ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ポク…ポク…ピーン!ヒラメきまして御座います!」

CV:中井和哉


私の概要でございます

炎神戦隊ゴーオンジャー』の敵組織・蛮機族ガイアークのメンバー。

一人称は「私(わたくし)」で、害地目出身。

GP-15から登場した害地大臣ヨゴシュタインの部下で、肩書は「害地副大臣」。

作戦が閃くと、「ポクポクピーン!」と頭の電球が光る。


愛用の武器は定規と分度器をモチーフとした『ハカリバー』で、害地副大臣の証としてヒラメキメデスの為にヨゴシュタインが設えた一点物の剣である。


ヨゴシュタインの信頼も篤い切れ者で、高度な知性と策略でゴーオンジャーを窮地に追い込む。「三大臣様がお離れになる前の」マシンワールドでは連戦連勝だったが、炎神トリプタージェットラスの反撃に遭い、ヒューマンワールドに逃れてきてガイアークに合流した。

しかしトリプターとジェットラスも、彼を追ってきたヒューマンワールドでゴーオンウイングスというパートナーを得て、再び激闘を繰り広げることになる。


三大臣と比べてシリアス色は強いものの悪の組織の策士キャラにありがちな面従腹背といった暗さは無く、上司であるヨゴシュタインへの忠誠心は本物。また他の幹部の足を引っ張ったり陥れるような事もほとんどしなかった(一度だけ作戦の為に利用した事はあった)。

かつて、身分が低いばかりに誰にもその頭脳を認めてもらえない事に鬱屈して「かくなる上は、この手でヨゴシュタイン様を亡き者にし、害地大臣の座に……」と考えていた頃、自分の力を認め取りたててくれたヨゴシュタインに心酔しており、命を賭しても恩に報いようとする。

その忠誠心は並大抵のものではなく、自らの理性を捨て暴走状態になることで一気にパワーアップするデタラメデスや、死後怨霊として復活したウラメシメデスなど、敗れても死んでもヨゴシュタインのために、「士は己を知る者の為に死す」という言葉を体現するかの如くゴーオンジャー打倒に執念を燃やし続ける。


私の技でございます。

  • 正三角形斬り

敵の群れの中心に飛び込んで高速で移動しながら正三角形を描き、敵全員をハカリバーの斬撃で攻撃する。


  • 円周率パイビーム

3.14159265……と長々と続く円周率の数字型の光線を飛ばして、それを頑丈な鎖の光線として敵を拘束する妨害技。


  • 角度45度・直角二等辺三角形斬り

ハカリバーの切っ先で空中に二等辺三角形を描き、それを斬撃として飛ばして攻撃する。


  • 鋭角三角形斬り

敵が飛び掛かるなどで進入角度が30度等の鋭角となった時、そこからの落下を攻撃に利用して斬りつける対空の技。


  • ヒラメキ殺法・三平方の定理

前述の『角度45度・直角二等辺三角形斬り』に似た技で、空中にハカリバーの切っ先で直角三角形を描き、完成した直角三角形を敵に向かって飛ばして炸裂させる。


余談でございます

名前は「閃き」とギリシャの哲学者アルキメデス」から。


テレビマガジン特製DVDには、ココロオトメデスが登場した。


映画『シンケンジャーVSゴーオンジャー』では三途の川に一瞬だけ登場する。


関連イラストでございます

害地副大臣ぽくぽくぴーん

害地副大臣ヒラメキメデスヒラメキメデス追悼


関連タグでございます

炎神戦隊ゴーオンジャー 蛮機族ガイアーク ヨゴシュタイン ココロオトメデス


闇商人ビズネラ10年前の戦隊作品に登場した、頭脳派の追加幹部つながり。

①敵味方問わず敬語や丁寧語で接する。

②忠誠を誓っている武闘派の上司がいる。

③策士キャラにありがちな「面従腹背」の描写がなかった。

④最後の戦いでは上司を巻き込んだ大作戦を行うも失敗、パワーアップして変貌した姿で追い詰めるが散ってしまった。

等共通点は多く存在する。

関連記事

親記事

蛮機族ガイアーク ばんきぞくがいあーく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64865

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました