ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー』における流派の1つ。

獣拳の力を世界平和の為に役立てる正義の流派である。


嘗て獣拳の始祖ブルーサ・イーの下で修行した10人の弟子の内、3人が世界征服の野心に取り憑かれてブルーサを殺害し、残った7人と袂を分かつ。そして邪悪な獣拳である「臨獣拳アクガタ」を創設した彼等は、後に三拳魔と呼ばれるに至った。

これに対して残った7人は亡きブルーサの教えを守り、「激獣拳ビーストアーツ」を立ち上げて後に七拳聖と呼ばれる様になり、双方は後に「激臨の大乱」と呼ばれる熾烈な戦いを繰り広げる。激しい戦いの末、結果は禁忌の技「獣獣全身変」を使用した激獣拳側の勝利に終わった。

三拳魔の肉体と魂を分割し、厳重に封印した後に7人は「獣拳不闘の誓い」を立て、後の若い世代の獣拳使い達を見守る様になり、現在へと至る。


現在、激獣拳はスポーツメーカースクラッチ社を組織し、最新のスポーツ科学を使い、その技を進化させていた。7拳聖のリーダー格・マスター・シャーフーはその重鎮の地位に収まっており、現在ゲキレンジャーを名乗る漢堂ジャン宇崎ラン深見レツの3人は直接の弟子である。尚、シャーフー以外の七拳聖の中にも、それぞれの形でスクラッチ社の経営に携わる者が数名居る。


一方、同じくシャーフーの弟子で、彼等の兄弟子に当たる存在だった理央臨獣拳へと走り、自ら当主となってアクガタを再興させた為、再び激獣拳と臨獣拳の戦いが幕を開ける事となる。


拠点編集

スクラッチ社編集

表向きはスポーツメーカーの企業だが、その実態は激獣拳を科学的見地からより進化させる為に創設された激獣拳ビーストアーツの活動拠点。ゲキレンジャーのアイテムはその特別開発室にて作られている。キャッチフレーズは「スポーツを科学とハートでサポートする」


ゲキレンジャーの修行編集

「体」は強いが「心」が幼く未熟なジャン、「心」は強いが「技」が未熟なラン、「技」は強いが「体」が弱いレツの3人が互いを補い、互いに学び合う形で互いの心技体を磨いて行くスタイルが3人の基本である。この為、ゲキレンジャーには結成から暫くは決まったリーダーはいなかった


最初はシャーフーの指導の下にスクラッチの道場で修行を重ねていたが、やがて其処から心技体それぞれの得意とする属性に秀でたマスターであるエレハン・キンポーバット・リーシャッキー・チェンにそれぞれ弟子入りして自身の長所を伸ばす段階に移行。


中盤に差し掛かってからはゴリー・イェンミシェル・ペングピョン・ピョウと言う更に上位のマスターであるマスター・トライアングルからの指導の下、各々が不得意とする属性を学び克服する段階に差し掛かる。


こうした二段構成の修行を行う事で、自身の強さに磨きを掛けると同時に弱さを乗り越え、究極の激気である過激気の習得に至り、3人はスーパーゲキレンジャーへの変身を可能とした。


関連する人物編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー編集

漢堂ジャンゲキレッド編集

演:鈴木裕樹


「身体に漲る無限の力! “アンブレイカブル・ボディ” ゲキレッド!!」


ゲキレッドに変身する、本作の主人公。激獣タイガー拳の使い手。

幼少期から虎に育てられた野生児。その為、身元は不明。


宇崎ランゲキイエロー編集

演:福井未菜


「日々是精進、心を磨く! “オネスト・ハート” ゲキイエロー!!」


ゲキイエローに変身する。激獣チーター拳の使い手。元は陸上選手であり、スピードを生かした戦法を得意とする。

曲がったことを嫌う真面目でストレートかつ勝気で男勝りな性格でたびたびレツとは口論になる事も。「根性!!」が口癖。

過激気習得後、ゲキレンジャーのキャプテンに任命された。


深見レツゲキブルー編集

演:高木万平


「技が彩る大輪の花! “ファンタスティック・テクニック” ゲキブルー!!」


ゲキブルーに変身する激獣ジャガー拳の使い手。華麗な技の数々で敵を翻弄することを得意としている。

かつては若き天才画家として嘱望されていたこともあり、芸術家気質な一面があり、性格はやや理屈っぽく合理主義的。


深見ゴウゲキバイオレット編集

演:三浦力


「紫激気、俺流、わが意を尽くす! “アイアン・ウィル” ゲキバイオレット!!」


物語中盤より登場。亡くなったと思われていたレツの兄。

臨気に近い特殊な激気である「紫激気」を持ち、ゲキバイオレットに変身する激獣ウルフ拳使い。

ある事情から意識を失い、行方不明となっていた。また、レツが子供の時から年をとっていない。

クールな一匹狼で協調性がないように見えて、実は優しい性格の持ち主。


久津ケンゲキチョッパー編集

演:聡太郎


「才を磨いて、己の未来を切り開く! “アメイジング・アビリティ” ゲキチョッパー!!」


物語中盤より登場。ゲキチョッパーに変身する、激獣ライノセラス拳の使い手。

元は4人目として呼び寄せられたが合流に遅れ、1度はジャン達からゲキレンジャーに加わることを拒否される。かなりいい加減な性格で女好きだが、強さは確か。

「押忍!」が口癖で好物はメンチカツ等。


七拳聖編集

「激臨の大乱」と呼ばれる戦いで10人の獣拳使いの内、獣拳の元に残った7人の獣拳使い達の総称。若き拳士達から「マスター」と呼ばれ、自らが認めた弟子を指導する。


マスター・シャーフー編集

CV:永井一郎


「暮らしの中に修行あり、激獣拳とは日々よく生きることと見つけたり」

激獣フェリス拳の使い手。ゲキレンジャー直接の師匠。


エレハン・キンポー編集

CV:水島裕


「遊びの中に修行あり、世界が恋するエレファント拳」

激獣エレファント拳の使い手。一人称は「俺ちゃん」、口癖は「~だゾウ」と、極めて軽い性格をしている。通称エロハン。


バット・リー編集

CV:池田秀一


「忘我の中に修行あり、美技を極めるバット拳」

激獣バット拳の使い手。七拳聖随一の二枚目にして、気難しい偏屈者。

忘我の境地に至り、敵の攻撃を柳のように受け流すことを真髄とする。


シャッキー・チェン編集

CV:石丸博也


「シャッキーン! の中に修行あり、とにかく頑張るシャーク拳」

激獣シャーク拳の使い手。七拳聖の中で一番の若輩であり、涙もろくうっかり者な性格もあって先輩たちから厳しめの評価を受けていた。


ゴリー・イェン編集

CV:大友龍三郎


「荒ぶる賢人、レイジング・ハート」

激獣ゴリラ拳の使い手。マスター・トライアングルの一角で、「心」を極めている。

現在はニューヨークで小説家として活動中。


ミシェル・ペング編集

CV:田中敦子


「華麗なる戦いの女神、シュープリーム・テクニック」

激獣ペンギン拳の使い手。七拳聖の紅一点。

マスター・トライアングルの一角で「技」を極めている。

スクラッチ社・スウェーデン支部のトップ。


ピョン・ピョウ編集

CV:草尾毅


「サバンナの遊撃手、アンダイイング・ボディ」

激獣ガゼル拳の使い手。

マスター・トライアングルの一角で「体」を極めている。

ケニアの国立公園で密猟者を取り締まる。


その他の人物編集

バエ編集

CV:石田彰


激獣フライ拳の使い手。

激臨の大乱の際に拳聖と同じく、獣獣全身変を使って獣の姿になろうとしたが、失敗して小さな体になってしまい、しかもその後でメレに飲み込まれてしまった。


真咲美希編集

演:伊藤かずえ


ゲキレンジャーのまとめ役でスクラッチ社の職員。激獣レオパルド拳の使い手でかなり強いが現在は一線から退いており、下にはなつめという娘がいる。


ゴーオンウイングス編集

須塔大翔編集

演:徳山秀典


須塔美羽編集

演:杉本有美


炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー』にて、2人がゴリ―・イェンから獣拳を学んでいた事実が明らかとなる。


統一される獣拳編集

作中終盤、敵対組織の臨獣殿は理央メレを残し壊滅。その二人も真の巨悪との戦いで命を落とした。

しかし理央が死の間際にリンギ全臨伝授により臨獣拳アクガタの全てをゲキレンジャーに託したことで、臨獣拳アクガタの技術は激獣拳ビーストアーツとひとつとなり、ただの獣拳として昇華された。そこから生まれたひとつの奥義が、物語を締めくくることになった。


関連タグ編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー 七拳聖

スクラッチ社:活動拠点。

臨獣拳アクガタ:敵対流派。


白夜王国:二つの勢力の内における善寄り。

サイバトロン:二つの勢力の内における善寄り。

関連記事

親記事

獣拳 じゅうけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4282

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました