ピクシブ百科事典

獣拳

じゅうけん

獣拳とは、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』における拳法であり、本作最大の要である。
目次[非表示]

概要

獣の心を感じ、獣の力を手にする拳法。古代中国で誕生し、4000年もの古い歴史を誇る由緒正しき武術である。
その創始者であるブルーサ・イーには10人の弟子がいたが、その内の3人が裏切ってブルーサを殺害してしまい、この出来事を切っ掛けに獣拳は2つの流派に分裂した。

1つはブルーサの遺志を継いだ7人の弟子(※後の七拳聖)が興した流派であり、獣拳の力で世界の平和を守る正義の流派・激獣拳ビーストアーツ

もう1つがブルーサを裏切った3人の弟子(※後の三拳魔)が興した流派であり、獣拳の力で世界の支配を目論む邪悪な流派・臨獣拳アクガタ

この2つの流派の対立により、物語がスタートする遥か昔に起こった大戦は激臨の大乱と呼ばれ、戦いの末に七拳聖が三拳魔を封印した事で幕を降ろしている。
そして現在、時を超えて闇堕ちしたマスター・シャーフーの弟子の理央臨獣殿を再興し、その当主に就いた為、獣拳は再び激と臨の2つに分かれて新たなる争いが勃発。
獣拳戦隊ゲキレンジャー』の物語は此処から幕を開ける。

獣拳の真髄

獣拳の基本は気の力であり、激獣拳が激気、臨獣拳が臨気と言う具合に流派毎に異なる気が存在。拳士達は流派毎にこうした気を操る能力が求められ、修行によってその気を高めなければならない。

劇中において激気には過激気、臨気には怒臨気と呼ばれる究極の気が存在しており、ジャンゲキレンジャー理央達は各々の流派でのマスターとの修行や、ライバル同士での戦いの中で会得して行き、敵味方問わず各流派の若き拳士達が成長して行く姿が並行して描かれるのも今作品の特徴の1つである。

尚、激気には更にゴウ紫激気の様な、本人しか持ち得ない独自の激気も存在する他、ケンの様に最古の獣拳を扱う者もおり、獣拳にも様々なスタイルが存在するのが分かる。

各流派の気はゲキワザやリンギと言った技の発動のみならず、それぞれの獣拳に因んだ強化形態に姿を変える他、巨大化ゲキビーストと呼ばれる巨大戦力の具現化するのにも使われる。

特に姿を変える技の極め付けとも言うべき「獣獣全身変(じゅうじゅうぜんしんへん)」は全身を獣の様に変身させて自らを獣人と化す禁断の技で、1度行使したが最後、人間の姿に戻るのは難しく、拳聖達ですら人間の姿を失い不老の報いを受けた。また、身体が縮んでしまったバエの様に、不完全な使用では何かと不具合も生じてしまう。

獣拳は今でこそ激と臨の2つに分かれたが、元は1つである事を踏まえると激気と臨気は本質的には同じ力である事が窺える。
劇中でジャン達激獣拳の拳士達が心と技を磨き、体を強く鍛え、正義の為にその拳を振るった所から激気の本質は陽の気、そして理央が三拳魔との修行の中で怒りや憎しみ、嫉妬と言った負の感情によって臨気を高めていた所から、臨気の本質は陰の気と言える物なのかも知れない。

第三の流派

物語のが中盤、幻獣ドラゴン拳の使い手を名乗るロンの登場を皮切りに幻獣拳と呼ばれる第三の流派が登場。

幻獣拳とはその名の通り幻獣を手本とした拳法であり、幻気と呼ばれる気を基本としたゲンギによって戦う。激獣拳や臨獣拳を超える「極みの拳」とされており、この拳の使い手となる為には臨獣拳を極め、その臨気と幻気を「血盟の儀式」なる通過儀礼を経て融合させねばならない。

関連タグ

獣拳戦隊ゲキレンジャー
激獣拳ビーストアーツ 七拳聖
臨獣拳アクガタ 三拳魔
幻獣拳 四幻将
激気 臨気 幻気

関連記事

親記事

獣拳戦隊ゲキレンジャー じゅうけんせんたいげきれんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「獣拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10

コメント