ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

臨獣拳アクガタの創始者である3名の悪しき獣拳使い達。
空の拳魔カタ海の拳魔ラゲク大地の拳魔マクの3人が該当する。

元は獣拳の始祖であったブルーサ・イーの10人の弟子だったのだが、邪な心に囚われた彼等は師であるブルーサを裏切って殺害し、マスター・シャーフー達残りの7名と敵対。

これによって獣拳は激獣拳と臨獣拳の2つに分かれて争う事となり、後に激臨の大乱と呼ばれる大戦へと発展する。
激しい戦いの末に3人は敗れ、肉体と魂を別々な場所へと封印される事となったが、その内「拳魔の腕輪」に封印された魂は怨霊と化しており、腕輪を身に着けた者が「憎しみ」、「妬み」、「怒り」の様な負の感情を露にした時に語り出し、「弱き者の悲鳴と絶望を糧とすべし」と道を示していた。やがて臨獣殿を再興してその当主となった理央の手により、現代へと復活するに至る。
七拳聖と同様にこちらも「獣獣全身変」によって、自らの獣拳に見合った動物の獣人とも言うべき姿をしているが、拳聖と違って完全な動物其の物とは呼べない外見である。

ラゲクの説明では、臨獣拳創始はマクのシャーフーに対する「怒り」により発生した模様。そしてラゲクはシャーフーへの「妬み」により離反したが、カタの「憎しみ」の経緯は劇中では明かされずに終わった。尚、ジャンは彼らの桁外れに高い臨気を「ゾワンゾワン」と形容し、3人のリーダー格であるマクに至ってはその上位の表現である「ゾワンギゾワンゴ」と形容している。

七拳聖と同門であっただけに3人が3人とも凄まじい技量を誇るが、性格は7人以上に非常に難があり、修行の過程で弟子が命を落とす事になっても一切気に留めない

彼等との修行の際は、最初にそれぞれが司る負の感情を限界以上に引き出す必要がある。
故に3人共弟子を本気で殺害する心算で掛かって来る為、3人に付いて行ける者は極僅かしかいない。

現当主の理央に対しては、不信感を抱く者や興味を持つ者とに分かれる。
ゲキレンジャーに敗れた後も、魂は腕輪に健在。最終回では、黒幕を倒す為、イメージの中の臨獣殿にてジャン達に慟哭丸を伝授した。

主な顔触れ


空の拳魔カタ

一富士 二カタ …


声:納谷六朗 (修行その11~34)
「憎しみ」を司る三拳魔の一人。を手本とした臨獣ホーク拳の使い手。
「死闘の中に修行あり」がモットーである。
理央に対しては吸収の速さから力をある程度認めているが、メレに対しては「リンリンシー風情が」と冷たく当たる。キャッチフレーズは「憎しみが力を生む」
激臨の大乱で、覚醒したサイダイオーに倒された。
最終回では宇崎ランに、自らの動きと技を伝授した。

海の拳魔ラゲク

ラゲク様


声:幸田直子 (修行その15~35)
「妬み」を司る三拳魔の一人。クラゲを手本とした臨獣ジェリー拳の使い手。かつてはシャーフーに好意を持っていた様子。キャッチフレーズは「嫉妬が力をくれる」
カタやマクとは違い、彼女は最期まで理央とメレを気にかけていた。
激臨の大乱で、マクが倒されるのとほぼ同時に、正体を明かしたロンに一撃で腹を貫かれ、水となって消えた。
最終回では深見レツに、自らの動きと技を伝授した。

大地の拳魔マク

声:柴田秀勝 (修行その22~35)
「怒り」を司る三拳魔の一人。を手本とした臨獣ベアー拳の使い手。かつてはシャーフーと仲が良く、ブルーサ・イーの一番弟子であったが、ロンの介入が原因で、袂を分かつようになる。キャッチフレーズは「儂こそが拳魔一の拳魔 怒りで力を司る」
臨獣拳の始祖であるため、現当主の理央が気に入らず、復活早々無理矢理当主の座に返り咲いた。
激獣拳の「過激気」に相当する「怒臨気」を会得しており、そのパワーから七拳聖のみならず、
カタ・ラゲクからも恐れられ、マクに対しては、肉体と魂だけでなく、「イキギモ」と呼ばれる
肝臓部も分けられていた。
激臨の大乱を再び起こすが、サイダインから発せられた「獣力」を開花させたゲキレンジャーの前に敗北。
最終回では漢堂ジャンに、自らの動きと技を伝授した。

関連タグ

獣拳戦隊ゲキレンジャー 臨獣殿 臨獣拳アクガタ
 クラゲ 
ガラ中佐・・・こちらも戦隊側と敵対関係にあったが、同じく関係者の死後その魂は和解し手助けしている(こちらは本人が既に死亡をしており、戦隊が戦っていたのは同じ記憶を持った偽者)。

関連記事

親記事

臨獣拳アクガタ りんじゅうけんあくがた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三拳魔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44

コメント