ピクシブ百科事典

美味しんぼ

おいしんぼ

「美味しんぼ」とは、雁屋哲原作、花咲アキラ作画による漫画作品。1983年から小学館「ビッグコミックスピリッツ」にて連載が開始された。グルメ漫画および日本のグルメブームの中心となったと一般に言われているが、その一方でネタ漫画としても評価されている。
目次[非表示]

ストーリー

東西新聞文化部に勤めるグータラ社員山岡士郎と新人の栗田ゆう子がひょんなことから社の記念事業『究極のメニュー』作りを進めることになる。最初は士郎のだらしなさに辟易していたゆう子だったが、彼の持つ知識や生い立ち、様々な出来事を通じて良いコンビとなっていく。
当初は登場人物の抱える問題を食を通じて解決するストーリーだった。しかし途中で東西新聞のライバル社が『至高のメニュー』を発足させ、絶縁状態の士郎の父海原雄山がそれに関わってくると士郎と雄山の対決や親子の確執が物語の主軸になっていく。

内容

登場する料理の幅は非常に広く、和、洋、中、アジアなど様々な国々の料理が、高級、安価の別なく紹介される。食に関する安全や倫理の問題も多く取り扱い、戦後の食文化に一石を投じたと評価されることもある。

作中でのテーマはグルメブームや食品生産への批判が主だが、食文化に限らず政治的な内容についても書かれる。歴史、産業、政治、環境問題など、非常に広い範囲の事象を取り上げ、『食』を通じてそれらに対する注意の喚起や問題提起を行っている。

常識に挑戦する破天荒なストーリングが魅力で、連載当時の日本に当然のものとして流布している価値観(例えば肉は柔らかい霜降り肉が高級、など)を批判することが多い。これが作品の大事な要素となっている反面、全体的に批判が非常にストレートで、時には侮蔑や中傷に近いものもある。その結果、登場人物(特に士郎)が作者(というか原作者)の代弁者となってしまうことが多々あり、物議を醸すことが多い。また、作中で実在する企業や商品を槍玉に挙げており、この手法が反感を買うことも少なくない。科学的に明らかな誤りである描写により、何度か編集部や原作者名で謝罪文が発表されたこともある。

特に政治や歴史の話題では、原作者の個人的な政治思想(よく左翼的と言われるが、反権威主義的と言ったほうがより適切か)がでてくるため、この作品、延いては原作者本人への批判の大きな原因となっている。

  • ただし、捕鯨問題に関しては極めて右翼的であり、この作品における描写には悪質なデマや印象操作的な表現(日本のメディア番組同様、ホッキョククジラを「北極セミクジラ」と表記し、実際のステータスを捏造して(一部の個体群には当てはまるが全体としては当てはまらない)「絶滅寸前」とした)が含まれており、また、反捕鯨側の人間を騙して鯨肉を食べさせたストーリーも批判を受けている。

※ちなみに、Mac派の士郎がWindowsユーザーを激しく罵倒するシーンがあり、この回は全体的にMacを賞賛し、Windowsをけなすという内容になっている。そのせいでマイクロソフトは「スピリッツ」誌上に掲載されていた同社の広告を取り下げており、これ以降「美味しんぼ」の世界は登場人物全員がMacユーザーという状況になった。
  • さら付け加えるとこの時山岡はMS-DOSの事をSM-DOS等と言ってくれたが、この話のオチで山岡が大絶賛するのはなんとPower Macintosh 9500/200。あのねぇ、あれこそマゾヒスト用Macって言われてたんですよ雁屋さん(拡張ボードを搭載するのが前提のマシンだが、Quadra800以来のこのシリーズのケースはロジックボード(マザーボード)を本体から完全に取り外さないと拡張スロットに拡張ボードが挿せず、これが原因でロジックボードを損傷させ有償修理扱いで交換となった個体も多い。ちなみに「前の担当者が置いてったWindows機」の拡張スロットはカバーを開ける必要すらない)。当時の 本当の Macerは「7500に604を積め!」(7500/100は8500や9500とほとんど同じロジックボードだったにもかかわらず、差別化のためにPowerPC601 100MHzを搭載していた。後にAppleが破綻寸前になって当時のCEOマイケル・スピンドラーが叩き出された後7600として登場、間もなくタワー機もケース設計が変更され8600・9600となった)と言って怒ってたんだから……この話、7600ユーザーが見たら憤慨モノです。わからんのに書くな。

