ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ編集

初出第7世代
タイプくさ
命中100
PP10
分類変化
直接攻撃×
範囲単体
効果相手の攻撃力を1段階下げる。下げた際の相手の攻撃力分のHPを回復する。
英語名Strength Sap

概要編集

第7世代のポケモンSMで初登場した技。

相手の力を吸収し、自らの糧にする技。

初登場当初はネマシュマシェードの専用技だったが、ポケモンUSUMで旧作のくさポケモンの何匹かが遺伝で習得可能となった。


技の仕様上、相手の攻撃力が高ければ高い程その効果を発揮する。場合によっては他の体力吸収技より回復もしくは体力全快なんてことも有り得る。

その分下がった後の攻撃力にも回復量が依存してしまう為、不用意な連発は注意。


ちなみに相手の攻撃力ランクが最低の場合は失敗してしまう。

あくまでも攻撃力のランクを下げるのが主で、それにより減った実数値の分をいただくのである。

また、攻撃技ではなく変化技の扱いなので、ちょうはつを受けている状態では出すことができない。


第8世代では耐久・耐性に優れたガラルサニーゴが習得し、環境入りを果たしている。

そのためガチ環境では物理技を使わないポケモンは攻撃を最低に抑えることまで常識になっているようだ。

他にもブルンゲルフワライドポットデスとゴーストタイプの習得者が現れた。


草タイプということでそうしょくで無効化できるのだが力を吸いとろうとしたら逆に強化されるってどういうことなの…


特性による挙動の違い編集

特性によって挙動が異なるので、対戦で使う時にはよく確認しておこう。


  • 前述した通り、そうしょくで無効化された場合、回復はできない
  • ヘドロえき相手に使った場合、吸い取るはずだった分のダメージを受ける。つまり物理型のドククラゲにうっかり力を吸い取ってしまえば最悪自滅してしまう
  • クリアボディ系の特性相手にこの技を使った場合、相手の攻撃は下がらないが、回復はできる
  • あまのじゃく相手にこの技を使った場合、相手の攻撃は上がるが、回復はできる
  • ミラーアーマー相手にこの技を使った場合、自分の攻撃が下がる事になるが、回復量は相手の攻撃力に準拠する。
  • 一方、マジックコート状態や特性マジックミラー相手にこの技を使った場合、自分の攻撃が下がり、マジックミラー側が回復してしまうので要注意。

その他の活用法編集

「回復量が相手の攻撃の実数値」という点を逆手に取り、「いのちがけ」共々タマゴで増やすことが出来ない伝説ポケモンなどの個体値厳選に使用される事がある。

この場合、最高値である個体値V(いわゆる「さいこう」判定)を探すというよりも、すごいとっくんではどうにもならない個体値0(「ダメかも」判定)を探す目的で使われる事が多い。


特に弱点である「イカサマ」の対策上、A0に近い値がほぼ必須ともいえるサーフゴーの進化前、コレクレーの厳選を効率的に行う場合の強い味方となる。

『SV』では、他にガチグマ(アカツキ)モモワロウのA0厳選を行う際に使われることがあった(同作に登場する過去作の伝説・幻のポケモンとは異なり、必ず戦闘を行って捕獲しなければならず、即マスターボールを投げて確認という手段が取れないため)。


関連タグ編集

ポケモン わざ ポケモン技一覧

マシェード すいとる

関連記事

親記事

変化技 へんかわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7009

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました