ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

蛮機族ガイアーク

ばんきぞくがいあーく

蛮機族ガイアークとは、スーパー戦隊シリーズ第32作「炎神戦隊ゴーオンジャー」に登場する悪の組織である。
目次 [非表示]

 我らガイアーク……このヒューマンワールドを我が物にするため、大地を穢し、 


 水を濁らせ、 


 大気を汚しておるのに!貴様という奴はよくもおめおめと! 


概要

11の世界の一つ、ジャンクワールドを発祥とする機械生命体。

元々は彼らもマシンワールドの住人で、炎神からは絶滅したと思われていたが、生き残っていた三大臣(三賢人とも呼称される)がガイアークを結成しマシンワールドの征服を目論むが、その結果炎神たちによってマシンワールドから放逐されてしまう。

それぞれが「害地目」「害気目」「害水目」というグループに属しており、更に幹部は「○○大臣」という肩書を持つ。

炎神たちが暮らすマシンワールドを襲撃するも失敗し、3大臣はヒューマンワールド(地球)に逃げ込み、そこにヘルガイユ宮殿を構える。


彼らはヒューマンワールドの環境を破壊し、ガイアークが住みやすい環境を作ることが目的である。

人間とは美的感覚が異なり、「汚い」が褒め言葉で、「美しい」は侮辱の言葉となる(ただし「カッコいい」「可愛い」は褒め言葉)。

当初は3人の大臣が主導していたが、終盤では高官が登場し、3大臣に代わって指揮を執った。

基本的にエネルギー源はオイルだが、ガイアーク3大臣は侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャーでは酒を飲んだり、寿司を食べていた様子があった事から、恐らくガイアークも人間の食事を取ることも可能だと思われる。


地球やマシンワールドにとっては害悪でしかないが、その動機は「故郷を失った蛮機族が平和に暮らせる理想の世界を作りたい」という切実な願いによるもの。

そのため仲間同士の結束はとても強く、3大臣は協力して作戦を立てている他、ウガッツ含む部下達への信頼も篤い。

またコミカルでお茶目なシーンも多く、所謂憎めない悪役である。

しかし作中終盤、手段を選ばない総裏大臣一派の登場によって一気にブラックな組織へと変貌を遂げていく…。



構成員

三大臣一派

三大臣

ガイアークのヒューマンワールド(地球)侵略を主導する3名の大臣(幹部)。中盤のヨゴシュタインの独走による軋轢はあったものの、仲間として思いあう絆を持つ。


害地大臣ヨゴシュタイン(声:梁田清之
ヨゴシュタイン
ガイアークの害地大臣で、ヨゴシマクリタインの息子。害地目の蛮機獣を従える。
害気大臣キタネイダス(声:真殿光昭
オッドアイ
ガイアークの害気大臣。害気目の蛮機獣を従える。終盤で、ヨゴシマクリタインに反旗して粛清される。
害水大臣ケガレシア(演:及川奈央
今日は飲むでおじゃる♪
ガイアークの害水大臣。害水目の蛮機獣を従える。終盤で、キタネイダス共々ヨゴシマクリタインに粛清される。

三大臣の関係者

害地副大臣ヒラメキメデス(声:中井和哉
害地副大臣
ガイアークの害地副大臣で、ヨゴシュタイン直属の部下。
害水王子ニゴール・ゾ・アレルンブラ(声:野島健児
害水王子 ニゴール・ゾ・アレルンブラ
GP-26に登場。蛮機族害水目の名門・アレルンブラ家の害水王子。清潔なものを愛する。
害水機士ウズマキホーテ(声:楠見尚己
ウズマキホーテ
GP-25に登場。蛮機族の名門・アレルンブラ家を守り、ニゴールに仕える害水機士。

総裏大臣一派

終盤から登場する、ガイアークの3大臣より位が上の大臣たち。3大臣の手ぬるいやり方に業を煮やし、指揮権を簒奪する。


総裏大臣ヨゴシマクリタイン(声:梁田清之)
ガイアーク真の首魁(ではない)
ガイアークの頂点に君臨する独裁者。害地目出身で、ヨゴシュタインの父親。
危官房長官チラカソーネ(声:島田敏
裏三幹部害気担当
ヨゴシマクリタインの最側近で、害気目出身。
掃治大臣キレイズキー(声:竹本英史
【リクエスト作品】キレイズキーさん
ヨゴシマクリタインの側近で、害水目出身。戦闘のプロ。

その他

蛮機族ホロンデルタール
GP-35に登場。ヨゴシュタインが復活させた伝説の蛮機族。ダイナワールド(中生代地球)を滅ぼすほどの力を持つ。
ココロオトメデス(声:中井和哉
精神(こころ)がもう乙女です
『炎神戦隊ゴーオンジャーゼミナールだよ!全員GO-ON!』に登場。ヒラメキメデスの兄で、乙女の心を持つ。

害統領一派(残党)

害統領バッチード(声:銀河万丈
ガイアーク真の黒幕
映画『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー銀幕BANG!』に登場。ガイアークの大物たる害統領。外道衆と手を組む。
害統領(2代目)ババッチード(声:銀河万丈)
ガイアーク真の黒幕
海賊戦隊ゴーカイジャー』第35話~第36話に登場。2代目の害統領。ゴーカイジャーや宇宙帝国ザンギャックと敵対し、ヒューマンワールド(地球)の支配を目論む。
保蛮官チラカシズキー(声:黒田崇矢
散らかそうね+キレイ好き=?
『海賊戦隊ゴーカイジャー』第35話に登場。ババッチードの部下。

怪人

蛮機獣
再生怪人は弱いゾヨ
ガイアークがヒューマンワールドを征服するために送り出す機械生命体の総称。幹部と同様に「害地目」「害気目」「害水目」に分類され、3大臣が合同で作った場合は「スペシャル目」と呼ばれる。

戦闘員

蛮機兵ウガッツ
ウガッ☆
スクラップから生まれるガイアークの量産型戦闘員。バイクに変形することもできる。

協力者

魔女博士オーセン(演:木野花
あの人は魔女
GP-27に登場するジャンクワールドの住人。キタネイダスに騙されてゴミを増幅させる超兵器を開発するが、範人と交流した事により真実を知る。

戦力

ヘルガイユ宮殿

さーんぎょーおーかーくーめーいーだー

ガイアークの本拠地で、ヒューマンワールドのどこかにある。

心臓部には、「デウス・ハグル・マギア」と呼ばれる巨大な歯車が回っており、ウガッツや蛮ドーマを大量生産させる。

このデウス・ハグル・マギアは、別次元を繋ぐ扉にもなっている。


名前はベルサイユ宮殿に、「地獄」(hell)と「害」をあわせたもので、デウス・ハグル・マギアは「デウス・エクス・マキナ」から。


ビックリウムエナジー

キタネイダスが開発した蛮機獣を巨大化させるエネルギー。ただし、劇薬であるため、多量に摂取すると暴走を起こしてしまう。

巨大化するときは「サンギョーカクメーイ!!」と叫んで巨大化する。

終盤では、ヨゴシマクリタインが開発したさらに強力な「ドッキリウムエナジー」も使用され、こちらは「チョーサンギョーカクメーイ!!!」と叫んで巨大化する。


蛮ドーマ

蛮ドーマ(脚部伸長時)

カマドウマがモチーフになっているマシン。飛び跳ねて移動する地上モードと羽を広げて飛行する空中モードに変形する。ヒラメキメデス専用の蛮ドーマスペシャルも存在する。

大抵は新しく登場した炎神の噛ませ犬にされる。


関連イラスト

ヨゴシュタイン…永遠に
赤塚世代


関連タグ

スーパー戦隊シリーズ 炎神戦隊ゴーオンジャー

スーパー戦隊の敵陣営

侍戦隊シンケンジャー海賊戦隊ゴーカイジャー:残党が登場する。

関連記事

親記事

炎神戦隊ゴーオンジャー えんじんせんたいごーおんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138194

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました