ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マハゲノム

まはげのむ

マハゲノムとは、『ウルトラマンコスモス』に登場する国を滅ぼす力を持つと言い伝えられていた伝説の悪鬼の名称である。
目次 [非表示]

データ

別名伝説悪鬼
身長63m
体重6万4千t
出身奥日高村

概要

第36話「妖怪の山」に登場。

かつてヤマワラワとの戦いに敗れて封印されたナマハゲに酷似した姿の邪悪な妖魔で、伝承“マハゲラ”という名でを亡ぼす力を持つと伝えられていた伝説の悪鬼と同一の存在で、現地ではその民話を元にしたお神楽が奉納される。


道路拡張の為に(村長は反対していた)封印を取り壊した為に封印が解け、現代復活。かつての様に奥日高村を中心に暴れ回る。EYESによる捕獲作戦が開始されるが、麻酔が効かない上に統合防衛軍の戦車部隊『ベンガルズ』の攻撃で山へ逃げ込んでしまう。


妖怪である為なのか麻酔が利かない特異体質を持っており、主だった特殊能力を持ってはいないがゴリラの様にドラミングし、ルナモードすら軽々と投げ飛ばす持ち前の怪力と併用し、を用いた噛みつき攻撃や頭と肩にある合計4本の角での突き攻撃が得意で、現代兵器でも一切傷つかない表皮の硬さを誇る。

鬼らしい妖術を無しにここまでに強い存在なのだから、伝承の時代の人間がどれほどマハゲノムに手を焼かされていたかがわかるだろう。「国を亡ぼす悪鬼」の名は伊達ではないのだ。


嘗ての様に村人たちを護るために巨大化したヤマワラワと戦い最初の内は優勢に事を運んでいたがヤマワラワを助ける為にウルトラマンコスモスが駆けつけた事で形勢は逆転。

最後はヤマワラワの霊力により再び封印された。


余談

着ぐるみはグラガスの改造。その後、『ウルトラマンメビウス』のレッサーボガールに改造された。


準備稿では、コスモスのコズミューム光線によって倒されるという展開だった。なぜ凶悪な存在であるにもかかわらず、ヤマワラワが封印に留めたのかは不明。


デザインイメージは「獅子舞」。名前はそのまま「なまはげ」から。


鳴き声は『ウルトラマンティガ』のゴルザの流用。


映画『ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』では鬼祭りの場面に登場したマハゲラと妖怪様のお面を付けた宇宙人が登場した。


関連項目

ウルトラマンコスモス コスモス怪獣 ウルトラ怪獣

妖怪 なまはげ

童心妖怪ヤマワラワ

スノーギラン:同モチーフの先輩。

関連記事

親記事

地球怪獣(ウルトラマンコスモス) ちきゅうでともにいきるなかま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5591

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました