ピクシブ百科事典

臨獣パンゴリン拳ムザンコセ

りんじゅうぱんごりんけんむざんこせ

臨獣パンゴリン拳ムザンコセとは、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』に登場する敵怪人で、臨獣パンゴリン拳の使い手である。
目次[非表示]

臨獣殿臨気宿せし巨岩あり!その名も臨獣パンゴリン拳ムザンコセ!」
CV:秋元羊介

データ

身長:218cm(邪身豪天変時・54.5m)
体重:131kg(邪身豪天変時・32.7t)
得意リンギ:征鋼丸(せいこうがん)
      征鋼丸暴乱技(せいこうがんぼうらんぎ)
      超絶征鋼丸(ちょうぜつせいこうがん)
好きな場所:森林
好きな食べ物:シロアリ
好きな言葉:「円石を千仭の山に転ず」

概要

この世に蘇ったリンリンシーの1人であり、自称「磐石たる破壊神」

センザンコウを手本とし、岩の様に丸まって転がり、固い鱗で相手を寄せ付けない臨獣パンゴリン拳の使い手である。
さながらセンザンコウの如く身体を丸める事により、一分の隙間も無い攻防一体の構えを修得。更に皮膚に臨気を練る事で鎧の様な鱗にする事で自らを巨岩と化す事が可能である。
尚、センザンコウは丸くなって身を守るが、対する自身は何故か四角ばった性格になってしまっており、わざわざ古臭く小難しい言葉を選んで話す癖がある。

劇中では鉄壁且つ攻防一体の自身の拳法の特性をフル活用する事で、ゲキレンジャー激激砲や大頑頑拳の様な必殺技を悉く破って見せた難攻不落の強敵である。

活躍

修行その10「ジャラジャラ襲撃!はじめてのおつかい」

大地震を引き起こして都市を壊滅させるべく、お誂え向きの地殻を吟味している際にゲキレンジャーと遭遇。ゲキトージャの必殺技すら寄せ付けない防御力を見せ付け、敗北に追い込んだ。

修行その11「ウキャウキャ!獣拳武装」

その後、激獣エレファント拳を取得したイエローのハンマー攻撃にその自慢の防御力を破られてしまい、その怒りから邪身豪天変を使い巨大化する。

巨大戦ではゲキトージャと再戦し、序盤は初戦と同様自身の防御力を生かした戦法で追い込むが、ゲキトージャがゲキエレファントと獣拳武装してゲキエレファントージャとなってから形勢は逆転。大頑頑丸によって自身の鎧ごと身体をブチ破られて散って逝った。

余談

モチーフと名前の由来はセンザンコウ

スーパー戦隊シリーズにおいてセンザンコウがモチーフに使われたのは『百獣戦隊ガオレンジャー』のガオファンゴリオンで味方側が初だが、敵怪人での採用は今回が初。

声を演じた秋元氏は『電磁戦隊メガレンジャー』のトカゲネジラー以来、10年ぶりのスーパー戦隊シリーズ出演となった。

関連タグ

獣拳戦隊ゲキレンジャー 臨獣拳アクガタ 臨獣殿
リンリンシー 臨獣拳士 センザンコウ

マリゴモリ:2年後の『侍戦隊シンケンジャー』に登場する戦隊怪人で、こちらも同じく身体を丸める事で鉄壁の防御を展開する。

アルマジロ怪人:『仮面ライダーBLACK』に登場した怪人。名前にはアルマジロと付くがモチーフはセンザンコウなのでモチーフ繋がりである。

関連記事

親記事

臨獣拳士 りんじゅうけんし

兄弟記事

コメント