ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

  • 体長:53メートル(尾の長さ:38メートル)
  • 体重:5万9千トン
  • 別名:電撃怪獣
  • 出身地:地底

概要

初登場は第20話「ムサシの空」。
全身がピグモンのような赤い棘に覆われた、トカゲのような姿の怪獣。長いを立てている。
エネルギーを好み、実験中のテクノプラズマエンジンに反応してSRC宇宙開発センター付近に現れた。電撃怪獣の別名通り体からの電撃スパークで相手を威嚇し、ロからは火球を吐く。
コスモスのエナジーシュートで700年分の高エネルギーを与えられて満腹になり、チームEYESに保護された。

保護されてからはモグルドンと仲が良い所を見せ、カオスダークネスとの最終決戦にもリドリアスやモグルドンと共に駆けつけた。劇場版にも登場しグローカーと戦っている。

ウルトラマンサーガ』では遊星ジュランにおいて複数個体が平和に暮らしている姿が描かれているが、フィギュアで撮影された怪獣達の中では唯一スーツも使用されているミーニンはフィギュアは使われずスーツのみ)。
ウルトラマンオーブ THE_ORIGIN_SAGA』にも遊星ジュランで暮らしている個体がスーツで登場しており、ぶっちゃけかつての準レギュラーだったリドリアスよりも扱いが優遇されている。

余談

名付け親は『ウルトラマンコスモス』で初めてウルトラシリーズに参加した林壮太郎氏とのこと。

上記の通りリドリアスやモグルドン等の他の怪獣達を差し置いて二度もスーツでの再登場を果たしているが、これはコスモスの味方怪獣の中でたまたまスーツの保存状態が良かったためだと思われる。
それどこかコスモスの味方怪獣で再登場したスーツはボルギルス以外はサーガのミーニンしかなく、下手するとコスモスの味方怪獣で撮影に使用できる唯一のスーツである可能性もある(スーツの経年劣化に加えて、フライグラーになったリドリアスやリザリアスにされたネルドラントのようにコスモス怪獣のスーツの多くは改造されてしまっており、そもそも残っているものが少ないという問題もあるためだろう)。

関連タグ

ウルトラマンコスモス ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

ウルトラマンコスモス うるとらまんこすもす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボルギルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 761

コメント