ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「どうして我らを引き裂こうとする…」

DATA編集

別名怨霊鬼
身長49m
体重4万8千t
出身地二人山
CV勝亦正青山美帆

概要編集

第18話「二人山(にびとやま)伝説」に登場。

戦国時代、互いに想い合っていたものの、生まれが敵国同士であったために結ばれず、遂には両国で合戦が起こった為自害した姫と若殿が成仏できずに怨霊となったもの。怨霊となった後は互いの国の両方を滅ぼしたが、錦田小十郎景竜という武将によって退治され「二人山」という山に封じ込められたものの、封印していた刀石がダム建設のために爆破された為、現代に蘇った。


同じく妖怪の怪獣であるヤマワラワと比べるとかなりおぞましい外見をしており、その姿は完全に落ち武者であり、蒼白な顔に口は大きく裂け目は赤く吊り上がり、肩には合戦で受けたと思われる折れた矢が刺さっている。元が亡霊であるために実体がなく、あらゆる科学的攻撃がすり抜けてしまう。武器は怨霊刀という。また裏設定では火炎を吐くことができるという。


ウルトラマンコスモスとの対決でもルナモードフルムーンレクトがすり抜けてしまった為、自然の力を利用したコロナモードのサンダースマッシュで大ダメージを受けて怨霊刀を折られてもなお立ち上がったが、チームEYESのシノブリーダーの説得に逢う。


「もうやめて!自分が苦しいだけでしょ!?」

「あなた達は逃げたんじゃないの!自ら命を絶って!そんな人達がどうして人を憎めるの?

 いつの時代だって、恋をするって大変な事なの。人を愛するって、簡単な事じゃないの。皆が悩んで、苦しんで、そして傷ついたりしてるの。

 自分の恋が成就しないからって他の人を傷つけるなんてひどいよ!誰よりも、自分に悲しいよ!」


それによって怨霊刀を落とし、悲しげな泣き声を上げながら過ちを認め、そのまま倒れて成仏。2つの魂は天へと昇っていった。


余談編集

第18話には竹越真一役で『仮面ライダー龍騎』の高見沢逸郎/仮面ライダーベルデ役の黒田アーサー氏が出演しており、奇しくも、竹越の娘の名前が緑だった(ベルデイタリア語で緑を意味する言葉)。

更に同話にはレギュラーであるものの、ヒウラキャップ役で『超獣戦隊ライブマン』においてレッドファルコン役として知られる嶋大輔氏も出演しているため、戦隊仮面ライダーに出演した俳優がウルトラマンにて揃う形となった。


ちなみに同話に出てくる刀石は刀どころかどう見てもあの祭りで知られるアレだったりするのだがが気にしてはいけない。


なお、戀鬼を封印した錦田小十郎景竜は元々ティガ・ダイナ世界の人物なのだが、世界観の違うウルトラマンガイアや今作にも登場しているため、実は平行世界を越える能力も持っていたとも推測される(今でこそマルチバースの設定で片付くが、昔は世界観に関してはそれほど気にしていなかったみたいなので、突っ込むのは野暮だが…)。


ウルトラマン超闘士激伝新章編集

エンペラ星人により殺害されて剥製にされており、皇帝空間の鎧コレクションに入れられていた。闘士ゾフィー闘士ウルトラマンメビウスの侵入に伴い、ジュダの鎧を乗っ取った怪獣司祭ジェロニモンにより操られ襲い掛かってきた。


ウルトラ忍法帖編集

悪の集団「怨霊党」の首魁として登場。配下である愚羅我巣からは若様と呼ばれている。

朧党の乗っ取りを画策し、闇の陰陽五行邪法でパワーアップを果たすが禁愚和尚と墨海仙人に弱点を突かれ、その隙に怪夢瑠十郎を助け出されパワーが半減し、冥府羅州の裂空波で倒された。


関連タグ編集

ウルトラマンコスモス コスモス怪獣 ウルトラ怪獣


落ち武者 怨霊 人間怪獣 哀しき悪役


ツチケラ:こちらも元は人間で、最後は成仏した怪獣。


紅蓮騎:『ウルトラマンオーブ』に登場する新たな戀鬼。

関連記事

親記事

コスモス怪獣 こすもすかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15324

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました