ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「こういう瞬間がたまらないのだ!痛めつけた相手が苦しめば苦しむほど、楽しみは大きい!」

「私は相手の出方で仏にも鬼にもなる男だ。おまえの弱みはすでにいろいろ調べてある。おまえがこうして私に逆らったからには、その弱みをついて地獄に落としてやる」

「ほう、韓国人か? くわばら、くわばら。 また“謝罪しろ”だなどと言い出されたらたまらんからな。まったく、身のほど知らずの連中だっ!」

概要

主人公の山岡士郎をはじめ、何かと人間性に問題点が多い登場人物が大半を占める事で有名な今作でも、屈指の外道なヒール役としてその名を知られている。

初登場して以降、事あるごとに士郎や彼の属する東西新聞社を潰さんと暗躍や裏工作、直接対決などを仕掛けてくる。
その存在は、士郎がそれまで不倶戴天の敵としか見ていなかった父 海原雄山の手を(心ならずも)借りるという、それまで長きに渡って敵対関係であった親子を『共同戦線』という新しい展開へと歩ませる物語の大きなターニングポイントとなった。

なお、アニメ版は27巻までの内容しかやっていないため、未登場である(金上が登場したのは50~63巻である)。

人物像

あくどいやり方で視聴率を稼ぐ事から、作中の報道業界の中でもかなり悪名高い報道機関として有名な『極亜(きょくあ)テレビ』の若社長。

親の力でのし上がったとも言われるが、親以上のやり手とされている。
その社会的地位に加え、雄山からもある程度は認められる程の記憶力・味覚・料理の腕前を持った士郎同様の才能の持ち主だが、問題はその性格である。

簡潔に上げると…

  • 常に底しれぬ野心や強欲さを抱え、あらゆる事において何でも自分の思い通りにならないと気が済まない。
  • TPOが著しく欠けており、どんな時や場所であっても、自分勝手に振る舞い、それによってその場の空気が完全に白けてしまっても意にも止めない
    • 挙げ句に、公衆の面前で人種差別的な発言を平然と宣う(上述3段目のセリフは彼の韓国人に対する偏見を象徴した代表的なセリフである)。
  • 自分が勝つためには不正行為や犯罪さえも辞さず、あまつさえ公正さを求められるマスメディアを商売にしているにも関わらず、率先してスキャンダル捏造偏向報道を働こうとする始末。
  • 自分の失敗や不徳を決して認めたり、反省する事なく、それを他人のせいにする。
    • 敵と見なした相手に対して、自分に不利益が生じようが徹底的に付け狙い続ける程に執念深い。
  • 「自分が痛めつけた相手が苦しみ、悶える姿を見るのが楽しみ」と公言する程のサディスト(上述1段目のセリフはその趣味趣向を象徴したセリフである)。

という様に、経営者としても人間としてもまともに褒められそうな点がひとつもなく、士郎から「毒蛇のような男」、雄山から「救いようがないまでに下等」と評される人間のクズである。
その為、士郎、雄山以外の他の登場人物達からも「邪悪そのもの」「ド腐れ」「けだもの野郎」「心が腐ってる」「クズ」等とそれぞれ最低な評価を下されている。

当然ながら極亜テレビの社内においても、完全に独断専行恐怖政治を敷いており、人望は皆無に近い。少なくとも、一個人として金上に敬意や愛情と言った肯定的感情を最後まで持ち続けた人物は作中見当たらない。

それまで『美味しんぼ』において、雄山を筆頭に士郎と対立してきた料理人や美食家、料理評論者達は多かったものの、いずれも性格に難はあれども食に関しては正々堂々としており、最低でも不正に手を出してまで勝利に固執するような偏狭な人間は皆無だった中、これほどまでに勝利主義且つ恨みがましく、公明正大とは程遠い敵役は初めての事であり、これまで敵対した相手とは違う厄介さで山岡夫妻や東西新聞社、『究極』、『至高』両メニューの関係者達を大いに手こずらせる事となる。

劇中の活躍

東西新聞社、山岡士郎との因縁の始まり


50巻「黒いマスコミ王」にて初登場。
この1年前に父親から極亜テレビ社長の座を継ぎ、その悪辣な経営手腕で視聴率を荒稼ぎするなどして、既に財界だけでなく、雄山の耳にもその名が届く程に悪名高い存在となっていた。

