ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

フルタイトルは『ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE』
劇場版『ウルトラマンコスモス』第3弾にして、シリーズの完結編。

前作『BLUE PLANET』の3年後の続編を描いた作品で、タイトルにVSとあるものの2大ウルトラマンが戦うのは冒頭だけで、後はウルトラマンジャスティスをメインにストーリーが展開され、人間体のジュリや強化形態クラッシャーモードが、コスモスも新形態フューチャーモード、さらにコスモスとジャスティスが合体した新戦士ウルトラマンレジェンドも登場する。

今作を最後に『コスモス』シリーズは終了したが、後年の『ウルトラマンサーガ』、『ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!』、『ウルトラマンオーブTHE_ORIGIN_SAGA』では本編のその後が描かれている。

あらすじ

カオスヘッダーとの和解、サイパン島でのサンドロスとの戦いから3年後の西暦2015年。
春野ムサシは宇宙開発ロケット「コスモ・ノア」のパイロットとして地球の怪獣達と共に宇宙へ飛び立とうとしていた。

見送りに来ていたEYES新隊長のフブキと雑談しながら歩くムサシ。すると彼女の前に謎の女が現れ、何故コスモスと同化したのかと問う。

すると宇宙空間から巨大ロボットグローカーが出現。それを追ってきたかのようにウルトラマンコスモスも飛来した。
コスモスと同化したムサシは、グローカーの動きを止める。すると再び謎の女が現れた。

「コスモス。お前は夢などという曖昧なものを宇宙の正義より、優先するというのか!」

その言葉と共に女の体は光に包まれ、なんとウルトラマンジャスティスとなった。しかもジャスティスはグローカーを再起動させ、コスモスに襲い掛かってきた!

登場ウルトラマン・登場怪獣




  • スペースリセッターグローカー
    • グローカーマザー
    • グローカーボーン
    • グローカールーク
    • グローカービショップ




余談

ウルトラマンジード』で主演を務めた朝倉リク役の濱田龍臣は、この映画のDVDを何回も観て繰り返したとの事。

序盤でムサシが変身したロケ地は『ウルトラマン』第32話、『帰ってきたウルトラマン』第14話、最終回、『ウルトラマンA』第18話、『ウルトラマンタロウ』最終回、『ウルトラマンレオ』第4話、『ウルトラマンマックス』のDASHの基地、『ウルトラマンオーブ』最終回など多く使用されたお台場晴海埠頭である。

関連項目

ウルトラマンコスモス
ウルトラマンジャスティス

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ! - 本作の2週間前に公開された映画。こちらも舞台が本作と同じお台場である。

関連記事

親記事

ウルトラマンコスモス うるとらまんこすもす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30027

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました