ピクシブ百科事典

唐山陶人

とうやまとうじん

人間国宝、しかし女に目のない好人物 苗字はからやまとも読まれる

美味しんぼ』に登場するキャラクターで、人間国宝である陶芸家海原雄山の師匠で、その息子である山岡士郎を孫のように可愛がっている。
上記2人を天才と認め、彼らの傲岸さにも落ち着いて接する人格者。芸術家特有の我が儘さはあるものの、それ以上に温厚な面が目立つ好人物。お茶目でもある。
士郎は本当の祖父のように彼に甘え、陶人もそれに応じている。雄山は生意気な口を利くことが多いが、本気で陶人を尊敬している。そのため、彼は2人が仲たがいしていることに心を痛め、和解させようとたびたび手を打ってきた。
その一方で、士郎が「女に目のない助平じじい」というように、自他ともに認める女好き。本人も、「前の嫁さんに先立たれてからずっとプレイボーイの生活を送ってきた」と本気で言っている。今の嫁さんである領子さんと物凄く年が離れているが、お互い本気で愛し合い、公然と他人の前でもイチャイチャし、士郎が「暑苦しい!!」と突っ込むのがお約束
栗田ゆう子とは初対面からお互い好印象を抱き、2人で士郎と雄山を和解させるために協力していた。

コメント