ピクシブ百科事典

臨獣拳アクガタ

りんじゅうけんあくがた

「悪の臨戦 黒い怒濤 我らの拳(て)に 臨獣拳!」 ◇ここでは、三拳魔と前半に登場した拳士について説明する。
目次[非表示]

臨獣拳アクガタとは、スーパー戦隊シリーズ第31作『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のもう一つの流派である。
組織としての詳細は『臨獣殿』の記事を参照。ここでは、登場した拳士について説明する。

概要

獣拳の始祖ブルーサ・イーの下で学んだ10人の拳士のうち、3人が「獣拳」を使って世界征服を目論んだため、残った7人と袂を分かつ。その3人は、「臨獣拳アクガタ」を興し、残った7人が立ち上げた「激獣拳ビーストアーツ」と「激臨の大乱」と呼ばれる戦いをしたが、結果として激獣拳側の勝利に終わる。
敗れた臨獣拳側は肉体と魂を分割され、厳重に封印された後に「獣拳不闘の誓い」が立てられた。
激獣拳の7人を「七拳聖」と呼ぶのに対し、臨獣拳の3人は「三拳魔」と呼ばれる。

しかし、七拳聖のリーダー・シャーフーの弟子だった理央が臨獣拳に走り、自ら当主となってアクガタを再興させる。
ここに再び「激臨の大乱」の胎動が始まった。

三拳魔

激臨の大乱に敗れた後は、肉体はどこかに封印され、魂は腕輪に封印された。その「拳魔の腕輪」は、真咲美希が日本に運ぼうとしたが、臨獣拳の刺客マキリカに奪われて理央の元に届けられ、後にスネーク拳ブラコの秘伝リンギ「真毒」によって、3人は復活する事になる。
現当主の理央に対しては、不信感を抱く者や興味を持つ者とに分かれる。

リラッマク



空の拳魔カタ

一富士 二カタ …


声:納谷六朗 (修行その11~34)
「憎しみ」を司る三拳魔の一人。鷹を手本とした臨獣ホーク拳の使い手。
「死闘の中に修行あり」がモットーである。
理央に対しては吸収の速さから力をある程度認めているが、メレに対しては「リンリンシー風情が」と冷たく当たる。キャッチフレーズは「憎しみが力を生む」
激臨の大乱で、覚醒したサイダイオーに倒された。

海の拳魔ラゲク

ラゲク様


声:幸田直子 (修行その15~35)
「妬み」を司る三拳魔の一人。クラゲを手本とした臨獣ジェリー拳の使い手。かつてはシャーフーに好意を持っていた様子。キャッチフレーズは「嫉妬が力をくれる」
カタやマクとは違い、彼女は最期まで理央とメレを気にかけていた。
激臨の大乱で、マクが倒されるのとほぼ同時に、正体を明かしたロンに一撃で腹を貫かれ、水となって消えた。

大地の拳魔マク

声:柴田秀勝 (修行その22~35)
「怒り」を司る三拳魔の一人。熊を手本とした臨獣ベアー拳の使い手。かつてはシャーフーと仲が良く、ブルーサ・イーの一番弟子であったが、ロンの介入が原因で、袂を分かつようになる。キャッチフレーズは「儂こそが拳魔一の拳魔 怒りで力を司る」
臨獣拳の始祖であるため、現当主の理央が気に入らず、復活早々無理矢理当主の座に返り咲いた。
激獣拳の「過激気」に相当する「怒臨気」を会得しており、そのパワーから七拳聖のみならず、
カタ・ラゲクからも恐れられ、マクに対しては、肉体と魂だけでなく、「イキギモ」と呼ばれる
肝臓部も分けられていた。
激臨の大乱を再び起こすが、サイダインから発せられた「獣力」を開花させたゲキレンジャーの前に敗北。

理央とメレは幻獣拳に鞍替えしたため、ここに臨獣拳は事実上滅んだ。

五毒拳

「修行その4」から「その9」にかけて登場。リンリンシーの中でも凶悪な精鋭部隊。
それぞれ、熱・痛み・寒さ・痺れ・吐き気の毒を持つ。
本作に於ける悪の戦隊であり、ゲキレンジャー同様キャッチフレーズを持っている。
元ネタは、1978年に公開された香港の映画『五毒拳』から。

  • 臨獣スネーク拳ブラコ
声:安井邦彦 (修行その4~9)
『一撃必殺の狙撃手』の異名を持つ、五毒拳のリーダー格。マフラーの色は青。
二本の半月刀を振るい、メレとも互角以上に戦える実力者。
死者を蘇らせることの出来る秘伝リンギ「真毒」の使い手だが、理央に謀反を企てていた。
自分以外のメンバーが倒された後、カデムとモリヤを蘇らせて理央を暗殺しようとするも失敗。メレに残った「真毒」を奪われて処刑された。「真毒」は三拳魔を蘇らせるのに用いられた。

  • 臨獣センチピード拳カデム

臨獣センチピード拳のカデム


声:下山吉光 (修行その4,5,9)
『地獄の手数王』の異名を持つ、五毒拳のメンバー。マフラーの色は白。
リンギでゲキイエローに匹敵する超高速のパンチのラッシュを繰り出す。
後にブラコによって蘇らせられ、理央を暗殺しようとするが返り討ちにされた。

  • 臨獣ゲッコー拳モリヤ
声:坂口侯一 (修行その4~6,9)
『対応不能の惑乱者』の異名を持つ、五毒拳のメンバー。マフラーの色は緑。
彼の毒は即効性で、五分で敵の命を奪う。壁や天井を自由に這い回ることができる。
カデムと共に復活するも、再びゲキレンジャーに倒された。

  • 臨獣スコーピオン拳ソリサ
声:安達忍 (修行その4~8)
『戦慄の踊り子』の異名を持つ、五毒拳の紅一点。マフラーの色は赤。
踊り子の異名の通り、ダンスの動きを取り入れた蹴り技を繰り出す。

  • 臨獣トード拳マガ
声:長嶝高士 (修行その4~8)
『鋼鉄鉄壁の守護神』の異名を持つ、五毒拳のメンバー。マフラーの色は黄色。
異名の通り、五毒拳の中では一番の防御力を誇る。

拳士列伝

※1.タブーの声を担当した広川太一郎は、2008年3月に死去したため、本作が遺作となった。
※2.時の拳魔・ムトウムシテは、『非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛』に登場した敵である。

拳士名獣拳元になった動物声優話数
マキリカ臨獣マンティス拳カマキリ土田大1話,2話
ギュウヤ臨獣バッファロー佐藤正治3話
ムザンコセ臨獣パンゴリン拳センザンコウ秋元羊介10話,11話
ナギウ臨獣イール拳難波圭一12話
ラスカ臨獣クロー拳河本邦弘13話,14話
ルーツ臨獣クレーン拳松野太紀13話~15話
ドカリヤ臨獣ハーミットクラブ拳ヤドカリ堀之紀17話,18話
エルカ臨獣トード拳石野竜三19話
タブー臨獣ピッグ拳広川太一郎※122話
マーラシア臨獣ポーキュパイン拳ヤマアラシ近藤孝行23話
ヒヒ臨獣バブーン拳ヒヒ島田敏24話,25話
ポウオーテ臨獣アーチャフィッシュ拳鉄砲魚松本大27話
ニワ臨獣クロコダイルワニ酒井敬幸28話
チョウダ臨獣オーストリッチ拳ダチョウ内匠靖明29,30話
ツネキ臨獣フォックス高戸靖広31話
ムコウア臨獣アングラーフィッシュ拳アンコウ大林勝33話
バーカー臨獣ヒポポタマス拳カバ岸祐二『VSボウケン
メカ臨獣トータス(陸亀)宇垣秀成『VSゴーオン』 『デカレン10yearsafter
臨機兵ブトカ臨獣ビートル拳カブトムシなし19,21,26話
臨機兵ワガタク臨獣スタッグ拳クワガタムシなし19,21,26話
時の拳魔ムトウムシテ※2.臨獣レディバグ拳天道虫檜山修之アキバ』第8痛

臨獣クレーン拳のルーツ
Butoka & Wagataku


関連タグ

スーパー戦隊シリーズ 獣拳戦隊ゲキレンジャー

幹部に関しては:臨獣殿
後半における展開:幻獣拳

ネガティブシンジケート臨獣拳アクガタ(臨獣殿幻獣拳蛮機族ガイアーク
ゴードム文明 ジャリュウ一族 ダークシャドウ クエスターの4組織の総称。

pixivに投稿された作品 pixivで「臨獣拳アクガタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2306

コメント