ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:渡部猛
演:伊東四朗(テレビドラマ初代)、北村総一朗(同2代目)、財津一郎(映画版)

概要

美味しんぼに登場する名脇役で京都の豪商。
「なんちゅうもんを食わせてくれたんや」のAAで有名な人。

山岡士郎ゆう子夫妻にとっては良き理解者・支援者の一人で、温厚そうな見た目と裏腹に、一代で現在の財を成した商人である事から、懐の深い性格で、自分が心から信頼を置いた相手には、損得なしに投資や協力を惜しまない人情家である。
悪徳商売を働いているということは全くないが、裏社会との人脈もあるようで、東西新聞社が金上鋭によってピンチに陥った時はそこから情報を集めて事態解明に協力した。
高知県出身で、特に四万十川が大好物。
「なんちゅうもんを食わせてくれたんや」のAAも、四万十川の鮎を食べた京極を描いたものである。

食に関する感性は本物であり、ご飯を食べて米の出処迄当てるなど優れた味覚を持っている。
また、ご飯やみそ汁、ポトフといった一見粗末な食事が本物の美味であることを見抜き絶賛するなど、値段や見た目に踊らされない味覚を持っている。その食に関する感性は雄山からも認められ、美食倶楽部の会員にして、『究極のメニュー』『至高のメニュー』の対決の審査員も務めている。

反面、「山岡はんの鮎はカスや」(流石に過激且つ理不尽すぎたのか、アニメでは「比べ物にならへん」に改変されている他、その後に山岡の事もフォローしていた)など初期の頃は何気にひどい発言が目立っていた。
また、初登場の際には接待先の高級料亭で養殖鮎や瓶詰の蓴菜を出されただけで、腹を立てて絵画の賃借契約を反故にしようとするなど、雄山程ではないが結構面倒くさい人として描かれていた…とはいえ彼だけに限らず、美味しんぼに登場する芸術家や文芸家、大富豪などは大抵食べ物に関して変にこだわりが強く、それが原因で些細な不手際から子供じみた癇癪を起こしたり、山岡に煽られて本気で怒り顕にする困った性分の人間が多い

初期に見られたそういった側面もやがて鳴りを潜め、すっかり温厚な人情家としての人物像が定着し、谷村部長、中川料理長に並ぶ、『美味しんぼ』の登場人物では数少ない良識人の1人に数えられている。山岡と雄山の和解を望んでいた一人でもあり、事故に遭った雄山の代わりに美食俱楽部の調理場の指揮を執った山岡の姿を喜んでいた。

家族

娘が二人いるが、作中での登場は僅か二回。また二度目の登場回はコミックス未収録。
二人は仲が良いのだが、つまらないことですぐに喧嘩をしては元の鞘に収まるのを繰り返すため、京極に先を心配されている。

余談

実は作中で初めて、山岡の正体や、彼と雄山の関係に気付き、音信不通状態だった2人を引き合わせるきっかけになった人物だったりする(岡星良三に山岡が雄山の息子である事を教えたのもこの人)。

「海原はんとこの家出しはった息子さんに、よう似とるけどなぁ……」

関連タグ

美味しんぼ 山岡士郎 海原雄山
大富豪 フィクサー

関連記事

親記事

美味しんぼ おいしんぼ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「京極万太郎」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「京極万太郎」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4930

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました