ピクシブ百科事典

山王連合会

さんのうれんごうかい

映画およびドラマ「HiGH&LOW」に登場する組織で、作中の主人公的な組織である。
目次[非表示]

概要

かつてSWORD地区を支配していた伝説のチーム"MUGEN"の解散後に元メンバーが中心となって組まれた山王街のチーム。頭はコブラ(岩田剛典)でありSWORDのSにあたる。ロゴには不良組織を意味する「HOODRUM SQUAD」の文字が刻まれている。
もともとは元ムゲンのコブラヤマト(鈴木伸之)が、道を誤ったノボル(町田啓太)の戻ってくる場所を確保する目的で立ち上げられたものであり、山王街のトラブルシューターとして「山王街2代目喧嘩屋」といわれる。
喧嘩屋と呼ばれるように1話では「育ちも頭も悪いが喧嘩だけは誰にも負けない」というメンバーが自然と集まったと称されるだけあってかSWORDのチームの中でもメンバーの平均的な戦闘力は高く100人程の大集団相手でも地の利を使ったとはいえ描写的に一人も戦闘不能になったものがいないなど中心メンバーでなくても戦闘力は高い傾向にある。

溜まり場は山王商店街内にあるITOKAN(イットカン)、店主のナオミ(藤井萩花)とヤマトは幼馴染でありよく喧嘩をしている。
HiGH&LOWで描かれる抗争はこのチームを中心として進んで行く。ちなみにシーズン1はだいたいこいつ(チハル)のせい。
同じく山王街を拠点とする苺美瑠狂との関連性は現時点では不明。



主要メンバー

コブラ 本名 緋野 盾兵(ひの じゅんぺい) 演:岩田剛典
山王連合会総長。ムゲンの元主要メンバーでもある。
基本的な性格は冷静沈着で仲間思いで面倒見がよい。チハル曰くチームと山王街を守る意思は誰よりも強い
喧嘩時にはスピードを生かした戦いをし得意のプロレス技を使う。
プロレスには喧嘩で使う以上にプロレスそのものを好みプロレス関連の本をトイレにこもって読むのが癖
プロレスファンだけあってアントニオ猪木を崇拝しておりメンバー入りする際はコブラが崇拝するアントニオ猪木の愛を分けてもらう儀式を行うのが通例となっている。

ヤマト 本名 朝比奈 大和(あさひな やまと) 演:鈴木伸之
山王連合会の実質的なナンバー2でコブラと同じく元ムゲンの主要メンバー。
正義感が強い血気盛んな熱血漢かつ素直な性格をしており良くも悪くも空気を読まない。
また、コブラ同様面倒見がよくその明るさもあってか懐かれやすい
チハルが山王連合会に入ったのもチハルが鬼邪高校の生徒から追いかけられているところをヤマトに助けられたのがきっかけでありチハルの危機的な状況とノボルを重ね合わせたことからチハルのことを強く気にかけていた。

戦闘スタイルは生粋のパワーファイターで一撃が入れば重くヤマトのタフネスもかなりのもの。ただしトリッキーな動きをする相手には苦戦を強いられる。

ノボル 本名 原田 登(はらだ のぼる) 演:町田啓太
山王連合会の主要メンバー・コブラとヤマトの幼馴染。
二人とは小学生のころからの付き合いだがノボルだけは頭が良く一流大学に合格して弁護士を目指すなど将来を二人からも将来も渇望されてた。
大学生活の中でこち人が出来るも恋人が性的暴行を受けたことに激怒して暴行した男たちへの殺人未遂の罪で弁護士への道が閉ざされる。
生きる希望を失って一時は家村会に身を堕としたがコブラ達の説得により脱退、その後は報復で意識不明の重体に陥るも奇跡的に復活して正式に山王連合会のメンバーに入る。

頭脳派なだけあってか知識面で活躍する場面が多く家村会ではIT関連の部門を担当していたこともあってかRED RAINでは重要な活躍を果たした。

ダン 本名 壇 一八(だん かずや) 演:山下健二郎
山王連合会のメンバーにしてムードメーカー的な存在。関西弁で喋る
作中ではコンビニ店長として働いている描写がある。
山王連合会の中でも年上の方で主要メンバーのコブラたちとも気安く付き合えるポジションでもある。
また、後輩のテッツやチハルとの仲も良く特にテッツとは一緒にいるところが多いがダン本人の残念な言動もあってか呆れられているところがあり先輩風付加している間に気づいたらいなくなってたということはある程度には尊敬されていない。
また、コブラやヤマトとは別の見方で山王街のことを気にかけており考え方の違いから一時は二人と決別したことも。

テッツ 本名 井上 鉄平(いのうえ てっぺい) 演:佐藤寛太
山王連合会のメンバーの一人で山王の中でも若手のメンバーで20歳
ドレッドヘアーが特徴的。
実家は銭湯を営んでおり本人も手伝いをすることがある。そのような立場からヤマトとチハルから覗き目的のために番頭を変わってくれと懇願されたこともあったがヤマトに対しては男性客のみが入れる日に番頭を押し付けたこともある。
実家の銭湯への愛着は強く山王街にいては廃業しかねない現状と九龍の有害さから悩むことになる。

チハル 演:本名:片岡 千晴(かたおか ちはる) 演:佐藤大樹
山王連合会の新人にして、元・鬼邪高校の生徒。
鬼邪高校に入ってまもなく鬼邪高校のナンバー2・古屋もめて鬼邪高校の生徒たちに追いかけられたところをヤマトに救われたことから山王連合会との縁が始まる。
実家は父親と二人暮らしだが父が多額の借金をしてたところに家村会に入ったノボルに借金を肩代わりしてもらったことで一時はノボルのスパイとして動いていたが後にRUDE BOYSのアジトに作られた麻薬工場を破壊した件からそのことを知られ後に正式に山王連合会に入ることとなる。

作中の人物としては珍しく喧嘩慣れしていないガムシャラな戦い方をしているが戦いを重ねていくにつれ成長していった。

伊集院甲 演:八木将康
チハルよりも後に正式に山王連合会に入ったメンバー。
しかしコブラたちとの面識は小学生時代からとかなり前からある。
エラが張っておりそのことから小学生時代の劇で仮面無しでカニの演技をしてカニと連呼されたことからカニがトラウマになっておりカニという言葉を聞いた途端に無差別に暴れだしコブラ達の周囲からカニという言葉が消えたと独白させた。
その沸点の低さは文脈問わず普通の会話でたし"かに"を言っただけでも暴走するなどかなりのもの。
その上、暴走した時の強さは喧嘩が苦手でありながら山王連合会の主要メンバー含めてカニという言葉が言えなくなる影響力から見て取れるように相当なものであり達磨一家やDOUBTとの抗争でも数人以上を相手に優位に戦えるなどとても喧嘩が苦手とは思えないほどの強さを誇る。
また、山王街に愛着もありMOVIEでのDOUBTとの戦いではカニという言葉を聞かずとも大多数のギャングを相手に大暴れしている。

ケン  演:岩谷翔吾
ヒカル 演:山本彰吾
二人ともテッツの紹介でチーム入りした新入り。
テッツの意思を尊重しておりMOVIE2では抗争に参加しなかったもののMOVIE3では共に山王連合会に復活している。

シーズン1後の山王連合会

ノボルが加入(といっても療養中)、山王連合会メンバーともいつの間にか仲良くなっている。
抗争を繰り広げた鬼邪高校WhiteRascalsともほぼ和解しており、村山の悩みを聞いたりROCKYに美保の保護を依頼したりしている。
「THE MOVIE」では、元ムゲンのメンバーであるコブラヤマトに手を貸し湾岸地区の抗争に参加。テッツの後輩であり、本作よりチームに加入したケン(岩谷翔吾)とヒカル(山本彰吾)も共に湾岸地区の抗争で戦った。
「RED RAIN」では、MUGEN時代の因縁の相手である雨宮兄弟にも手を貸している。
「END OF SKY」ではSWORD協定を提案し、DOUBT・PRISONGANGとWhiteRascalsの抗争に参戦する。商店街の再開発計画を巡り、ダン・テッツ・チハルと対立しダン達はチームを去ってしまう。本作ではカニ男の愛称でおなじみの、伊集院甲が山王に加入。しかしコブラ達との意見の違いにより、ダン達と共にチームを去ってしまった。


関連

HIGH&LOW 雨宮兄弟 WhiteRascals 鬼邪高校

pixivに投稿された作品 pixivで「山王連合会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64482

コメント