事業拡大の一環で東西新聞社に目をつけ、主な株主であった大原社主の叔父(高齢でボケの症状が出始めていた)から騙し取る形で大原家の持ち株を強奪した他、その他の株主達を脅迫する形で最終的に東西新聞社の株30%を入手し、筆頭株主の座を無理矢理手に入れると、早速その特権を行使して大原社主ら経営陣を一掃して、社を牛耳ろうとした。

ところが、その第一段階として初めて社を訪れた際に、偶々居合わせた二日酔い状態の士郎と遭遇。半ば自らふっかけた事で起こった事故で士郎から顔に盛大にゲロをぶっかけられた上に、大原社主富井副部長をはじめとした他の社員たちに大爆笑され、憤慨しながら退散する羽目になる。

その日の夜、山岡夫妻ひいきの料亭『岡星』にて、再び山岡と遭遇。馴染みの店という事で気が緩んでいた為に粗悪品のじゅんさいが混じった胡麻豆腐を絶賛する山岡夫妻に、その問題点を指摘し、見抜けなかった夫妻が『究極のメニュー』を担当している事に嘲笑(この一件は後に、金上が『究極のメニュー』を糾弾する為の格好の的として利用される事となってしまう)。

後日、山岡と雄山の関係も把握している事を明かすと同時に、自らも雄山に激しい憎しみを抱いている事を打ち明け、同じ雄山を恨む者同士、彼を陥れる為の共闘を持ちかけようとした。

海原雄山との因縁

金上が雄山を憎むようになったきっかけは、初登場時の数ヶ月前…

雄山も贔屓にしている能楽家の還暦祝いの宴席で初対面したが、対面早々に空気を読まずに能楽家に思い付きの提案をし、やんわりと断られると「そういう心がけでは能楽に未来はない」と貶した。見かねて口を挟んだ雄山を「料亭のおやじ」「裸の王様」呼ばわりして散々侮辱した挙げ句(一応雄山の言動も侮辱的ではあったので売り言葉に買い言葉ともいえるが)、宴席に出された料理をきっかけに、無謀にも彼に料理対決を挑んだ。

そこで見せた料理の手腕は宴席の客だけでなく雄山も「これほど料理人を見事に使える者はめったにいない」とお墨付きを貰う程のものだったが、元々非常に良い素材であったのにその良さを重視する事を怠るという、人をもてなす上で重要な点が欠けていた事で、その料理家としての力量の差を見せつけられ敗北。さらに勝負を通して、雄山から自分の弱点(内面的に自信が無く、権威に非常に弱い事)を見抜かれてしまった。
具体的な弱点はその場で言われなかったが、金上はその一件を『恥をかかされた』と恨むようになった。

東西新聞、士郎、雄山親子との攻防

そうした事情が明らかになる中で、改めて雄山への仕返しの為に士郎に共闘を持ちかける金上。士郎は当初受け入れを考えたが、その動機は雄山への憎しみではなく一応の信頼を利用して金上の懐に入り込む算段であった。更に金上のあまりに醜悪な人間性を見た士郎はその気すらもなくし、堂々と宣戦布告。
ゆう子を介して雄山から上述の『弱点』を聞きつけた士郎に一計図られる形で東西新聞社買収を阻止される事となった。
それが決定打となって金上は雄山に加え、東西新聞社(特に士郎)に対しても激しい敵意を寄せ、雄山共々その社会的生命を潰そうと画策。

様々な手を駆使して、狡猾な攻撃を行い、山岡夫妻、そして東西新聞社や『究極』『至高』双方のメニューに関わる人間を次々に陥れようとするも、前述したとおり、(主にゆう子の仲立ちあって)共闘した士郎・雄山の親子二人の力によって、それらの策略は悉く潰されていった。
同時に自らが働いた不正行為(東西新聞社での『究極のメニュー』を特集した番組で不利になる編集や、山岡夫妻と対決する番組で使われる料理のすり替えや材料の虚言、解答の不正入手)によって自分や極亜テレビの首を締めていく事となる。
またちょい役としても何度か登場し、差別的言動や困窮に陥った者を金で抱き込む行為でその醜悪な人間性を見せていた。

それでも尚も、金上は懲りる事なく、士郎と雄山に対する私怨もとい逆恨みをますます増長させていく…

末路

そして、63巻「東西新聞の危機」にて、アメリカから来日した世界有数のメディア王 トレパー・コドラムが、来日直後の記者会見とその後の歓迎会の席で士郎と些細な諍いを起こしたのをきっかけに東西新聞社に目をつけたのを好機と踏み、コドラムに接近、東西新聞社買収に助力するのと引き換えに、雄山を陥れる策謀に協力させることを取り付ける。

自らが保有していた東西新聞社の持ち株をすべてコドラムに譲るという商売度外視の徹底攻撃を仕掛けた結果、東西新聞社はコドラムの会社に買収されそうになる未曾有の大ピンチに陥り、そのきっかけを引き起こしたとして、士郎も解雇処分(ゆう子も妻として連帯責任を負う形で自主退職)に追いやられてしまった。

だが、これを利用して雄山も陥れようと、極亜テレビの番組でコドラムに『雄山が中国・台湾陶器の模造品を自分の作品として売った』と批判させ、アメリカで裁判を起こさせるように誘導しようとした事が裏目となり、遂に愛想を尽かし、金上と戦うと覚悟を決めた極亜テレビの社員たちが離反を開始。

問題の番組で使用された陶器作品と箱、番組を記録したビデオテープを雄山に引き渡され、さらには雄山が自分の造った工芸作品を全て台帳に記録していた事が決め手となって、全ては箱の中身をすり替えただけの捏造であった事が明らかとなり、士郎から
「コドラムが訴えなければならないのは海原雄山ではなく、お前だ!」
と糾弾される。

これまでの不正行為に加え、『社長自らが捏造を謀る』という前代未聞の問題事案を起こした以上、極亜テレビはこのままでは放送免許を政府に取り消されかねないという存続に関わる事態に陥り、さらにそれを機に反撃に乗り出した東西新聞社をはじめとする日本中の報道機関・出版社が包囲網を結成。さらには極亜テレビ社員までも金上追放に立ち上がる。

「俺にはコドラム氏という強い味方がいる」とふてぶてしくも言うが、雄山に
「なるほど。おまえはもう終わりだ。他人の力を頼るようになってはな」
とかつてその因縁の発端となった騒動の時と同じ様な口ぶりで言い放たれる。


だが、これだけの窮地に立たされて尚も金上は虚勢を張り続け、コドラムは気にせずに協力してくれると高を括っていたが、当のコドラムは

  • 『金上に騙された被害者』どころか『金上に利用された共犯』と各メディアから袋叩きに合う。
  • 共犯の罪に問われるのも時間の問題。
  • 雄山を犯罪者呼ばわりして『国際世論を動員して社会的に抹殺してやる』と発言してしまい、上述の裁判も加えて、訴える筈の雄山に名誉毀損と誣告罪で自分が訴えられる。
と金上以上に窮地に追い込まれていた。

半ば騙された形とはいえ、犯罪者の汚名を着せられる事となってしまったコドラムから問い詰められるが、当の金上は冷や汗を浮かべながらも「こんなの、デタラメですよ」と強がりながら弁解し、最早買収どころではないのは明らかな状況にも関わらず、「そんな事はどうでもいいじゃないですか」と有耶無耶にして、東西新聞社への乗り込みを強行しようとする。

どこまでも現実の見えていない言動に、コドラムの怒りは頂点に達し、自分と金上を非難する新聞を金上に投げつけ、
「東西新聞社に乗り込んでみろ、海原雄山の件で攻め立てられる。乗っ取るどころか糾弾されて酷い目に遭うだろう!」と金上を罵倒。

怒り心頭のコドラムに狼狽する金上にコドラムは畳み掛けるように
「きさまのツラは二度と見たくない!きさまとは縁切りだ!」と遂に絶縁を言い渡される。

コドラムの怒りを考えてもなかった金上は必死に縋るも、コドラムの部下達に退室させられそのまま二度と作中に姿を見せなかった。



こうして金上は、
  • 恐怖で押さえつけていた筈の社員達に反旗を翻され
  • 甘く見ていた同業者を全て敵に回し
  • 国家にも目を付けられ
  • 自分よりも遥かに力のあるメディア王にも見放されて
完全に孤立無援となってしまい、極亜テレビどころか表舞台からも永久追放されてしまうのだった。
皮肉にもそれは、前述の雄山から指摘された事が、そのまま現実になったような顛末だった。

ちなみに、金上追放後の極亜テレビがどうなったかは劇中では明かされていないが、コドラムは士郎の仲介(告訴しない代わりに金上と手を切らせようとしたが、直前に絶縁したためにそのまま雄山と話し合わせた)で雄山に陳謝して和解。
金上から譲渡されていた東西新聞社の株をすべて東西新聞社と友好的な関係にある二都銀行(二木まり子の実家)に譲渡する事で買収を取り下げた。
そして、士郎の解雇処分も無しとなった(コドラムは和解の宴会中に大原社主に士郎の解雇を撤回してもらう様に頼もうとしたが、大原社主はいつもの様に「クビにしたつもりはない」とすっとぼけて誤魔化した)為に山岡夫妻も無事に東西新聞社に復職でき、金上以外の全ては丸く収まる事になった。

余談

原作者の雁屋哲曰く元々、金上は『士郎と雄山が協力して打倒する事で和解へ至らせる為の強敵』という立ち位置で登場させたキャラであり、山岡夫妻結婚後の山岡夫妻と作者・作画者対談で大々的に登場予告されていた。

しかし、途中で方針が変更になったのか、劇中では士郎、雄山に共闘戦線こそ張らせたものの、料理人・美食家としての手腕よりも、策略家としての狡猾さや金の力で親子を追い込もうとするタイプの敵となっていった。
だが、料理方面では初登場時に山岡・ゆう子の失態を一度やり込めた以外では山岡や雄山を上回るシーンは全くなかった。
またまともな財界人からは登場時から警戒されており、さらに東西新聞社乗っ取りを図った醜悪なやり口が財界に知れ渡ったことで更に敵は増える一方。一時的に他人を抱き込むことはできても最後は軒並みその醜悪な人間性に愛想をつかされる始末で、増え続ける一方の敵をどうにかするだけの力は全くなかった。
難敵』でこそあるが決して『強敵』という程の力量があったとはいえず、結局は2人の引き立て役程度にしかならなかったのが実情である。
更には、編集部の意向で親子の和解も歩み寄りと思われるシーンこそ見られたものの先送りされる事となり、その結果、最後は士郎達に倒されるというよりは、半ば自滅同然に物語から退場していった、ある意味不運なキャラでもある。

なお、彼に極亜テレビを禅定した父親 金上金作は名前のみの登場で、本編中には一切その姿を見せる事はなかったが、作中人物の会話によれば「でっち上げ、卑しいネタ、暴露記事ばかりの汚らわしい内容の新聞や雑誌で得た資金を元手に極亜テレビを乗っ取る形で買収した」「政財界でもまともな人間であれば金上親子とは付き合いたがらない」との事で、息子の鋭に劣らぬ俗悪な人物である事が伺い知れる。
その為、読者の間では士郎に対する雄山のポジションのラスボスとして期待されていたのだが……

更に言うと、最終局面でのコドラムと共謀した乗っ取り工作は実際には外資規制により不可能である。

関連項目

美味しんぼ マスゴミ 人間のクズ 吐き気を催す邪悪 卑劣漢 小悪党 偏向報道 かませ

フジテレビ…金上が社長を務めた極亜テレビのモデル。ただし原作者の偏見も多少なりともあると言われる。また、金上が初登場した当時(1990年代前半)、お家騒動が勃発していた。

他作品での同類とされるキャラクター

梓川雪乃叡山枝津也……同じく料理系漫画で、確かな実力があるにも関わらず、自分の勝利や利益の為ならば、不正行為さえも辞さない料理人達。

アルバート・マーベリックデラックスファイター天津垓…いずれも確固たる社会的地位を持ちながらも、人間性に重大な問題点を抱えた社長達。マーベリックに至っては金上と同じマスメディアの経営者である。

蛭川光彦リベラ黒井崇男デデデ陛下エスカルゴン…同じく偏向報道やスキャンダルをでっち上げるなどして、主人公の社会的信用を失わせようとした悪役達。

ヘルマン・コロレードトレヴァー・マロニー…登場時点で一定の社会的地位があったにも関わらず、逆恨みをきっかけに野心を暴走させ、主人公達を嵌める為の暗躍を繰り返したが、最後はそれが結果的に自分の首を絞める形となって失脚するという、金上と似たような経緯で破滅に至った悪役(憎まれ役)達。

関連記事

親記事

美味しんぼ おいしんぼ

兄弟記事

コメント