ピクシブ百科事典

薄皮太夫

うすかわだゆう

薄皮太夫とは、「侍戦隊シンケンジャー」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「死んでも結ばせるものか、たとえ、たとえ外道に堕ちようとも!」

CV:朴璐美(人間態「薄雪」役も兼任)

概要

外道衆総大将・血祭ドウコクの側近。
姉御口調の一人称は「わちき」で、常に三味線を携え不気味な音色を奏でている。三味線は仕込刀になっており、戦闘でもシンケンジャーに引けを取ることはない。
ドウコクを抑えることのできる唯一の存在であり、彼女の前でのみドウコクも甘い一面を見せている。だが、「はぐれ外道」であるため、他のアヤカシたちからは蔑意を持たれている。

元々は人間で「薄雪」という名の花魁であったが、かつて愛し合い、身請けすると約束してくれたはずの武士・新佐が他の女と祝言を挙げると知って、新佐に裏切られた怒りと絶望から、宴席に乗り込み火を放って大勢の人を焼き殺した後、外道に堕ちる。その際に上記の台詞とともに新佐を三味線に変えて道連れにした。
なお、この三味線は破損した場合でも男性の皮を用いる事で修復が可能で、放っておくと新左のうめき声が聞こえてくる。

その後三途の川にてドウコクに拾われ、数百年間を六門船で過ごす。
これはほとんどが数年で自らを維持できず死んでしまうはぐれ外道には極めて稀な事で、それも未練の強さ故の事。
先代シンケンジャーにドウコクが封印された事で六門船と共に三途の川へ沈み、彼の復活と共に現代に再び表に現れる。

シンケンジャーと初めて接触した際、「兜五輪弾」に狙われたところを腑破十臓に救われる。
以後、十臓とは似た境遇であることも手伝って、距離を置きつつ密かに援助、支援した。
ドウコクから十臓の暗殺を指示されるも、実行に移さなかった事で三味線を破壊されてしまう。
修復のためにこの世に現れるが、シンケンジャーとの交戦、ユメバクラの妨害もあり失敗。このとき茉子に過去を知られ、敵同士ながら意識し合う事になる。

その後、六門船には戻らずこの世を彷徨っているところを三味線の修復を条件として筋殻アクマロに雇われ、十臓と共に度々シンケンジャーと戦う。
アクマロに裏切られていた事を知り、返り討ちに遭うが、水切れを無視してこの世に現れたドウコクに助けられると同時に、ドウコク自らの体の一部で三味線を修復し返還された。
自分を助けるために無理を押してまでこの世に進出し、水切れとなって三途の川の底に沈んだドウコクに投げられた言葉「てめぇは外道に落ちた。他に行く場所はねぇ」の意味を考える内に、太夫の「人間であったころの過去」という未練は失われていく。

はぐれ外道として存在するための執念が無くなったことで己の最期を悟り、この世に侵攻。
茉子に故意に斬られることで己の命と残った未練を断ち、三味線に宿る数百年もの間苦しみ続けた新左の嘆きの力を解放した。
その膨大な嘆きの力は三途の川を爆発的に増水させてドウコクを復活させる。

「最後の音色、聴いたぜ」

「…そうか」

「だが、昔みてぇな腹に染みる音じゃなかった。ちっとも響いて来ねぇ」

「あれは本当の三味だよ。ドウコク! わちきは初めて旨く弾けた…これほど気が晴れたのは数百年ぶりだ」

「もう、俺が欲しかったてめぇじゃねぇな」

「昔のようには弾けん。2度とな」

「だったら…終わるか」

「あぁ…、それもいいな」

息絶える寸前にドウコクと言葉を交わしそのままドウコクに取り込まれる形で消滅。
ドウコクの腕には一枚の打掛が残り、ドウコクの手で三途の川に流された。

増水した三途の川は外道衆念願のこの世への氾濫を招き、六門船も侵攻。
また、半分人間の彼女を取り込んだ事でドウコクは封印の文字を無効化する事が可能となった。


人間関係

白石茉子/シンケンピンク

元々戦うことが多い相手ではあったが太夫の過去を知ったことで同情を抱かれることになる。
因縁のようなものを感じていたのか彼女を自分にとどめを刺す相手として選んだ。
その関係性は志葉丈瑠/シンケンレッド腑破十臓のものに近い。

骨のシタリ

外道衆においては特に仲間意識が強い彼からは長年ともにいたこともあってか、特に太夫が六文船に戻ってからは同士のような扱いをされていた。彼がシンケンジャー本編において唯一生き残った際にもドウコクと太夫に詫びる言葉をかけている。

新左

薄雪が外道に落ち、薄皮太夫となるきっかけとなった元凶
死の間際までを祝言の相手に手を伸ばしていたため、相手への愛は本物だったと同時に、
薄雪への約束は嘘であったと思われる。
今わの際に許せと呟き、彼女に言葉をかけようとしたが薄雪はそれを拒絶。
彼女が外道になるとともに新左も三味線となりそのまま数百年囚われることになった。
彼への未練が太夫を長寿のはぐれ外道として生かしている。
また、自身が作戦を行った際には花嫁たちを拉致することにもつながったと思われる。
しかし、ドウコクの言葉を受けて未練が薄まり彼女は三味線を手放し新左の嘆きを解放した。

腑破十臓

同じ長寿のはぐれ外道として親近感を抱き、彼を支援していた。
太夫はドウコクによる十臓の殺害の命令を無視したことすらあり、一時的にアクマロの元で共に働いていた。
想い人(十臓は妻)の魂が籠った物を所有していたという共通点もある一方でその扱いや彼らの在り方は実際は反対ともいえ、その最後も
人であったときの未練を断ち切って消滅した太夫妻との絆(未練)を断ち切れず外道を失って消滅した十臓と対象的に描かれている。

血祭ドウコク

迎えに来ない新左を待っていた薄雪の三味線の音色が酒と並んでドウコクの苛立ちを抑えたことをきっかけにドウコクが気に入ることになった。
太夫に甘い一面を見せる一方で、自分の命令に従わなかった際には三味線の破壊すら行った。

アクマロに騙されていたのを助けられ、三味線も修復。
「てめぇは外道に落ちた。他に行く場所はねぇ」との言葉を受けてドウコクの元に戻った彼女はそこを自分の居場所と思うようになった。
だが、外道に落ちた人間である彼女の想いは新左への執着。それが薄れるということははぐれ外道としての終わりを意味している。
最後はドウコクのために三味線を自分ごと切らせ、そのまま現世へと侵攻してきたドウコクの腕の中で上記の会話を行い彼に取り込まれた。

会話を単純に汲むならドウコクが気に入っていたのは三味線の音色だけだが、彼女への態度は死後も含めて執着らしい感情はあった様子が見れる。

余談


  • 花魁、朴璐美の薄雪としての演技、十臓やドウコクとの関係性などはっきりと言葉で説明されないのもあって、子供どころか大人でも即座に理解しにくい、シンケンジャーのハードな面を担当している人物の一人である。特に祝言に乗り込み火を放つ姿はさすがに肝心なところはぼかされているがそれでも人によってはトラウマとなりえるだろう。

  • 結果として彼女が外道に落ちた理由である情を受け止めた相手は、彼女が外道となったときから傍にいたことになる。

  • パワーレンジャー・サムライではダユウとなり、デッガー(パワレンでの十臓)の人間時代の恋人となっており、どろどろした部分はやや緩和されている。

関連イラスト

ハガレン風?薄皮太夫姐さん。
薄皮姐さん



関連タグ

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 三味線 花魁 アヤカシ 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「薄皮太夫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38683

コメント