビッチが激しい格闘戦を行ったりと、じゃれ合い程度から残虐、暴力的なものまで1つの作品の中でも幅広く描写されている。
また、武器や肉弾戦のみならず、魔法超能力特殊能力)が含まれた能力バトルに展開していくと持ち前の能力の強さと戦術、相手との相性が重要になるため、もはや男女間の体格差や力関係はあまり通用しなくなる事が多い。

格闘ゲームなどでは対人戦を考慮したバランス調整がされている場合がほとんどで、男女間で一方的な性能格差が発生するゲームは少ない。

これぞ男女平等

男攻め?女攻め?

男勝ち・女勝ちとも区別されるが、男性が攻める場合は、体格差やパワーで圧倒するパターンがよく見られる。
女性が攻める場合も、体格差やパワーで圧倒するパターンはあるが、女性の武器を活かした色仕掛けや、男性特有の急所への攻撃、関節技絞め技といったサブミッションを使用したりと、力の差があっても優位に立てる戦法が多い。

引き分けや痛み分けとなる場面も少なからずあるが、勝敗が決する傾向である。

現実問題

女性問題に発展する危険性を孕んでいる為、団体等で自主規制を設けている所もある。
WWEのミックスドタッグマッチの場合、片方が交代した場合、自動的にもう片方も交代しなければならないというルールが設けられている。
一方、アメリカ国内では男子vs女子の試合を法律によって禁止している州も存在する。2003年10月のWWE・PPV興行で行われたビンス・マクマホンvsステファニー・マクマホン戦がメリーランド州の法律に違反し、罰金刑に処された事例もある。

また日本国内でも、新日本プロレスがミックスドマッチを行っておらず、大日本プロレスでも2008年に女性関係の不祥事を起こした経緯から、所属選手のミックスドマッチを他団体参戦時も含めて原則禁止している。

関連項目

リョナ 逆リョナ ショタリョナ 金的
戦闘 混ぜるな危険 男女平等パンチ 女攻め 女子力(物理)
男女対決

関連記事

親記事

格闘 かくとう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミックスファイト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ミックスファイト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157277582

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました