ピクシブ百科事典

濱田龍臣

はまだたつおみ

濱田龍臣は、日本の男性俳優。元子役。テイクオフ / フォースプリングス所属。
目次[非表示]

概要

2000年8月27日生まれ。千葉県出身。

子役出身で、子役時代には大河ドラマ龍馬伝』や映画『怪物くん』などに出演し、その可愛らしい容姿と演技力の高さから大きな注目を集めた。また、CMなどにも数多く出演しており、おそらく誰もが1度はどこかで見たことのある子役の1人と思われる。

高校に進学した現在でも俳優として芸能活動を続けており、2017年にはウルトラシリーズの最新作『ウルトラマンジード』にて、主人公朝倉リク役に抜擢された。抜擢当時はまだ16歳であり、シリーズ史上最年少の主人公として話題となった(ただし、放送開始後の第8話の翌日の8月27日で17歳になったため、17歳としては『ウルトラマンギンガ』で主演を務めた根岸拓哉と並んで以後は最年少タイ記録になる)。なお、濱田にとってもドラマで主演を務めるのはこの作品が初めてのことであった(アニメ映画声優として出演した際や舞台などでは主演を務めたことが何度かある)。また、2000年代生まれの主人公は彼が初である。

あれこれ

  • 趣味特技サッカーレゴ集め、将棋けん玉、漢字の書き取りなど。
  • 好物はマグロ
  • 家族構成は、14歳年下の弟がいるとのこと。
  • ドキュメンタリー映画『ハイヒール革命!』では女装姿を披露しているが、元々中性的な容姿をしていたことから親和性は抜群であり、ファンや共演者からは「女の子そのもの」と絶賛されたという。


ウルトラシリーズ関連

  • 『ウルトラマンジード』に出演する前にも、映画『ベリアル銀河帝国』に、ウルトラマンゼロと一体化した青年ランの弟:ナオ役で出演したことがある。この時はウルトラマンに変身こそしなかったものの、ジャンボットに搭乗して敵の幹部と戦うという一幕があった。
    • 同時に、この映画のラスボスであるウルトラマンベリアル6年7ヶ月後には親子として再度共演するという珍妙な事態にもなった。
  • 濱田は「小さいころからウルトラマンになるのが夢だった」と語っており、朝倉リク役に抜擢されたことが決定した際にはとても嬉しかったとのこと。一方、『ベリアル銀河帝国』からまだ7年ちょっとしか経っていない今になって、早くもウルトラマンを演じることが決まってしまったために、「嬉しかった一方でかなり焦った」とも語っている。
  • 幼少時代は『ウルトラマンネクサス』、『ウルトラマンマックス』、『ウルトラマンメビウス』のハイコンセプトウルトラマンシリーズをリアルタイムで見ており、DVDでは『ウルトラマンコスモス』もよく観ていた。本人曰く『コスジャス』と『ウルころ』を特によく見ていたらしい。
  • 最近ではアニメ『怪獣娘』も視聴したことを明かしており、ニコニコ動画で放送された生放送特番では「自分も是非出たい」と語っていた。
  • 『ジード』の撮影ロケ)の際、メイクの時に、よく歴代ウルトラシリーズの主題歌を口ずさんでいたらしい。
  • ジードの形態で一番好きなのはマグニフィセント。戦い方はプリミティブが一番好きだとか。


ウルトラマンジャスティス

彼が一番好きと公言しているウルトラマン。
上述したように世代的にはハイコンセプトウルトラマンシリーズなのだが、3~7歳くらいまで車の中で『ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス』を何回も繰り返し観ていたと話している。本人曰く「最初は敵として現れたジャスティスが、最後にはコスモスと一体化するところがすごく格好良いなと思ったんです」とのこと。

S.H.Figuarts『ウルトラマンジード』発売記念のスペシャルインタビューでも商品化してほしい歴代ウルトラマンとしてジャスティスのクラッシャーモードと即答している。

その縁か、リク役で出ていたアリオ鳳のトークショーではジャスティスがサプライズ登場した
この映画が好きなためか、「嫌いな怪獣・宇宙人は?」という質問には、悩み抜いた末にグローカールークと答えている。

ジャスティス・コスモスとの3ショット写真をTwitter上で公開した際には「尊みが深い。」とコメントしている。

その後も度々ジャスティスに関する話題を提供し続けており、
伊賀栗レイト役の小澤氏にはインタビューで「いつもジャスティスジャスティス言ってるもんね」と言われている。

主な出演作

テレビドラマ


映画


関連項目

俳優 男優 子役
ウルトラマンジード

pixivに投稿された作品 pixivで「濱田龍臣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6554

コメント