ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「憎しみが力を生む!空の拳魔、臨獣ホーク拳のカタ!」
CV:納谷六朗

データ

身長:219cm(邪身豪天変時・61.0m)
体重:95kg(邪身豪天変時・26.6t)
好きな場所:空
好きな食べ物:鳥、ウサギなど
好きな言葉:「能ある鷹は爪を隠す」

概要

三拳魔の1人であり、理央の手で最初に復活した。

を手本とし、大空から戦いを支配し、鋭い爪で相手を頭上から攻撃する臨獣ホーク拳の使い手であり、「飛翔拳」と呼ばれる飛行系リンギを極めた達人。独自の配下にラスカルーツと言う2体のリンリンシーを持つ。

臨気を利用する事により、風と空気の流れに乗って大空を旋回して相手を狙い、相手の頭上から襲いかかって一発で仕留める戦法を取る。
自身の秘伝リンギ「幻死牢」も、鷹が爪で獲物を弄ぶが如く幻覚の鳥篭の中で相手を惑わせ、同士討ちさせる技である。上記の台詞の通り憎しみが力を生むと信じている為、他人を憎む事に固執しており、弟子すら憎んで手に掛け、あまつさえ自身の糧にしてせんとする癖がある。
それでいて弟子と認めた者以外には関わろうとすらしない偏屈な性格の持ち主だが、反面弟子と認めた理央には細かく口を出す等、苛烈ではあるものの弟子に対する面倒見自体は良い

嘗ては獣拳の開祖であるブルーサ・イーに師事した10人の弟子の1人だったが、マクラゲクの2人と共謀してブルーサを暗殺。シャーフー七拳聖と敵対する立場となり、臨獣拳アクガタを創設した。
だが、激臨の大乱と呼ばれる激獣拳ビーストアーツとの死闘の末に敗れ、肉体を岩山の中に封印されていた。其処へ自らの魂を宿した拳魔の腕輪を介し、自らの運命への強い憎しみを見せた理央に反応して遺骸の在処を教え、獣人ブラコから奪った真毒を使われた事で復活を果たした。

使用リンギ

  • 暗黒咆(あんこくほう)

相手の深層心理や普段は心の底に封じ込めている「絶望」を呼び起こし、それを喰らって自らの力とする。

  • 鷹爪一変(ようそういっぺん)
臨気を込めた指先の爪で相手の胸を突き、心の痛みを増幅させる精神攻撃技。
修行にも用いるが増大した心の痛みによって身を滅ぼすこともある。

  • 漆黒咆(しっこくほう)
相手が心の底に封じ込めている「記憶」を呼び起こし、それを読み取る。

  • 憎悪弾(ぞうおだん)
戟から光弾を連射する。

  • 幻死牢(げんしろう)
幻術によって相手に複数の自身の幻を見せて翻弄。
時には無数の分身を用いてあらゆる方向から攻撃し、時には相手の仲間を自身に見せかけ敵を同士討ちさせる自身の秘伝リンギ。

この他にも三拳魔秘伝リンギである慟哭丸と言う技もある。

理央との修行

復活した当初は理央を弟子にする気など更々無く、その憎しみを食らい殺す事で更なる強さを得ようとしていたが、想像以上に強い憎しみで自らのリンギをも打ち破った彼の素質と臨獣殿の頭首としての器を認め、自らの教えを授ける事にした。
弟子と認めてからは、理央の事を「若獅子」と呼ぶ様になる。

「死闘の中に修行あり」を自身のポリシーとしており、命を懸けた死闘の中で己を極限状態に追い込む事で自身の資質を覚醒させるスタンスを取っている。
だが、覚醒に至る為の修行は絶望、憎悪、苦痛と言った、己の中に存在する強烈な負の感情を知覚して増幅させる必要がある為、殆どの者は付いて来れず廃人一直線と言う過酷な物である。

修行自体はこの様にこれでもかと言わんばかりに死が隣り合わせではあるが、教え自体は真っ当に授けていたらしく、理央はゲキレンジャーとの最初の決戦時に飛翔拳の短刀投擲術を使用している。

性格こそ極めて難のある人物ながら、理央の事を弟子として目を掛ける一方で、リンリンシーへの風当たりは強く、メレの事は「汚らわしいリンリンシー」と蔑む極度の塩対応で(※メレもメレでカタの事を激しく嫌っていたが……)、理央のみを弟子と定めている手前、彼等がラゲクに教えを受けている時等は住処である臨獣殿の頂」の岩山に住んでいる。

その最期

再来した激臨の大乱ではシャッキー・チェンの記憶からサイダインの封印の在処を見抜き、戦闘でも羽を飛ばして幻覚を見せ同士討ちさせる秘伝臨技「幻死牢」でゲキレンジャーを苦しめるも、レッドによって破られて逆に強烈な一撃を受ける。

それに怒り、邪身豪天変で巨大化すると、巨大戦では「疾風の矛」という武器を振るいゲキファイヤーゲキトージャウルフを圧倒、ゲキワザを跳ね返し合体解除させる。
其処へゲキチョッパーが復活させたサイダイオーが駆け付けた為に形勢は逆転し、大大砕大斬りを喰らい「我の死は始まりに過ぎぬ!お前達は本当のマク様を知…」と言い遺して爆散した。

最終話にてイメージの臨獣殿を訪れたゲキレンジャーを迎え、ランに自らの動きと技を指導している。

余談

モチーフと名前の由来は言うまでも無く

鷹がモチーフの怪人はスーパー戦隊シリーズにおいて『科学戦隊ダイナマン』のレーザーホーク以来となる。

声を演じた納谷氏は『激走戦隊カーレンジャー』でXXミレーノを演じて以来、11年ぶりにスーパー戦隊シリーズで怪人の声を担当。その2年後の1998年に『星獣戦隊ギンガマン』にて知恵の樹モークと言うヒーローサイドの人物を演じている。
カタを演じてから更に2年後の2009年には『侍戦隊シンケンジャー』のナキナキテの声を当てる事となる。

関連タグ

獣拳戦隊ゲキレンジャー 臨獣拳アクガタ 臨獣殿 三拳魔


臨獣クロウ拳ラスカ臨獣クレーン拳ルーツ:側近。

関連記事

親記事

三拳魔 さんけんま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「空の拳魔カタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6

コメント