ピクシブ百科事典

激臨の大乱

げきりんのたいらん

激臨の大乱とは、道を違えたブルーサ・イーの弟子達によって引き起こされた大戦である。
目次[非表示]

概要

獣の心を感じ、獣の力を手にする拳法である獣拳
最初は1つの流派だった獣拳だったが、激獣拳ビーストアーツ臨獣拳アクガタと言う2つの流派に分かれ、それぞれに属する獣拳士達は常に陰陽が如く争う事となる。

その獣拳を二分する大事件こそ、「激臨の大乱」と呼ばれる大戦である。

大戦勃発の経緯

獣拳の創始者である激獣ライノセラス拳の使い手であるブルーサ・イー。彼には才気溢れる10人の弟子がいた。マスター・シャーフー達こそがそれである。

だが、その内マク達3人の弟子が邪な心に取り憑かれ、師であるブルーサを裏切って殺害。シャーフー達残る7人と敵対し、袂を分かつ事となる。
その後、裏切ったマク、カタラゲクの3人は憎しみや人々の悲鳴と絶望を獣拳の力と変える邪悪なる獣拳「臨獣拳アクガタ」を興し、その開祖である「三拳魔」となり、臨獣拳で世界を掌握すべく「臨獣殿」を設立。
対するシャーフー、エレハン・キンポーバット・リーシャッキー・チェンゴリー・イェンミシェル・ペングピョン・ピョウの7人は、亡きブルーサの教えを守って臨獣殿を倒す為、正義の獣拳「激獣拳ビーストアーツ」を後世に伝える「七拳聖」となる。

こうして獣拳は光と闇の如く2つに分かれ、激獣拳と臨獣拳は長きに亘って激しい戦いを繰り広げる。その争いは最終的に「激臨の大乱」と呼ばれる程の熾烈極まりない大戦へと発展し、その戦いの末に七拳聖は獣の姿を得る禁忌の術「獣獣全身変」を使用して戦いに勝利。
敗れた三拳魔は魂を「拳魔の腕輪」に、そして肉体を別な場所へとそれぞれ封印され、臨獣拳も滅び廃れて行った。

戦いの後、七拳聖は「獣拳不闘の誓い」を立てて戦いから身を引き、それから先の獣拳の未来を彼等の弟子に任せる様になった。

戦後、そして現在……

ブルーサ・イーの神格化

死したブルーサの魂は激気魂として獣源郷の巨岩に宿り、後にシャーフー達の手でその巨岩は石像として彫刻され、獣拳神サイダインとして崇められる事となる。
こうしてブルーサは獣拳の神と呼ばれ、神格化されるに至った。

七拳聖の現在

7人が7人ともそれぞれの道を歩んでいるが、約半数は「スクラッチ社」の経営に携わっている。

七拳聖その後
マスター・シャーフー激獣拳使いたちが経営するスポーツ科学の最先端を担う企業スクラッチ本社の重鎮を務める。
エレハン・キンポー「スクラッチマイスターズ」の工場長になる。
バット・リー湖のほとりで1人静かに暮らしている。
シャッキー・チェン青鮫島で一人でサバイバル生活をしている。
ゴリー・イェンニューヨークで小説家として暮らしている。
ミシェル・ペングスクラッチ・スウェーデン支社のトップを務める。
ピョン・ピョウケニアの動物保護区の監視員として暮らしている。

臨獣殿の再興

三拳魔が封印され、壊滅した臨獣殿は長い時の流れの中で廃れ、忘れられたかに見えた。
然し、或る事件を機に闇堕ちし、臨獣ライオン拳使いとなった理央が当主となって再興。三拳魔の魂が封印された「拳魔の腕輪」を激獣拳側から奪い、その復活を目論む所からゲキレンジャーの戦いは幕を開ける。

大戦期のメレとバエ

時期は定かではないが、激獣拳側にフライ拳の使い手バエが、そして臨獣拳側にカメレオン拳のメレがそれぞれ入門し、激臨の大乱の際に両者は戦っている。激闘の末、バエは「獣獣全身変」で対抗しようとしたが、技が不完全だった為に身体が縮んでしまい、そのままメレから体内に飲み込まれてしまった。その後、メレも討ち死にし、体内に取り込まれたバエも運命を共にする事となる。

屍となって時が流れ、理央の秘術でリンリンシーとして蘇った現代でこそ拳魔達からも軽んじられるメレだが、生前の容姿と実力を鑑みるに若くして臨獣拳側でもエース級の存在となっていたのは確かだろう。
人間時代のバエの実力は不明だが、劇中でのシャッキーとの話しぶりや他の拳聖達とも面識があった点からそれなりに高レベルの実力者だった事に間違いは無く、そんな彼に「獣獣全身変」を使わせる程に追い詰めていたのだから、やはり生前のメレは臨獣殿の中でもかなりの才媛だったのだ。
尤も、三拳魔の性格からしてどれ程才能が有って実力が高く、有望だろうと門下生の扱いは生者、死者に関わり無く塩対応だった事は間違い無いだろうが……。

関連タグ

獣拳戦隊ゲキレンジャー 激獣拳ビーストアーツ 臨獣拳アクガタ
ブルーサ・イー 七拳聖 三拳魔

その真相


この先、ネタバレ注意

























全ては無間龍ことロンと言う邪悪な幻獣が、自身の「暇潰し」の為に引き起こしたのが激臨の大乱の真実である。
当初ロンはマクを世界を滅ぼす為の人形である「破壊神」に仕立て上げるべく、マクのシャーフーへの対抗心と怒りを煽り対立させ、 悪の道に引き摺り込んで彼に臨獣拳を創設させた。
其処までは良かったのだが、マクは自身の思惑通りに動かないばかりか、逆にロン自身も倒そうとして来た上にシャーフー達にカタ、ラゲク諸共封印された為に計画は断念。
臨獣拳アクガタの誕生は、こうしたロンの身勝手極まりない行動の為に引き起こされた物であり、そこから時を超えて本編での激獣拳と臨獣拳の長い闘争へと至る。

尚、マクを破壊神に仕立て上げる事こそ失敗した物の、ロンは激臨の大乱のどさくさに紛れて自身に魅入られたと思しき臨獣拳士達に「血盟の儀式」を交わさせ、8体の双幻士と言う配下を手に入れる事に成功している。後にこれら8体の駒を有効活用し、幻獣拳なる架空の流派をでっち上げたロンは、今度こそ世界を滅ぼす為の新たな「破壊神」を育てるべく、理央やジャンの運命を狂わせて行くのだった……。

関連記事

親記事

獣拳 じゅうけん

兄弟記事

コメント