ピクシブ百科事典

ノサカマタ

のさかまた

ノサカマタとは『侍戦隊シンケンジャー』に登場する戦闘員の一種である。
目次[非表示]

概要

 第二十三幕で初登場した外道衆の新たな戦闘員
 の様な巨大な顎を持ち、口から強力な火炎弾を放って攻撃する遠距離要員である。

 ナナシ連中と同様、血祭ドウコクの怒りに反応し、賽の河原の積石の隙間から無限に現れる。

 上記の通り第二十三幕「暴走外道衆」の回にて、外道衆の力が増す夏の時期、ドウコクの力が増した影響から出現し、それ以降もしばしば登場する様になる。

 最初から巨大な大ノサカマタも存在し、大ナナシ連中と同様に巨大戦でも戦闘員を務める。

余談

 名前の由来は「野良+サカマタ(鯱の古語)」あるいは、「呪い+サカマタ」の略だと思われる。


関連項目

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 戦闘員 砲台

ナナシ連中:同僚。

メタシサス そっくりさん

関連記事

親記事

外道衆 げどうしゅう

兄弟記事

コメント