ピクシブ百科事典

忘我の中に修行あり 美技を極めるバット拳

CV:池田秀一 スーツアクター:喜多川務

概要

コウモリの姿をした七拳聖の1人。モデルはジェット・リー
仕込み扇を使う激獣バット拳の使い手。初登場時はお面を被っていた。
翼はなく、二足歩行だが、コウモリ同様に天井にぶら下がる事ができ、その技は水上で舞を踊れる程に優雅。
今までたくさんいた弟子の中に真髄を伝えるに値する者がいなかった為、しばらく弟子をとっていなかったが、深見レツにバット拳を伝授した。

常人より長い時を生きていた中で、過去に自分に想いを寄せていた女性がいるらしく、その女性こそがケンがバカンスのために操獣刀を売っぱらった骨董品屋の含韻(ハンユン)婆さんである。しかし、バット・リーは激獣拳に身を捧げた自分と居ては不幸になるという考えからお守りを残して去ってしまう。そんな事情から含韻婆さんは激獣拳嫌いとなり、操獣刀を買い戻そうとするケン達を拒んでしまったが、真実を知った婆さんから操獣刀を返してもらうというのが第29話のストーリーとなる。


関連タグ

獣拳戦隊ゲキレンジャー 深見レツ/ゲキブルー
サンダール5年前のスーパー戦隊に登場した敵幹部。中の人が同じで、鉄扇を携帯している点が共通している。

関連記事

親記事

七拳聖 しちけんせい

子記事

  • 含韻 はんゆんばーさん

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「バット・リー」の小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました