2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

解説

1983年から小学館ビッグコミックスピリッツ」にて連載が開始された漫画。
グルメ漫画および日本のグルメブームの中心となったと一般に言われているが、その一方でネタ漫画としても評価されている。

ストーリー

東西新聞文化部に勤めるグータラ社員山岡士郎と新人の栗田ゆう子がひょんなことから社の記念事業『究極のメニュー』作りを進めることになる。最初は士郎のだらしなさに辟易していたゆう子だったが、彼の持つ知識や生い立ち、様々な出来事を通じて良いコンビとなっていく。

当初は登場人物の抱える問題を食を通じて解決するストーリーだった。しかし途中で東西新聞のライバル社が『至高のメニュー』を発足させ、絶縁状態の士郎の父海原雄山がそれに関わってくると士郎と雄山の対決や親子の確執が物語の主軸になっていく。

内容

登場する料理の幅は非常に広く、和、洋、中、アジアなど様々な国々の料理が、高級、安価の別なく紹介される。食に関する安全や倫理の問題も多く取り扱い、バブル期以降の日本の食文化に一石を投じたと評価されることもある。

作中でのテーマはグルメブームや食品生産への批判が主だが、食文化に限らず政治的な内容についても書かれる。歴史、産業、政治、環境問題など、非常に広い範囲の事象を取り上げ、『食』を通じてそれらに対する注意の喚起や問題提起を行っている。

常識に挑戦する破天荒なストーリングが魅力で、連載当時の日本に当然のものとして流布していた価値観(例えば肉は柔らかい霜降り肉が高級、など)を批判することが多く、原作者の反権威主義的なスタンスが作品の大事な要素となっている。
(ただし、霜降り牛肉が高級とする風潮は、1980年代にアメリカ産の牛肉が日本国内で安く出回るようになった事に対する日本の畜産家の対抗策の一面の有るので、連載初期の「美味しんぼ」における「霜降り肉批判」は「常識への反発」ではなく、当時の基準では「新しい流行への反発」の可能性も有る)

なお、初期と比べて設定が矛盾し、特に説明や補足もなく放置されている箇所が多いが、この辺はこち亀のような超長期連載ではよくあることなのでご愛嬌である。ただ、それとは別に登場人物の主張が突然変わることがある。こちらは作者の意見の宗旨替えによるものと思われる。

基本的に一つ一つのストーリーは1話完結型となることが多いが、前後編、前中後編の3話構成となっているものもある。「究極のメニューvs至高のメニュー」となる話や、作者が時事問題を(作者の見解で)取り上げるような場合は4話以上を跨ぐ場合も稀に見られる。

後期には「日本全県味めぐり編」がスタートしたが、これによって大幅に話数が増加、一巻丸々そのその県の郷土料理を食べ歩いて最後にチラッと対決なんて巻が急増した(参考までに、味めぐり以前で1巻が丸々同一体系のストーリーで占められるのは24巻「カレー対決」、38巻「ラーメン戦争」の2つと、複数のストーリーに分かれるが全話が山岡・栗田両名結婚式に絡む47巻、全話が金上社長絡みの50巻だけである)。

問題点

反面、全体的に批判が非常にストレートで、主人公を始めとした登場人物の殆どが社会人にあるまじき大人気ない()人物として描写される作風にもなっている。

端的に言えば商業としての飲食店が拘らずにはいられないコスト面の事を基本的に「店側の怠慢」「儲け至上主義」と決めつけて糾弾する事がよくある。味勝負に持ち込んだ際はコスト度外視の材料を使って作った一回限りの料理の味で勝ち誇る展開が多い。
作品内では「本物の材料を使えば飛躍的に美味くなる」という表現が度々使用されるように、味の素などを忌み嫌う反テクノロジー、天然素材至上主義で、安価な素材でも美味しく仕上げようとする料理人の努力や工夫を軽視するような描写をしている、と取られても仕方ない例も散見される。
さらに、店側に立つか客側に立つかで価値観が180度変わるような展開が多いが、そういう二重基準な態度を取る主人公側に対して糾弾される事は無く、その一方で他人がやると激しく糾弾する事も少なくないなど、独善的で攻撃的な描写も少なくない。

