ピクシブ百科事典

センザンコウ

せんざんこう

センザンコウのイラストにつけられるタグ。
目次[非表示]

概要

哺乳綱有鱗目(センザンコウ目)センザンコウ科に属する哺乳類。漢字表記は「穿山甲(山を穿つ 甲羅を帯びたもの)」。「パンゴリン」はマレー語から。 アフリカに4種、東南アジアに3種が現存している。

全身を「鱗」(爬虫類の鱗と異なり、毛が二次的に変化したもの)に包まれるのが特徴。一見すると殆ど哺乳類には見えない。「松ぼっくりに似る」とか、「歩くアーティチョーク」などと呼ばれる。なおアジア系のセンザンコウは鱗の下が若干もふもふしている。

 驚くと尾を腹の下にたくし込み、丸くなって鱗を逆立てて身を護る。 四肢に鋭い爪を持ち、その爪で蟻塚を掘り返して、中のアリを長い舌で捕食する。この習性から嘗てはアリクイアルマジロに近縁(「貧歯目」という)と考えられたが、後の研究で特に類縁関係は無く、ローラシア獣類の一部で(サーバルラッコのいる)食肉目と近縁の、「ペガサス野獣類」の一種であることが判明した。

 アフリカでは、アードウルフツチブタなど、好蟻性(ありんこ食べるのが好きなのをこういう)の生物がいるので、競合を避けるためアリを食べる。

人間との関係

食用や、鱗を護符にする民間信仰の影響で各地で乱獲され、絶滅の危機に晒されている。動物園での飼育例も少ない。なお肉について中国では「薬になるが不味い」アフリカでは「美味い」という評価がされている。

主な種類

  • ミミセンザンコウ
  • インドセンザンコウ
  • マレーセンザンコウ
  • オオセンザンコウ
  • サバンナセンザンコウ
  • オナガセンザンコウ
  • キノボリセンザンコウ


センザンコウのキャラクター

特撮

その他

関連タグ

哺乳類 鱗甲類

pixivに投稿された作品 pixivで「センザンコウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52172

コメント