なお、初期と比べて設定が矛盾し、特に説明や補足もなく放置されている箇所が多いが、この辺はこち亀のような超長期連載ではよくあることなのでご愛嬌である。
ただ、それとは別に登場人物の主張が突然変わることがある。こちらは作者の意見の宗旨替えによるものと思われる。

基本的に一つ一つのストーリーは1話完結型となることが多いが、前後編、前中後編の3話構成となっているものもある。「究極のメニューvs至高のメニュー」となる話や、作者が時事問題を(作者の見解で)取り上げるような場合は4話以上を跨ぐ場合も稀に見られる。
後期には「日本全県味めぐり編」がスタートしたが、これによって大幅に話数が増加、一巻丸々そのその県の郷土料理を食べ歩いて最後にチラッと対決なんて巻が急増した(参考までに、味めぐり以前で1巻が丸々同一体系のストーリーで占められるのは24巻「カレー対決」、38巻「ラーメン戦争」の2つと、複数のストーリーに分かれるが全話が山岡・栗田両名結婚式に絡む47巻、全話が金上社長絡みの50巻だけである)。

問題になりそうな表現でも大体そのまま殆どの話が単行本に収録されているが、離乳食蜂蜜を使用した回(読者やその周囲が実際に生命の危機に陥る可能性のある描写をしてしまった)などは掲載が中止・単行本未収録となっている。
なお、52~53巻では単行本の収録話数が入れ違いになっているが、このために52巻時点では読者が知らされていない近城まり子の妊娠についての話が唐突に出てくる(発覚する話は53巻に掲載)。このため読者が公式自らのネタバレを食らうような仕様になっているのは秘密。

登場人物


実在の人物

実在する人物をモデルにした架空の人物(例:政治家の角丸副総理は金丸信元副総理がモデル、メディア王トレバー・コドラムはルパート・マードックがモデルの上名前もそのアナグラム)も存在する一方、許可を得て本当に実在する人物がそのまま登場することがある。

  • 大不二清兵衛(CV:岸野一彦) 「鯛ふじ」先代店主(故人)。実在人物として最多の登場回数。
  • 北大路魯山人 作中でも現実でも故人。唐山陶人の師匠(海原雄山の大師匠)の設定
  • 白鳥製粉社長 実在する製粉会社社長。タスマニアからのそば粉輸入で知られ、ラーメン対決で再登場。
  • 道場六三郎 和食の鉄人。山岡・栗田が結婚直前に京都に飛ばされそうになった際、すっぽん料理を披露して窮地を救った。
  • 岸朝子 食生活ジャーナリスト(故人)。山岡の知り合いという設定。上記の道場を紹介したり、ラーメン対決の面々が担担麺を巡る話で再登場し陳健一を紹介。
  • 伊澤平一 仙台の勝山酒造社長(先々代)。仙台伊澤家11代目当主。無添加のソーセージを提供。後に日本全県味めぐり宮城編で再登場(同編には仙台伊達家18代(34代)当主・伊達泰宗も登場)。余談だがサンドウィッチマン・伊達みきおの父親の再従兄弟である。

また、「みやこ豆腐」など実在する店舗も多数登場する。

TVアニメ

1988年10月から1992年3月まで日本テレビ系で放送された。
2017年よりDVD&ブルーレイ完全復刊を果たす。

主題歌

オープニングテーマ

「YOU」
結城めぐみの楽曲。第23話まで本編への導入部にも用いられている。

「Dang Dang 気になる」
作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 林哲司 / 編曲 - 船山基紀 / 歌 - 中村由真

エンディングテーマ

「TWO OF US」
作詞 - 平出よしかつ / 作曲 - 和泉常寛 / 編曲 - 大谷和夫 / 歌 - 結城めぐみ

「LINE」
作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 林哲司 / 編曲 - 船山基紀 / 歌 - 中村由真

「気づかせたい」
歌 - MiKa

関連タグ

料理 グルメ 漫画
LINE YOU

関連記事

親記事

雁屋哲 かりやてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「美味しんぼ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2182121

コメント