ピクシブ百科事典

鬼邪高校

おやこうこう

日本テレビ系ドラマ及び松竹配給映画「HIGH&LOW」に登場する架空のチーム。
目次[非表示]

概要

SWORDの「O」。全国から札付きの粗暴者が集まってくる別名「漆黒の凶悪高校」。
全日制と定時制があり、とくに定時制は強者の巣窟と畏れられる。高校とはいえ、より良いスカウトをその筋から得るために留年を繰り返し20歳を超えた男がゴロゴロいる。「拳100発に耐え続ければ頭になる」という独特の伝統がある。(公式サイトより)
チームの頭は村山良樹(山田裕貴)。
鬼邪高校そのものの歴史は家村会幹部が卒業生というだけあって相当古いが番長に当たる頭がいなかったため長年勢力と見なされなかったのだが村山がこの伝統を成し遂げたことによって鬼邪高校はSWORDの一勢力と認められた。
チームカラーは「青」でテーマソングは「JUMP AROUND∞」。
ちなみに最年長は定時の関虎太郎(一ノ瀬ワタル)の25歳である。
鬼邪高校を抜けようとするチハルを巡って山王連合会と抗争を繰り広げるが、敗北する。その後は達磨一家の襲撃に巻き込まれている。



メンバー

村山良樹(むらやま よしき) 演:山田裕貴
鬼邪高校の初代番長。定時制の男子生徒
小柄で細身な体格をしているが、拳100発に耐えた後全員を返り討ちにして鬼邪高校史上初めて頭になった強者。
"やられたらケジメはつける"という信条を持ち"一番になる"ことに強くこだわり勉強・運動では平凡な才能しかなかったが唯一喧嘩だけは負け知らずだったことから喧嘩でのし上がることを誓い、鬼邪高校の噂を聞きつけ転入した経緯を持つ。

番長としてはコブラとの決闘後に番長としての在り方や目的が無かったため自信を見失ったがシーズン2での様々な出来事から番長としての器を兼ね備えるようになる。

雨宮兄弟の次男・雅貴と因縁があるような描写があるが、詳細は明らかになっていない。

戦闘スタイルは小柄な体格に見合わないゾンビのごときタフネスと精神力などを武器とし攻撃力もボロボロの状態でありながら100人を倒すなど鬼邪高校では番長にふさわしい最強の戦闘力の持ち主。

古屋英人(ふるや ひでと) 演:鈴木貴之
鬼邪高校のナンバー2の定時制の男子生徒。
村山が来るまではケンカは負けなしで暫定的にトップの位置付けに立っており生徒通しの喧嘩を仕切っていた。
過去の番長になるための荒行でも98発の拳を耐えたほどのタフネスを持つが村山が99発目まで耐えた時100発目には反則である武器攻撃を使用した物の逆に返り討ちにあい後に番長となる村山をサポートに回る。
またチハル一人相手にも集団でものを言わすなど卑怯な一面も強かったがコンテナ街の戦いでは目の敵にしていたチハルに発破をかけてサポートするなどナンバー2にふさわしい振舞いも見られるようになった

シーズン1ではチハルにメンツをつぶされたことから山王連合会との抗争の原因を生み物語が始まるきっかけを作った。


関虎太郎(せき こたろう) 演:一ノ瀬ワタル
村山を慕う定時制の男子生徒で鬼邪高校では最年長の25歳。
プロレスラーのごとき巨漢で見た目相応の怪力を誇るが喧嘩はあまり強くないのか活躍はイマイチ。
短絡的な言動や態度も多いため周りからも呆れられているが、村山のことを慕っている気持ちは本物で見た目に反する活躍機会の無さなどから鬼邪高校生徒の中ではコメディ要因となっている。



轟洋介(とどろき ようすけ) 演:前田公輝
全日制の男子生徒。
不良の巣窟である鬼邪高校では珍しく眼鏡をかけて優等生のような知的な雰囲気を醸し出すが耳を飾るピアスや軽薄な態度など不良らしい部分もある。
元々は金持ちだったところを不良に恐喝好意でカツアゲされたために不良を嫌い自宅にトレーニング施設を作り自分の肉体と精神をとことん追い込むことで村山と戦えるほどの実力を手に入れた。
自分の肉体を鍛え上げた後は「不良狩り」に快感を覚えて不良を次々と倒していきその過程で不良の巣窟である鬼邪高校のことを知り不良狩りのために転入する。
転校してすぐに全日制の生徒の頭に立ち定時制の番長である村山とのタイマンを行うも番長としての責務を自覚した村山に一歩及ばず敗北。その後は実力だけでは駄目と強さに付いて模索するようになった。
村山とのタイマン後には対立は続いている者の互いに認め合ったのかそれなりに仲は良くMIGHTY WARRIORSに襲撃された際には鬼邪高校のピンチに番長を奮い立たせたりもした。

辻(つじ) 演:鈴木昂秀
轟の前の全日制の頭で轟に敗北した後は轟の強さを認め轟のサポートに回る。

芝マン(しばまん) 演:龍
辻同様全日制の頭で後に轟のサポートに回る。
山王商店街の所属で苺美瑠狂の芝の弟。姉との仲は悪くないようだ。

シーズン1後の鬼邪高校

コブラとのタイマンに敗れた村山は自分の闘う理由を見つけられずに思い悩んでいたが、「不良狩り」のために鬼邪高校に転校してきた轟との対決の中で闘う理由を見出し鬼邪高校をまとめる番長として再起する。
MIGHTY WARRIORSの襲撃後は「危険な戦いに巻き込めない」として鬼邪高を「卒業」して村山・関・古屋だけで湾岸地区に乗り込もうとするが、彼らを追って全日と定時の生徒も戦いに赴いた。
村山はコブラに憧れの感情を抱くようになっており、単身相談しに行ったり卒業後に山王連合会に入れてくれないかコブラに打診したりしている。
山王との抗争の原因となったチハルとも和解している。
「THE MOVIE」では勝利に酔うメンバーに村山が一人背を向け去っていくシーンで終わっている。
「END OF SKY」では「定時制の抗争に全日を巻き込まない」という制約を村山が取り決めており、唯一山王連合会のSWORD協定に賛同する勢力として登場。達磨一家を協定に引き込むため、村山は日向にタイマンを申し込む。

関連

HIGH&LOW 山王連合会 WhiteRascals RUDEBOYS 達磨一家 雨宮兄弟

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼邪高校」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254855

コメント