2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ワレが負けるなど決してあってはならぬナリナ…… ワレは11次元の覇者・ガイアークの総裏大臣 アイムソーリー!!」

CV:梁田清之

概要ナリナ

蛮機族ガイアークの支配者たる総裏大臣で、害地大臣ヨゴシュタインの父親。自身も害地目出身。
語尾に「~ナリナ」が付く(ちなみにヨゴシュタインも「~ナリ」とつく)。
 
ヨゴシュタインは仲間思いな一面を見せていたりもしたが、このヨゴシマクリタインは息子とは正反対で典型的な独裁者気質。部下は使い捨てとしか考えていない冷酷非情さを持つ。
また、本編中でもヨゴシュタインの事を話題に上げたケガレシア達に対して、「ゴーオンジャー如きに負けた役立たずの名など聞きたくない!」と一蹴している事から、身内に対する情すら持ち合わせていないのが窺える。

とはいえガイアークのトップに立つだけあって実力は驚異的で、危官房長官チラカソーネと掃治大臣キレイズキーを従えて、サウンドワールド、マジックワールド、プリズムワールドの3つの世界を滅ぼした。
ジャイアン族のキャリゲーターにとっては、不倶戴天の仇でもある。

最大の必殺技である「正義解散」は、光線を浴びた者を粒子状にして別次元に飛ばす超極太の光線で、それ以外にも「定額給付弾」や巨大な棒状の武器『デンカノボウトウ』を用いた「強行採決」「ヨゴシマニフェストブレイク」等、いずれも強力な技を使用する。
但し、「正義解散」は強力な技である分、使用時のエネルギーの消耗が激しく、連続使用が出来ない燃費の悪さを欠点とし、技の発動には『ムゲンゴミバコ』を必要とする。

そのせいで、ゴーオンジャーに対し圧倒的有利な状況下であっても、『ヘルガイユ宮殿』でエネルギー補給の為に食事ばかりをしていた。

蛮機族ガイアークの総裏大臣

ヨゴシュタインに対し、『ヘルガイユ宮殿』内の『デウス・ハグル・マギア』の設計図を渡してそれを作らせ、自身は二人の部下を連れて3ワールドを滅ぼした。

その後ヨゴシュタインが戦死し、掃治大臣キレイズキーがケガレシアキタネイダスの下に行くが、彼も戦死した後の二大臣を見かねて『ムゲンゴミバコ』を介して危官房長官チラカソーネとともに『ヘルガイユ宮殿』内に現れると、蛮機族ガイアークの指揮権を獲得した。

チラカソーネ「内閣改造!ガイアークはチェンジする時ナノーネ!世界中の空を、海を!!陸を汚しまくり、散らかしまくるのーネ!!!」
Yes We can

その後は、チラカソーネを送り出すも敗北。しかし、その時の言動から初めからチラカソーネに対しても期待などしていなかった事が分かる。
そして、チラカソーネに勝利したゴーオンジャーの面々の前に姿を現し、等身大のサイズでもガンバルオーを圧倒し、グリーン、ブラック、バルカガンパード、キャリゲーターを「正義解散」で消滅させた。

更にケッテイバンキ敗北後にも姿を現し、「正義解散」で古代炎神族を消滅させ、エンジンオーを庇ったウイングス、トリプタージェットラスジャン・ボエールをも消し去ってしまう。

その後、ヘルガイユ宮殿で2大臣を盾にする等の、度重なる非情な行為により「ガイアークに独裁者は要らないゾヨ」「お前なんかに蛮機族にとっての理想の世界は作れないでおじゃる」とキタネイダスとケガレシアに反逆され、ムゲンゴミバコを破壊される。出掛かった勝利の芽を潰された為、その怒りから彼等を粛清した。

最終決戦では、ゴーオンジャーの初期メンバー3人を相手に圧倒したが、最終的にデウス・ハグル・マギアも破壊され、蛮ドーマ軍団が無限に作れなくなった。
そして、これにより消滅させたゴーオンジャーや炎神も復活してしまう。
全員揃ったゴーオンジャーとウイングスに「強行採決」を浴びせ、メットを吹き飛ばす程の優位に立つが、ゴーオンジャーとウイングスの合同必殺技「ゴーオン絆スペシャル」を受け敗北。

第三次産業革命を起こし巨大化した後の戦いでは、エンジンオーG12のG12グランプリで、腹部が貫通する程の損傷を受けながらも、驚異的な再生能力で戦闘を続行、火球を『デンカノホウトウ』で打ってG12を苦しめる。
しかし、全員の気持ちが1つになったG12の必殺技「G12ファイナルグランプリ」に、「ヨゴシマニフェストブレイク」をことごとくかわされた上にボディに風穴を空けられ敗北。上記の断末魔を言い残して爆散した。
謝罪を意味する「I'm Sorry」と「総理」をかけたダジャレであることは言うまでもないが、直前の発言からも謝罪の意思は見られない。

こうしてガイアークは壊滅し、平和が守られたヒューマンワールド。そしてゴーオンジャーの面々も炎神たちに別れを告げ、それぞれの日常に戻っていった。
 
だがそれから数ヵ月後、行方をくらましていたガイアークの大物が異世界「ガンマンワールド」に姿を表したという。
更なる巨悪を倒すべく、ゴーオンジャーのラストバトルが幕を明けるのだった。


余談ナリナ

同じガイアークではあるものの、元々ヒューマンワールドの侵略が三大臣の主導で行われていた事から、彼らの上司と言うよりは第三勢力に近い立ち回りだった。
声を担当した梁田清之氏は息子のヨゴシュタインと合わせ、親子2名の声を担当した。
それを意識してか、GP-46で初登場した際はキタネイダスから「なんか聞いたような声」と言われた。

海外版『RPM』ではコンピュータウィルスのヴェンジックスとして登場。初期はヒラメキメデスの姿だったが、後にヨゴシマクリタインの姿となった。更にゴーバスターズ海外版『ビーストモーファーズ』のラスボスとしてメサイア・リブートの姿で復活した。

黒十字の総裏大臣ナリナ

「人生2回目の、アイムソーリー!!」
199ヒーロー大決戦』にて黒十字王の手によって、復活の総裏大臣ヨゴシマクリタインとして復活を果たす。今回は息子に似てコミカルな性格になっている。
東映京都撮影所を模した「ヨゴ映撮影所」にゴセイブラック/アグリゴセイイエロー/モネの兄妹と、ゴーカイブルー/ジョー・ギブケンゴーカイイエロー/ルカ・ミルフィの4人を閉じ込める。
しかし、町娘に扮したモネとルカの同調作戦にハマり、4人の一斉攻撃の前に倒された。
その後、黒十字城の力で復活するも、歴代の1号ロボの前に敗北し消滅した。

関連タグナリナ

炎神戦隊ゴーオンジャー 蛮機族ガイアーク ヨゴシュタイン ケガレシア キタネイダス チラカソーネ キレイズキー 
邪悪

メサイア・リブート:海外版における復活態

星王バズー 暴魔大帝ラゴーン ドクター・ギバ ラディゲ トランザ シャダム中佐 皇祖女帝マザーメルザード 大魔女グランディーヌ 10サイのロボゴーグ 蛮野天十郎 牙鬼幻月:家族や仲間を道具としか思っていない組織の幹部・首領繋がり。ラディゲとは最終回Aパートで倒された点が共通している。

檀正宗:こちらも彼同様、第三勢力に近い立ち回りであり、実の息子はおろか、自分達の同胞すら平気で傷つける極悪人(しかし、後にこれらの言動は、彼に感染していたウイルスが原因だと判明した)。

バンドーラ妖怪大魔王皇帝バッカスフンドアクドス・ギル:こちらも幹部の血縁者で、組織のトップを握った者繋がり。但し、彼らは実の息子の死を悔やんでおり、バッカスフンドに至っては自らを犠牲に息子を復活させていた。

バンリキ魔王:第三勢力で組織の乗っ取りを行い、最終的には元々のメンバーの反抗により弱体化した悪役繋がり。

バットファンガイア・リボーン館長:同時期のニチアサ作品におけるラスボス。

スーパー戦隊ラスボスリンク
ロンヨゴシマクリタイン血祭ドウコク

関連記事

親記事

蛮機族ガイアーク ばんきぞくがいあーく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 377

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました