ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

獣拳戦隊ゲキレンジャー』のもう一つの流派。


拠点については『臨獣殿』の記事を参照。


概要

獣拳の始祖ブルーサ・イーの下で学んだ10人の拳士の内、3人がブルーサを暗殺し、獣拳を使って世界征服を目論んだため、残った7人と袂を分かつ。その3人は、「臨獣拳アクガタ」を興し、残った7人が立ち上げた「激獣拳ビーストアーツ」と激臨の大乱と呼ばれる戦いをしたが、結果として激獣拳側の勝利に終わる。


敗れた臨獣拳側は肉体と魂を分割され、厳重に封印された後に「獣拳不闘の誓い」が立てられた。


激獣拳の7人を「七拳聖」と呼ぶのに対し、臨獣拳の3人は三拳魔と呼ばれる。


しかし、七拳聖のリーダー・シャーフーの弟子だった理央が臨獣拳に走り、自ら当主となってアクガタを再興させる。強さを追い求めるようになり臨獣殿に走ると、彼の力で多くのリンシーやリンリンシーが復活。三拳魔を復活させて世界を制するべく動き出す。


名前は臨終にも掛けていると思われる(実際に理央を除いた臨獣拳士は死人である)。


構成員

臨獣殿

理央 / 黒獅子リオ(演:荒木宏文
理央様
臨獣殿を束ねる現当主で、臨獣ライオン拳の使い手。臨気凱装で「黒獅子リオ」に変化する。中盤以降、「幻獣拳」へと鞍替えする。
メレ(演:平田裕香
ゲキレンジャーの敵幹部【メレ様】
理央に仕える直属の部下で、臨獣カメレオン拳の使い手。元はリンリンシー。中盤以降、「幻獣拳」へと鞍替えする。
ロン(声:川野直輝
ロン
第23話から登場する謎の男性。理央に助言を行う。マクの殉職後、臨獣拳を「幻獣拳」に鞍替えするよう理央に唆す。

三拳魔

臨獣拳アクガタの創始者である3名の悪しき獣拳使い。


空の拳魔カタ(声:納谷六朗
一富士 二カタ …
「憎しみ」を司る三拳魔で、を手本とした臨獣ホーク拳の使い手。理央を修行させる。第11話から登場し、第34話で殉職。
海の拳魔ラゲク(声:幸田直子
ラゲク様
「妬み」を司る三拳魔で、クラゲを手本とした臨獣ジェリー拳の使い手。理央とメレの理解者。第15話から登場し、第35話でロンに暗殺される。
大地の拳魔マク(声:柴田秀勝
大地の拳魔
「怒り」を司る三拳魔のリーダー格で、を手本とした臨獣ベアー拳の使い手。第22話から登場し、理央から臨獣殿の当主の座を奪うが、第35話で殉職。

その他

バエ(声:石田彰
バエ
メレに捕らわれたことにより、渋々彼女と同行している激獣フライ拳の使い手(厳密に言えば臨獣拳側の人物ではない)。

怪人

臨獣拳士
临兽螳螂拳士
この世に蘇った臨獣拳の使い手で、「獣人邪身変(じゅうじんじゃしんへん)」によって獣人と化したリンリンシー達。今作における今週の怪人。
五毒拳
臨獣センチピード拳のカデム
「修行その4」から「その9」にかけて登場。臨獣拳士の中でも凶悪な精鋭部隊。それぞれ、熱・痛み・寒さ・痺れ・吐き気の毒を持つ。

戦闘員

リンシー
临尸
臨獣殿の戦闘員。この世に未練を残して死んだ拳士達の成れの果て。「試しの房」と呼ばれる独房で戦いを勝ち抜くとリンリンシーになることができる。
リンリンシー
临临尸
リンシーと違い、知能を持つ。この姿になると自分が手本としていた動物をモチーフとした怪人に変化できる。さらに自力での巨大化もできる。

流派としての性質

その力の源は「臨気」であり、激獣拳の「激気」と対をなす気力。人々の苦しみや悲しみ、絶望といった負の感情が増幅するとより強さを増すという性質を持つ。

臨気

激獣拳の「激気」と対をなす気力。人々の苦しみや悲しみ、絶望といった負の感情が増幅すると、臨気は強くなる。

怒臨気

激獣拳の「過激気」と対をなす力。理央はゲキレンジャーに追い抜かれた怒りと成長できない怒りから会得した。


臨技

リンリンシーたちが手本としている動物の真骨頂といえる技。


リンビースト

ゲキビーストと対をなす獣拳巨人。理央が操るリンライオンとメレが操るリンカメレオンの2体が確認されている。

ゲキトージャと呉越同舟獣拳合体した形態。初登場は電影版(映画)。

ゲキトージャウルフと呉越同舟獣拳合体した形態。初登場は『獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー』。

ゲキリントージャがサイダインに搭乗した究極形態。ロンとの決戦時に登場した。


幻獣拳

マク体制崩壊後、ロンの助言によって臨獣拳から鞍替えして発足した新体制。詳細は、幻獣拳へ。


その結末

作中終盤、臨獣殿は理央メレを残し壊滅。その二人もかつて三拳魔のクーデターを裏で引き起こした真の巨悪との戦いで命を落とした。

しかし理央が死の間際にリンギ全臨伝授により臨獣拳アクガタの全てをゲキレンジャーに託したことで、臨獣拳アクガタの技術は激獣拳ビーストアーツとひとつとなり、ただの獣拳として昇華された。そこから生まれたひとつの奥義が、物語を締めくくることになった。


余談

上述の通り臨獣拳アクガタの力の源である臨気は人々の負の感情を糧とし力を増す性質があり、この性質のために臨獣殿は人々を襲っていた。

しかしこれは裏を返せば苦しむ人々がいる時にこそ力を発揮するということでもあり、スーパー戦隊の掲げる正義と大きく矛盾するものではない。だからこそ最後は獣拳として受け入れられたとも言える。

後の作品に登場した理央、メレも正義の戦士としての側から臨気や臨獣拳アクガタを使用している。


関連タグ

スーパー戦隊シリーズ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 臨獣殿

スーパー戦隊の敵陣営

バグナラク:何気に共通している所がある。

関連記事

親記事

獣拳 じゅうけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37420

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました