ピクシブ百科事典

グラガス

ぐらがす

グラガスとは、ウルトラマンコスモスに登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:60m
  • 体重:5万6千t
  • 別名:電磁魔獣
  • 出身地:異次元

概要

第24話「ぬくもりの記憶」に登場。
交通事故に会い、昏睡状態に陥っている高杉純少年にだけ姿が見える悪魔のような姿の怪獣。他の惑星から来たといわれている。
その姿は電波の歪みとしか認識されておらず、神流市に潜んでアモルフォス波という電磁波を吸収して成長していた。このアモルフォス波を体に照射されると実体化する。

頭にある角で電磁波を吸収し、両肩の触手で相手を縛り上げ電流を流す。両手からは電撃弾を発射する。
テックサンダー4号にアモルフォス波を浴びせられたため実体化。ウルトラマンコスモスを苦しめたが、テックサンダー2号が発射した結晶体入りの弾丸を飲み込んでしまい苦しむ。
そしてコスモスに謝罪し宇宙へ帰ったかに思われたが、コスモスが背を向けた瞬間に不意打ち攻撃を行った。しかしこれが原因でコスモスを怒らせてしまい、ブレージングウェーブを受け爆死した。

余談

着ぐるみはマハゲノムに改造された。

関連タグ

ウルトラマンコスモス ウルトラ怪獣 悪魔

コメント