ピクシブ百科事典

血祭ドウコク

ちまつりどうこく

スーパー戦隊シリーズ「侍戦隊シンケンジャー」に登場する敵キャラクター。
目次[非表示]

「俺がいなくなっても…いつか、てめえらも泣く時が来る…三途の川の隙間は…開いてるぜ…」

CV:西凛太朗

概要

外道衆の総大将。
一人称は「オレ」、二人称は「テメェ」。長身痩躯だが全身に鎧や棘のような意匠を身に付け、荒武者を彷彿とさせる。武器は龍の意匠の入った「昇竜抜山刀(しょうりゅうばくざんとう)」「降竜蓋世刀(こうりゅうがいせいとう)」という大刀と小刀で、酒を飲んでいる時以外は片時も手放さない。アヤカシたちからは「御大将(おんたいしょう)」と呼ばれる。

先代のシンケンジャーと相討ちになって五体をバラバラにされ、長い年月をかけて復活はしたものの、外道衆共通の弱点である水切れを起こしやすくなっているため、日頃は、三途の川に浮かぶ本拠地の「六文船」の中で酒を飲んでいることが多く、配下のアヤカシ達にも口出しすることなく、好き勝手に暴れさせている。
しかし絶大な戦闘力は健在で、一旦怒って暴れ出そうものなら手が付けられなくなってしまい、もっと酒を飲ませるか、薄皮太夫三味線の音色でしか抑えられない。

水切れという事情と、三途の川にシンケンジャーは実質潜入不可能ということもあって、第一幕から登場し続けているが、シンケンジャーとの戦闘は第四十幕が初めてであり、最後まで大ボスとして君臨し続けた。

存在するだけで、ナナシ連中などがドウコクの強い怒りにより三途の川の積石の隙間から無限に出現、更に夏になると力が増大、それに伴って三途の川が増水、その影響で、他のアヤカシやナナシ連中も影響を受けで強化され、脂目マンプクや筋殻アクマロが現代に復活、ノサカマタも発生するなど強い影響力を見せる。
ただし、夏の力は本人が持て余す程で、制御の為に暫く六門船を離れたが、後に使い熟せるようになった。

何処か人間臭い一面を持ち、短気な性格ながらシタリから慕われているなど、憎めない面も持ち合わせている。
また、策を講じず、力押しを好み、シンケンジャーと壮絶な死闘を繰り広げ、最後は自身が敗れた際、不敵な捨て台詞を吐くなど、最後まで堂々と戦い、その散り際は潔さを感じる程であった。

性格

生まれ持った底抜けの苛立ちを抱えているため短気な性格で、本気で怒ると手がつけられず、太夫と酒以外ではなだめられない。

一方で、ゴズナグモに脅され、自身の命欲しさに協力された事を正直に話したシタリを許したりするなど、笑って済ませられる範囲でのアヤカシの悪ふざけや軽口・冗談などに対しては比較的寛容な態度を示す。
アヤカシに忠誠心や仲間意識は乏しいため、御大将と言われながらも基本的に軽いノリで接されている。
ゴズナグモが自身に敵意を持っている事を知りつつも、明確な反乱を起こすまでは六門船に出入り禁止に留める等、意外に裁量があり、懐は広い。
ただし、外道衆全体に対する反乱や明らかに自分に対する敵意を持った直接的な行為に対しては厳しい態度を取り、制裁を下したこともある。
この辺の大らかさは、外道衆の目的が三途の川の増水にあり、基本的にやり方を問わないという一面もあると思われる。

戦闘力

シンプルにとにかく強い

圧倒的なパワーとスピード、丈瑠の斬撃をまともに受けても微塵のダメージも負わない防御力を誇り、アヤカシとは一線も二線も画する実力を誇り、咆哮による衝撃波も驚異の威力を持つ。
先代シンケンレッドを簡単に斬り伏せる程の実力を持ち、水切れにより短時間しか戦えない状態で戦ってもシンケンジャー6人とアクマロに反撃を許さず圧倒する程で、スーパーシンケンブルー、ハイパーシンケングリーンの2人の強化形態がいたにも関わらず余裕を見せた。

一方で、力押しを好むゆえか、剣術に限れば志葉丈瑠腑破十臓ほどの腕前になれば一応は互角程度の戦いは可能である(もっとも、その他の能力を含めて互角かどうかは別)。

純粋な戦闘力以外にも、アヤカシを縛る能力を持ち、圧倒的な力と能力で他のアヤカシを絶対的に支配し、アヤカシ達を束ねる首領として君臨している。
ただし、はぐれ外道には効果が不十分で、完全に支配することができないが、それでもしばらくは動けなくなるなど、かなり強力な力を有している事が伺える。
また、アヤカシに自身の力を注いで暴走状態にさせたこともあった。

最後

太夫を利用した筋殻アクマロに怒りを爆発させ、シタリの制止を振り切って地上に出現。シンケンジャーやアクマロを退けて太夫を助けたものの、深刻な水切れで川の底に沈むこととなってしまった。しかし太夫が三味線の嘆きの力を解放したことで復活を果たす。

そして太夫を取り込んだことで志葉薫の封印の文字や水切れを無効化し、地上に三途の川の水を溢れさせてシタリとともに六門船に乗って侵攻、シンケンジャーとの最終決戦を展開する。封印の文字を受けて出来た胸の傷に志葉家のモヂカラを立て続けに受けたことで一の目を潰され、二の目では自身の攻撃を受けてサムライハオーの状態から折神を次々に吹き飛ばされながらもお構い無しに突っ込むシンケンオーに懐に潜り込まれ、全てのモヂカラを込めたダイシンケンの一撃を受けて倒され、最後は上記の言葉を残してダイシンケンもろとも爆散した。

ドウコクの死をもって、外道衆の地上侵攻は鳴りを潜めることとなったが、後にとある奴が彼の姿を真似て外道衆を率いることとなる。

また、彼はあくまで多くのアヤカシを従えていただけですべてのアヤカシを配下にしていたわけではなく、外道衆を倒したとしても冒頭のセリフ通りシンケンジャーとアヤカシの戦いそのものは終わらないだろうと思われる。

太夫との関係

かつて六門船の上で暴れまわっていたが、太夫が外道へ堕ちる前の薄雪の頃から新左を待ちながら奏でていた三味線の悲しげな音色を聞いて、大人しくなったようで、外道に落ちた彼女を拾い、傍に置いた。シタリ曰く「人の世の涙をかき集めたような音色で、ドウコクがその音色に耳を傾けない日はなかった」。
そのため、シタリから太夫には甘いと言われ、他のアヤカシが特異な存在であるはぐれ外道である彼女と険悪になった際には仲裁する様子も見せる。

ただし、十臓の殺害という命令に、同じはぐれ外道として親近感を覚えていた太夫が従わなかったため、彼女が大切にしている三味線を壊したせいで離反されてしまった。
このときは完全に自業自得ながら苛立ちを抑えられていなかった。

その後、アクマロの裏切りに激怒して、封印の後遺症で水切れが激しくなるにも関わらず、シタリの静止を振り切り、人間界に乗り込み、水切れの症状が進む中、自らの身体の一部を剥がし、三味線の傷に貼り付けて修復させ、「てめぇは外道に落ちた。他に行く場所はねぇ」と告げたことにより太夫は再び六文銭へと戻る。

その後、力を使い果たしたドウコク復活のために三味線(これははぐれ外道が命をつなぎとめる執着そのものでもある)を手放し、もうドウコクの求める音色は奏でられないとしてドウコクに取り込まれ消滅した。

ドウコクが欲していたのはあくまで悲しげな三味線を奏でる太夫と言ってはいるものの、それを引けなくなった彼女を打算無し(実質的には強化へとつながったが)に取り込んだことや彼女の打掛を三途の川に流し弔うような姿を見せたことなどから何か思うところがあったのではないかと考えられるが真相は不明である。

余談



  • 酒を飲み、暴力をふるい、自分で暴力をふるったことが原因のくせに女を呼び戻すとやってることは完全にDV夫のそれである。まあ、外道だし…

関連タグ

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 薄皮太夫 骨のシタリ 腑破十臓 筋殻アクマロ 脂目マンプク
憎めない悪役…上記の性格の大らかな一面や太夫との関係、時折見せる人間臭さからこういう印象を持たれることもある。もっとも、彼自身の性格は普通に外道なのだが。

シャダム中佐…戦隊キャラでの中の人繋がり。またラスボスだと言う点も共通する。

pixivに投稿された作品 pixivで「血祭ドウコク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14393

コメント