ピクシブ百科事典

雨宮兄弟

あまみやきょうだい

「HiGH&LOW」に登場する3兄弟。なお、CLAMP版「g-sword」の内容も併せて記載する。
目次[非表示]

※本項目には映画THE MOVIE及びTHE REDRAIN及びEND OF SKY及びFINAL MISSIONのネタバレを含みます


概要

SWORD地区で名をはせる男3人の運び屋で、国双地区の在住の3人兄弟。尊龍・雅貴と広斗は血の繋がりが無い義兄弟であり、そのためか血の繋がらない妹を持つRUDEBOYSのスモーキーに対してはシンパシーを感じている部分がある。次男の雅貴と三男の広斗は過去に格闘技をしていたため戦闘能力が非常に高く、大所帯のムゲンをもってしても勝てなかった(初期のメンバーを除いて大半はロクに喧嘩の経験も無い烏合の衆でしかなかったため蹴散らされる有様であった。コブラとヤマトも傷だらけにされて終わっており、軽傷で済んでなおかつ互角に渡り合えたのは琥珀と九十九だけであった)。ムゲンが創設メンバーの事故死をきっかけに解散した後はしばらく姿を消していたが、のちにある目的でSWORD地区に戻り、琥珀が外部勢力と手を組んで襲来することを知るとG-SWORD側に加勢する。
長男の尊龍(たける)は弟以上の戦闘力を誇るが、ムゲン解散と同時期に姿を消しており、弟達も彼を探してSWORD地区から去った。

ドラマや映画ではサブキャラクター的な意味合いが強いが、この3兄弟にスポットを当てたスピンオフ映画「THE RED RAIN」がある。

前述のように個人だけでも一騎当千の強さを誇り、ムゲンの琥珀、MIGHTY WARRIORSのICEのような同じ強者でなければ互角の勝負はまず不可能である。さらに大人数での戦いにおいても雑兵や一枚岩に関係無く蹴散らし、ナイフや拳銃、マシンガンを持った集団も全くの無傷のまま戦場を制するなど他のキャラクターとは一線を超えた実力の持ち主で、あらゆる戦い方に対応出来るオールラウンダーである。逃げようとする相手も大型バイクを体の一部のように乗りこなして追い詰めていくので逃げ隠れや抵抗することさえ許さない。並の相手ならこの兄弟の怒りを買った時点で破滅は免れないだろう。雅貴か広斗のうち誰か1人が加勢するだけでも戦況が大きく変わるほどの本作最強クラスの実力者たちである。

兄弟のテーマ曲のみならず、個々にテーマ曲が用意されている。
雨宮兄弟「SIN」
雅貴「Louder」
広斗「CHAIN BREAKER」

※シリーズ開始前からTAKAHIROと登坂広臣が兄弟役を演じることで話題となっており、作中でも性格・実力・生き様に加えて山王連合会のDTCなどから憧れの的になる魅力も持ち合わせており、本作ではムゲンや山王連合会を抑えて絶大な人気を誇るキャラクターとなっている。また、CLAMP版のg-swordでも殆どの話のトリを務めたり、アニメ版でメインで描かれるなど、こちらもかなりの人気である。

兄弟たち

  • 雨宮雅貴(演:EXILE TAKAHIRO)

雨宮兄弟の次男。RED RAINの主人公。茶髪とイヤリングが特徴。3兄弟の中で最も穏やかな性格。かなりの女好きでもあり、ナンパ目的もあってSWORD地区に戻ってきた。ちなみに村山にその時の姿を目撃されており、クールな雰囲気を漂わせていたが、直後に女がいないことに落胆して多くの視聴者にイメージのギャップを見せた。空手とキックボクシングの心得があるようで、蹴り技が得意だが拳の勝負でも琥珀と互角に渡り合える強さを誇る。普段は明るく穏和な性格で、ライバルだったコブラにも貸し借り無しで接する大らかさと、広斗のワガママや無愛想な性格も受け入れる深い愛情と優しさの持ち主である。怒ると歯止めが効かない広斗を止めることが多いため争い事は好まないが、自身もキレると口調が荒くなり、場合によっては広斗以上に凶暴な一面を見せる。特に身内を傷付ける者には容赦が無く、RED RAIN終盤の本気でブチ切れる姿は必見。
琥珀やコブラのように強い信念を持っている相手には敵であっても認め合う器の大きさも見せるが、単に暴れたいだけの愚者や筋を通さない者には琥珀や広斗と同じで厳しい見方をしており、MOVIEの琥珀の行いも「道を誤った」とはっきり述べたり、九龍の崩壊や政治家達が摘発された際にも一切和解や改心を求める様子は無かった。また、山王街とチームが破壊されたことに打ちのめされているコブラにも本人の行いの結果と見なしていたのか、励ましたりフォローすることは全くしなかった(ただし厳しく接する時も殆どが相手の良心を信じるスタイルであり、その者を全否定するような物言いはしない)。反面、戦いでは意味も無く暴力を振るったり一般人を巻き込むやり方は好まず、必ず周りに配慮しながら動いている(これは尊龍・広斗も同じである)。
戦いにおいては完全に弱点が無い域に達しており、琥珀に並んで最強と言ってもよい強者だが、普段の日常の中では隙が多い。というより隙だらけである。特に女性には滅法弱く、そのせいで散々なトラブルにあうこともしばしばある。加えて面倒事を起こす広斗の尻ぬぐいをすることも多い苦労人で、説教することもあるが全く相手にされていない。
RED RAINでは主人公を務め、広斗と両親の死の真相や尊龍の目的を知っていくが、自分と広斗の奮闘も虚しく尊龍は上園会との銃撃戦によって命を落としてしまった。雨空へ向かって悲憤の叫びを上げて打ちのめされるが、それによって広斗と共に怒りが限界を超えて瞬く間に上園会を壊滅させ、会長の上園を追い詰めていく。窮地に陥ってもなお挑発してくる上園に広斗も止めることを忘れて呆然とするほどの激しい怒りを見せて拳を叩き込み続け、最後の拳の一撃を振り下ろそうとしたが、これまでの家族と過ごした時間を思い出し、止めを刺すことはなかった。また、広斗からも無言で諌められていた。その後両親と兄の墓参りを済ませてUSBを琥珀に託した。
※企画段階では九州弁で話す予定だったらしいが、現在の標準語を話すキャラクターに変更された。

雨宮兄弟の3男。RED RAINのもう1人の主人公。黒髪と十字架のピアスが特徴。雅貴と対照的にクールで無骨な性格。ボクシングの心得があるのかパンチ主体の戦い方が得意。普段は無口で冷静沈着な空気を漂わせているが、実際は短気・激情家で一度キレると雅貴でも手が付けられないほどで、尊龍からもやり過ぎだと雅貴と共に注意されていた。電話しながら鬼邪高の生徒達を倒すなど隙の無い実力を備えているが、良くも悪くも感情的になりやすいため兄達に比べるとやや精神的に未熟な一面がある。喧嘩好きな上に根っからのトラブルメーカーで多くの揉め事を雅貴のもとへ持っていくことが多い。喧嘩の際は凶暴な一面を露わにして襲いかかったり、誰に対しても歯に衣着せぬ発言をすることが多いため周囲からは敬遠されがちだが、鬼邪高に襲われそうになっていたチハルを助け、ララと兄について話し合ったりスモーキーの治療のために医者を呼ぶなど根は雅貴・尊龍と同じで心優しい性格である。
MOVIEではスモーキーの窮地を助け、コンテナ街の戦いではICEと死闘を繰り広げた。
少年期に母の再婚によって尊龍と雅貴の2人と兄弟になったため、血の繋がりが無いことがRED RAINで明かされた。少年時代は新しい環境への不安から周りの人間と喧嘩を繰り返していた(メリケンサックなどの武器も用いていた)が、尊龍の教えのもと素手の戦いを覚えていくようになり、家族のことも受け入れていった。登場初期は冷徹で好戦的な雰囲気しか見られなかったが、話が進むごとに感情を露わにすることが多くなり、RED RAIN中盤からは(基本はクールだが)情に厚い一面が前面に出るようになった。ただし、クールで喧嘩好きな一面は尊龍の教えを受けた後も変わらなかったため、こちらは彼本来の性格のようである。尊龍と雅貴も大変だっただろう。
雨宮兄弟の長男。RED RAINの重要なキーマン。黒髪と髭が特徴。存在が判明したのはドラマ・シーズン2で龍也の口から語られた時からで、弟達よりも遥かに強いと言われており、琥珀と九十九を除くその場にいたムゲンのメンバーを戦慄させた(正式な登場はMOVIEのエンドロールの後で、3人が初めて揃ったところで映画が終わる)。本格的に活躍するのはRED RAINのみだが、その男気や名言、壮絶な最期からファンからの人気も高い。弟達の仲を取り持ち、運び屋の仕事をしながら面倒を見ていたが、ある目的からムゲン解散と同時期に姿を消した。失踪した理由は両親を殺した九龍グループの一角である上園会に潜入していたからであり、上園本人の暗殺も試みたが、自分達以外にも九龍に苦しめられている人が大勢いることを知り、九龍全体の壊滅を考えてSWORD地区の抗争やムゲン解散の真相を調べながら周到に準備を進めていた。同じく親を殺された成瀬愛華を匿い、彼女から九龍の機密情報が入ったUSBを預かるが、上園会が動き出すことを知ると、USB解析を他の人間に任せて密輸ルートで拳銃を手に入れて遂に行動を起こす。上園と問答の末に銃撃するも失敗し、駆けつけた弟達に全ての真相を伝えた。最後は上園の側近の一人と相討ちとなり、雨の中で「誰に何と言われようが俺達は本当の兄弟だ」と言い残し、弟達に看取られて息を引き取った。目的を完全に果たすことは出来なかったが、USBの奪取と解析と愛華を守りきることは果たしており、後の九龍崩壊の決め手となった。また、最後まで自分が汚れたと見なしていたが、雅貴と広斗を守るために戦う姿と死ぬ前の最期の表情は復讐者のそれではなく、弟達を愛する兄のものであった。


THE RED RAINでの雨宮兄弟

姿を消した尊龍の行方を山王連合会のノボルや女ハッカーの古野と協力して追ううちに、かつて両親を殺した上園会の存在を掴む。
陰謀を暴くため上園会に潜入した尊龍はカジノ計画の秘密が詰まったUSBを入手していた。
再会もつかの間、USBを追う上園会との抗争に巻き込まれ尊龍は命を落とす。

END OF SKY・FINAL MISSIONでの雨宮兄弟

琥珀・九十九とともに行動しており、USBを世間に公表しようとしている。
黒崎会の追っ手である九鬼源治を辛くも退けた後にデータの送信に成功するが、肝心の総裁はすぐに釈放されてしまう。


関連

山王連合会

関連記事

親記事

HiGH&LOW はいあんどろー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「雨宮兄弟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 742290

コメント