そうして作者(というか原作者)の代弁者となってしまうことが多々あり、現実なら確実に愛想を尽かされたり、社会的信用を失ったり、訴えられてもおかしくない行動・言動が多数見られる事から、物議を醸すことも多い。

また、作中で実在する企業や商品の名を槍玉に挙げており、この手法が反感を買うことも少なくない。明らかな誤りである描写により、何度か編集部や原作者名で謝罪文が発表されたこともある。

特に政治や歴史の話題では、原作者の個人的な政治思想(よく左翼的と言われるが、下記の捕鯨問題のように右翼的とも思える主張も多く、上記のように反権威主義的と言ったほうがより適切と思われる)がでてくるため、この作品、ひいては原作者への批判の大きな原因となっている。

日本国内における反捕鯨思想キリスト教由来説は「美味しんぼ」の影響が大きいと言われる。この捕鯨に関するエピソードでは欧米の反捕鯨運動がキリスト教の影響が大きいように描かれているが、実際には欧米(特にアメリカの場合)のキリスト教原理主義者は共和党などの保守政党を支持し、反自然保護運動や反動物愛護運動の傾向が大きい。また反捕鯨運動家が白人ばかりのように描かれている。
また、反捕鯨運動を扱った日本のフィクションとしては「美味しんぼ」の捕鯨に関するエピソードとほぼ同時期の「さよならジュピター」が有るが、こちらでは「反捕鯨運動≒ヒッピーカルチャーの一種」と云う現実の欧米の反捕鯨運動に近い描かれ方がされている。
なお、作者の雁屋哲と太田竜と云う新左翼で菜食主義者の自然保護活動家との間にトラブルが起きた事が有り、この事が「美味しんぼ」におけるベジタリアンや自然保護運動の扱いに影響を与えている可能性がある。

政治関係以外でも作者の独善的意見が目立ち、例えばMac派の士郎がWindowsユーザーを激しく罵倒するシーンがあり、この回は全体的にMacを賞賛し、Windowsをけなすという内容になっている。そのせいでMicrosoftは「スピリッツ」誌上に掲載されていた同社の広告を取り下げており、これ以降「美味しんぼ」の世界は登場人物ほぼ全員がMacユーザーという状況になった。

また、海原雄山のモデル(作中での設定は海原雄山の師である唐山陶人の師)とされる北大路魯山人の著作からの引用も多いが、現在では文庫化されていたり青空文庫に収録されている魯山人の著作でも、連載初期の時点では入手困難な場合が有り、その結果、不正確または誤解を招きかねない引用となっているケースも少なくない。
例えば、作中に出て来る「魯山人風すき焼き」の元となった「魯山人が好んだ『すき焼き』」は、あくまでも魯山人が書き残した複数の「すき焼き」の作り方の内の1つでしか無い。
(魯山人が書き残したレシピは同じ料理であっても時期によって微妙に変化している場合が有る。稀代の食通・料理人であろうと、年齢や経験を積んだ事による嗜好の変化は起こり得る以上、当然の事である)

他にも細かい用語の間違いなども有る。
例えば、他店の料理を参考にする事や、名品とされる陶磁器を模倣した陶磁器を作る事を「本歌取り」と呼ぶシーンが複数有るが、和歌における「本歌取り」は「よほどの名人は別として、春の歌を引用して他の季節を歌ったり、恋の歌を引用して自然の美しさを歌う、などのように引用元の歌とは主題を変える方が気が利いたものになる」のが定石とされている。

これら問題になりそうな表現でも大体そのまま殆どの話が単行本に収録されているが、離乳食蜂蜜を使用した回(読者やその周囲が実際に生命の危機に陥る可能性のある描写をしてしまった)などは掲載が中止・単行本未収録となっている。
なお、52~53巻では単行本の収録話数が入れ違いになっているが、このために52巻時点では読者が知らされていない近城まり子の妊娠についての話が唐突に出てくる(発覚する話は53巻に掲載)。このため読者が公式自らのネタバレを食らうような仕様になっているのは秘密。

2014年4月、東日本大震災後の東北のエピソードで「福島第一原発の事故による被爆」を取り上げた話を書いたが、ツッコミどころが満載というか、全く根拠のない作者の思い込みを真実であるかのように描いており、現地住民や関係者の怒りを買った(詳しくは「鼻血んぼ」で検索。単行本では問題になった台詞が修正されている)。この時の猛抗議が致命傷となったのか、現在も休載を続けている。

※:この「大人げない行動」はあくまで登場人物たち(を通した作者の意見)を通すために高圧的に振る舞うと言った意味で、連載開始当初は山岡はアウトロー気質・一匹狼感を漂わせており、どこか緊張感のある作風であった。だが、連載が進むにつれて山岡が急速にギャグキャラ化していき、「いい大人が何やってんだか……」という意味でも、ビッグコミック系の別の長期連載作品ばりのコメディシーンの割合が増えていった。

実際に社会に与えた影響

  • 有機農法の食材
    • 有機農法食材は本作連載以前から存在したものの、当時バブルへと上り詰めていく最中で、大量生産から高付加価値へのシフトがあり、そうした有機農法食材に人々が目を向ける転機のひとつとなった。
    • しかし、当時はあまり知られていなかったが、植物も高等な種子植物となると、動物でいう免疫系に当たるものが存在し、病害虫に曝されるとその機能が発動する。その際、発ガン性のあるリン酸塩類を作り出し蓄積してしまう。この為、農薬などで病害虫から護られたものより、結果として発ガン性リスクが上がっている場合もあることが解った。
    • この為、本作で取り上げられる「基本的に病害虫対策をしない農法」から、『ザ!鉄腕!DASH!!』のDASH村で取り入れられた「化学合成物を使用しない薬剤を使う農法」が注目されていくことになる。
    • またオーガニック志向は日本人に農薬アレルギーを広めてしまい、良心的な農家をも苦しめることになる。
  • 捕鯨
    • 元々肉はクセが強く、あまり万人受けしたとは言えなかったため、一般市場に流通することがなくなった昭和50年代以降の世代は、捕鯨が禁止されていることを知ってもあまり関心がなかった。しかし、本作で何度か捕鯨をテーマに取り上げた結果、捕鯨制限がその種の保護より、国際政治上の駆け引きの材料にされていることが周知され、反捕鯨は日本社会からいい印象を持たれなくなった。
    • 本作だけではなく、2000年代以降はエコテロリストシーシェパードが登場し、日本国内の反・反捕鯨の意見の圧力が強まった。2018年、日本は反捕鯨ありきとなっていた国際捕鯨委員会(IWC)を脱退することになる。
  • 豆腐
    • おそらく本作の影響が最も強く出たのがこれ。1960年代後半から1980年代前半にかけて、スーパーマーケットで安価に売られていた豆腐は、凝固剤としてグルコノデルタラクトン硫酸カルシウムが使われており、原料大豆あたりの生産量が多い(逆に言うとその分スッカスカ)ものが多かった。だが、1980年代後半から1990年代前半にかけては、まだ自家製豆腐の移動販売が地方に多く残っていたため、スーパーの豆腐はたちまち売れなくなってしまった。
    • 結果、スーパーの側から“売れない商品”であるこれらバッタモン豆腐は発注されなくなり、自前の店頭販路をもたない製造事業者は転換を迫られた。この結果、現在はスーパーやコンビニエンスストアでも、にがり(厳密に言うと、その主成分である塩化マグネシウム)を凝固剤としている豆腐がほとんどを占めるようになった。
      • 同時に批判された消泡剤グリセリン脂肪酸エステルは、自動製造工程での「巣入り」(タンパク質凝固による食品で、中に気泡などが入り込んでしまう状態。食感を著しく悪化させる)を防止するため、現在でも使用しているメーカーが多い。
  • 化学調味料
    • 本作で化学調味料に対するバッシングが行われた結果、一定の世代では味の素を忌避したり、インチキ料理呼ばわりする傾向がある。同じグルタミン酸ナトリウムでも化学的にできているとNGとのこと。


登場人物


実在の人物

実在する人物をモデルにした架空の人物(例:政治家の角丸副総理は金丸信元副総理がモデル、メディア王トレバー・コドラムはルパート・マードックがモデルの上名前もそのアナグラム)も存在する一方、許可を得て本当に実在する人物がそのまま登場することがある。

  • 大不二清兵衛(CV:岸野一彦) 「鯛ふじ」先代店主(故人)。実在人物として最多の登場回数。
  • 北大路魯山人 作中でも現実でも故人。唐山陶人の師匠(海原雄山の大師匠)の設定
  • 白鳥製粉社長 実在する製粉会社社長。タスマニアからのそば粉輸入で知られ、ラーメン対決で再登場。
  • 道場六三郎 和食の鉄人。山岡・栗田が結婚直前に京都に飛ばされそうになった際、すっぽん料理を披露して窮地を救った。
  • 岸朝子 食生活ジャーナリスト(故人)。山岡の知り合いという設定。上記の道場を紹介したり、ラーメン対決の面々が担担麺を巡る話で再登場し陳健一を紹介。
  • 伊澤平一 仙台の勝山酒造社長(先々代)。仙台伊澤家11代目当主。無添加のソーセージを提供。後に日本全県味めぐり宮城編で再登場(同編には仙台伊達家18代(34代)当主・伊達泰宗も登場)。余談だがサンドウィッチマン・伊達みきおの父親の再従兄弟である。

また、「みやこ豆腐」など実在する店舗も多数登場する。

TVアニメ

1988年10月から1992年3月まで日本テレビ系列局ほかで放送された。アニメーション制作はシンエイ動画
2017年よりDVD&ブルーレイ完全復刊を果たす。
シンエイ動画作品であるからか近年はテレ朝チャンネルにて再放送されやすい傾向にある。

原作における山岡の過激な言動は相手を糾弾する形ではなく諭すようなマイルドな表現にされており、それに伴い相手側も自分の非を素直に認め態度を改める結末を迎える、山岡を振り回す周辺人物(特に大原社主やお局2人など)も原作と比較すると山岡への態度が懇ろである、過激だったり理不尽な言動の表現や展開を変更するなど、雄山との対立以外は全体的に抑えめの表現に改変されている。

元々は月曜19時30分-20時の放送であったが、1989年10月以降は火曜19時30分-20時に変更されている。また、1992年と1993年の12月には2時間スペシャル版が「金曜ロードショー」の枠を借りて放送されている。
なお、放送曜日が変更されたのは、系列局に枠を譲るハメになったためだが、その枠を引き継いだのが、何と原作が本作が連載されている雑誌に掲載されていたスポーツアニメだった。

Youtubeチャンネル設立

YouTube・美味しんぼ 公式チャンネル【デジタルリマスター版】
2020年10月にHDリマスターとしてほぼ全話(期間限定で公開していない回もあるが)Youtubeで公開された。コロナウイルスによるご時世で外食があまりできない人に向けてへの配慮だと思われる。
よって美味しんぼを知らない人からは好評で再評価されている。

主題歌

オープニングテーマ

「YOU」
結城めぐみの楽曲。第23話まで本編への導入部にも用いられている。

「Dang Dang 気になる」
作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 林哲司 / 編曲 - 船山基紀 / 歌 - 中村由真

エンディングテーマ

「TWO OF US」
作詞 - 平出よしかつ / 作曲 - 和泉常寛 / 編曲 - 大谷和夫 / 歌 - 結城めぐみ

「LINE」
作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 林哲司 / 編曲 - 船山基紀 / 歌 - 中村由真

「気づかせたい」
歌 - MiKa

関連タグ

料理 グルメ 漫画
LINE YOU

関連記事

親記事

雁屋哲 かりやてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「美味しんぼ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「美味しんぼ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3890198

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました